Create issue ticket

考えれる66県の原因 薬物性血小板減少症

  • バルプロ酸

    1. 作用 バルプロ酸は最も良く用いられる抗けいれん剤の一つで、ナトリウム塩として市販されており、さまざまなてんかん発作に有効である。血中からの消失半減期が比較的短く、また併用薬や剤型などの要因によっても血中濃度が変化するため、血中濃度のモニタリング(TDM)が行われる。さらに患者のコンプライアンス(薬剤をきちんと服用しているか)を知る目的でもTDMが行われる。 空腹時に投与した場合、血中濃度はシロップ剤で0.5 1時間、錠剤や顆粒剤では1 2時間でピークに達する。投与量の約40%がグルクロン酸抱合体として排泄され、未変化体として排泄されるのは3%程度に過ぎない。[…][data.medience.co.jp]

  • 血小板減少症

    N Engl J Med. 2007 Mar; 356 (9):891–893. 12) 藤村 欣吾.薬物による健康障害―肺・肝・血液・皮膚―薬剤血小板減少.治療.2007; 89 (12):3241–3248. 13) Curtis BR.[jstage.jst.go.jp] 3.血小板減少をきたし得る各種疾患を否定 薬物または放射線障害、再生不良貧血、骨髄異形成症候群、発作性夜間血色素尿 、全身性エリテマトーデス、白血病、悪性リンパ腫、骨髄癌転移、播種性血管内凝固 症候群、血栓性血小板減少性紫斑病、脾機能亢進症、巨赤芽球性貧血、敗血症、結核 症、サルコイドーシス、血管腫などがある。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    薬物治療 1.蛋白同化ホルモン(ダナゾール) 子宮内膜、乳腺症に用いられている蛋白同化ホルモンは再生不良貧血、特発性 血小板減少性紫斑病に用いられておりますが、骨髄線維症に対する効果については 2005年に輸血依存性またはヘモグロビン10g/dl未満の30例(年齢中央値64歳)での臨 床検討が報告されました( Ref 6 )。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 薬物過敏症

    (溶解)反応、 薬物依存抗グロブリン試験(Coombs試験) 血小板減少:血小板凝集反応、補体結合反応、 血餅退縮阻止試験、血小板第3因子遊離試験 顆粒球減少:白血球凝集(溶解)反応、mixed antiglobulin test Ⅲ型 Arthus型皮膚反応 沈降反応 赤血球・血小板を用いた薬物依存抗補体抗グロブリンテスト(Coombs[ryumachi.umin.jp] の中止および変更 5.再投与 3 治療 1.減感作療法 4 分類 1.I型:アナフィラキシー,じん麻疹など 2.II型:溶血貧血,血小板減少など 3.III型:血清病様反応,腎炎など 4.IV型:接触皮膚炎など 5.時間経過による分類 5 薬物アレルギーに影響する因子 1.薬物および治療に関連する因子 2.患者に関連する因子 6 多薬剤[igaku-shoin.co.jp] 一般的診断法 (Ⅰ〜Ⅳ型共通) 問診、負荷誘発試験 リンパ球刺激試験(lymphocyte stimulation test, LST) Ⅰ型 皮膚反応(プリックテスト、皮内テスト、Prausnitz-Küstner反応) 粘膜反応 好塩基球脱顆粒試験 ヒスタミン遊離反応 radioallergosorbent test (RAST) Ⅱ型 貧血:薬物依存赤血球凝集[ryumachi.umin.jp]

  • 慢性虫垂炎

    2.異常値-----疑われる病気や異常 減りすぎている場合 血小板減少紫斑病 再生不良性貧血 悪性貧血 白血病 肝硬変 抗生物質などの薬物の影響 増えすぎている場合 慢性骨髄性白血病 多血 本態性・続発性血小板血症 3.どうすればよいか-----日常生活上の注意 必要により再検査して確認し、原因の精査を行います。[shrc.or.jp]

  • 小球性貧血

    白血球系疾患 再生不良貧血 本態(原因不明)の骨髄低形成と、薬物、放射線、感染などによる続発の骨髄造血幹細胞障害により発症する貧血(汎血球減少:赤血球、白血球、血小板低下)。初産婦に多く、妊娠により悪化する。 白血病 白血病は造血系細胞が骨髄のなかで、腫瘍化する疾患である。[www2.nms.ac.jp] 2.異常値-----疑われる病気や異常 減りすぎている場合 血小板減少紫斑病 再生不良性貧血 悪性貧血 白血病 肝硬変 抗生物質などの薬物の影響 増えすぎている場合 慢性骨髄性白血病 多血 本態性・続発性血小板血症 3.どうすればよいか-----日常生活上の注意 必要により再検査して確認し、原因の精査を行います。[shrc.or.jp]

  • 悪性貧血

    2.異常値-----疑われる病気や異常 減りすぎている場合 血小板減少紫斑病 再生不良性貧血 悪性貧血 白血病 肝硬変 抗生物質などの薬物の影響 増えすぎている場合 慢性骨髄性白血病 多血 本態性・続発性血小板血症 3.どうすればよいか-----日常生活上の注意 必要により再検査して確認し、原因の精査を行います。[shrc.or.jp]

  • 紫斑病

    3.血小板減少をきたし得る各種疾患を否定 薬物または放射線障害、再生不良貧血、骨髄異形成症候群、発作性夜間血色素尿 、全身性エリテマトーデス、白血病、悪性リンパ腫、骨髄癌転移、播種性血管内凝固 症候群、血栓性血小板減少性紫斑病、脾機能亢進症、巨赤芽球性貧血、敗血症、結核 症、サルコイドーシス、血管腫などがある。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 出血性甲状腺嚢胞

    、眠気、眼球運動異常、聴覚異常、肝細胞腺腫、葉酸欠乏、薬剤過敏症候群、薬物離脱症候群、薬疹、血小板減少症、転倒発作増加、アレルギー反応、チック増悪、ふらつき、めまい、elevated alkaline phosphatase、elevated creatine kinase、elevated γ-GTP、hyponatremia 24[selimic.imic.or.jp] 臍帯炎、薬疹、薬疹疑い、難治性乾性咳嗽、電解質異常、頻脈、顆粒球減少症、顔面発赤、高アミラーゼ血症、高熱、CK上昇、CK値上昇、CPK高値、creatine kinase上昇、SpO2低下 24 carbamazepine 19 下肢律動性異常運動増悪、低Na血症、吸気時喘鳴、嘔吐、巨赤芽球性貧血、急性カルバマゼピン中毒、意識障害、母指化膿屈筋炎[selimic.imic.or.jp]

  • 正球性正色素性貧血

    血小板の評価 特発血小板減少、播種血管内凝固(感染、腫瘍、炎症などによる)、薬物投与 といった原因により血小板減少が認められることがある。 血小板の減少に伴う症状としては、 点状・斑状出血 があげられるが、それらに気付いて来院されるケースよりも 気付かずに来院されるケースの方が多い 。[tabaru.9syu.net] 2.異常値-----疑われる病気や異常 減りすぎている場合 血小板減少紫斑病 再生不良性貧血 悪性貧血 白血病 肝硬変 抗生物質などの薬物の影響 増えすぎている場合 慢性骨髄性白血病 多血 本態性・続発性血小板血症 3.どうすればよいか-----日常生活上の注意 必要により再検査して確認し、原因の精査を行います。[shrc.or.jp]

さらなる症状