Create issue ticket

考えれる3県の原因 薬物性肥満

  • 肥満

    多嚢胞卵巣症候群 (PCOS) の女性は、男性化(多毛、にきび、低声音など)と肥満を示す。 薬物肥満薬物の副作用としての肥満のことであり、副腎皮質ステロイド薬などで見られるものがある。[ja.wikipedia.org] カルシウム代謝に関連するホルモンであるPTHに対する細胞の反応異常を示す偽性副甲状腺機能低下症のIa、Ic型や偽性偽性副甲状腺機能低下症では、オルブライト遺伝性骨異栄養症(肥満、低身長、円形顔貌、中手骨・中足骨の短縮など)を特徴とする肥満を示す。[ja.wikipedia.org]

  • 狭心症

    治療法 狭心症の治療は薬物療法が基本です。 発作時には、ニトログリセリンなどの即効を有する薬を服用し、発作を鎮めます。日常的には、禁煙、肥満解消、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの予防が治療の1番の近道です。 薬物療法 冠動脈や末梢の血管を広げて血圧を下げ、心臓の負担を軽減するニトログリセリンなどが主に処方されます。[cmedicalcenter.net]

  • 慢性疲労症候群

    鑑別が必要な症状を呈すものに睡眠障害、薬物依存症、感染症、甲状腺機能低下症、糖尿病、重度の肥満、多発硬化症などもある。 CFSの診断基準は、血液などの客観的検査を基準としていない。しかし原因についての仮説はある。このため、客観的に鑑別するためのバイオマーカーの必要性が叫ばれており、研究事例がある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状