Create issue ticket

考えれる120県の原因 薬物性肥満

  • 過食

    日経サイエンス 2007年12月号 特集:肥満と食糧危機 神経科学 強迫の過食症と,薬物依存。両者に脳の一部が共通してかかわっていることが明らかになり,肥満の理解と治療に新たな手がかりが得られつつある。依存症研究の第一人者で米国立薬物乱用研究所の所長を務めるボルコフ(Nora D. Volkow)に聞いた。[nikkei-science.com] 肥満者や薬物依存者はドーパミンに対する反応が異常なために,食物や薬物を常に摂取せずにはいられなくなっている可能がある。また,そうした異常反応を補償しようとしているのかもしれない。 依存症と肥満の共通点から,新たな治療の手がかりが得られませんか? ドーパミンに対する脳の反応を高める薬など,薬理的な手だてがいくつか考えられる。[nikkei-science.com]

  • 過敏症

    その他の特異的な薬物過敏症に関する検査(例,アレルゲン特異的血清IgE検査,ヒスタミン放出,好塩基球または肥満細胞の脱顆粒,リンパ球幼若化)は信頼が低いか,実験段階にある。 予後 過敏症は時間とともに減弱する。アレルギー反応の1年後には患者の90%にIgE抗体がみられるが,10年後では約20 30%にすぎない。[msdmanuals.com]

  • 肥満

    多嚢胞卵巣症候群 (PCOS) の女性は、男性化(多毛、にきび、低声音など)と肥満を示す。 薬物肥満薬物の副作用としての肥満のことであり、副腎皮質ステロイド薬などで見られるものがある。[ja.wikipedia.org] カルシウム代謝に関連するホルモンであるPTHに対する細胞の反応異常を示す偽性副甲状腺機能低下症のIa、Ic型や偽性偽性副甲状腺機能低下症では、オルブライト遺伝性骨異栄養症(肥満、低身長、円形顔貌、中手骨・中足骨の短縮など)を特徴とする肥満を示す。[ja.wikipedia.org]

  • 不十分な食事療法

    効果が十分見られない場合には薬物療法を併用します。肥満の原因は個々の症例で異なり、複数の要因が関与しますが、単純肥満では生活環境をはじめ、食習慣や遺伝素因、さらに精神的要因の調査が重要で、その原因をそれぞれ除去、軽減するような根本的治療が必要です。体重減少すれば、多くの症例で糖尿病状態が改善しますので、減量指導は重要な治療法です。[jmks-med.or.jp]

  • 高尿酸血症

    薬物療法の考慮 血清尿酸値が8.0mg/dl以上で、痛風関節炎、高尿酸血症の家族歴、種々の合併症(腎障害、尿路結石、高血圧、高脂血症、虚血心疾患、糖尿病、肥満など)がある例では薬物療法を考慮する。 また、合併症が内例では、血清尿酸値が9mg/dl以上の例では薬物療法を考慮する。 4.[nmt.ne.jp]

  • 食道炎

    また、腹圧上昇も症状増悪の原因となるため、肥満を解消し、腹圧を上げないようにすることも大切です。 次に、 2.薬物による治療 についてです。 逆流食道炎に対する薬物による治療の目的は、胃酸の刺激性を減らし(胃酸分泌抑制剤)、胃からの排出を向上させる(消化管運動機能改善剤)ことにありますが、薬では逆流そのものを抑えることは困難です。[minamiosaka.com] 逆流性食道炎の治療法 1.生活習慣の改善 -暴飲暴食を避ける -脂肪分の多い食事、チョコレートなどの甘いもの、コーヒー・紅茶、 アルコール、タバコをひかえる -寝る前には食事をひかえ、夕食をひかえめにする -肥満を解消し、腹圧を上げない 2.薬物による治療 -胃酸の刺激を減らす薬(胃酸分泌抑制剤) -胃からの排出を向上させる薬(消化管運動機能改善剤[minamiosaka.com]

  • 性腺機能低下症

    特発 混合性 — 加齢 アルコール依存症 全身性疾患(例,尿毒症,肝不全,AIDS,鎌状赤血球症) 薬物(エタノール,コルチコステロイド) *概ね頻度の高い順。[msdmanuals.com] 急性全身性疾患 下垂体機能低下(腫瘍,梗塞,浸潤性疾患,感染症,外傷,放射線照射) 高プロラクチン血症 鉄過剰症(ヘモクロマトーシス) 特定の薬剤(例,エストロゲン,向精神薬,メトクロプラミド,オピオイド,リュープロレリン,ゴセレリン,triptorelin,前立腺癌に対する新しいアンドロゲン生合成阻害薬) クッシング症候群 肝硬変 病的肥満[msdmanuals.com]

  • 病的肥満

    手術を受けることができない患者さん 病的肥満症に該当しても,減量手術ができない身体的な理由(以下)がないか調べる必要があります. ① 手術や麻酔自体が危険な場合(重症の心臓病や肺疾患など) ② 肥満の原因が内分泌疾患や薬物による二次肥満の場合 ③ 薬物依存(アルコール依存も含む)の場合 ④ 神経・精神の疾患があり,治療を受けている場合 ⑤[www2.med.osaka-u.ac.jp] 手術や全身麻酔が受けられない状態(重症心・肺疾患など) 二次肥満…病気や身体機能の異常によっておこる肥満 コントロール不良の神経・精神疾患がある場合 薬物依存症 手術前後の栄養療法がうまくいかないと判断された場合 これまでの治療成績 2016年までに当院で腹腔鏡下スリーブ状胃切除を受けられた患者さんの体重変化を以下のグラフに示しました。[fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp] 病的肥満症に該当しても,減量手術ができない身体的な理由(以下)がないか調べる必要があります. ① 手術や麻酔自体が危険な場合(重症の心臓病や肺疾患など) ② 肥満の原因が内分泌疾患や薬物による二次肥満の場合 ③ 薬物依存(アルコール依存も含む)の場合 ④ 神経・精神の疾患があり,治療を受けている場合 ⑤ 過去に開腹手術などを受けていて高度[www2.med.osaka-u.ac.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    しかし、だらだら常に漏れているというような持続性尿失禁の場合は、尿管・膀胱膣瘻(尿管や膀胱と膣とが小さな穴でつながっており、常に膣に尿が出てくる状態)などの可能もあり、精査が必要です。 治療には、行動療法,薬物療法,手術療法があります。 まず行動療法では減量が非常に有効です。[irukaclinic.sakura.ne.jp] 肥満女性に食事と運動療法で減量を行った解析では,5-10%以上体重減少した群ではすべてのタイプの尿失禁回数が減少しています。最もよく行われている理学療法は骨盤底筋訓練です。骨盤底筋の筋肥大をおこすことにより、腹圧時の骨盤底筋収縮の強度とタイミングを向上させるといわれています。即効性はないので、我慢強く行うことが重要と考えています。[irukaclinic.sakura.ne.jp]

  • 良性移動性舌炎

    鑑別が必要な症状を呈すものに 睡眠障害 、 薬物依存症 、 感染症 、 甲状腺機能低下症 、 糖尿病 、重度の 肥満 、 多発硬化症 などもある [13] 。 診断の研究事例 [ 編集 ] CFSの診断基準は、血液などの客観的検査を基準としていない。しかし原因についての仮説はある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状