Create issue ticket

考えれる32県の原因 薬物性紅斑性狼瘡

  • D因子不足による再発性ナイセリア感染症

    粘膜皮膚病変 1) 扁平苔癬 2) 類天疸 3) 尋常, 天疱瘡 4) 多形 5) エリテマトーデス () 6) 薬物性 7) その他 b.[jstage.jst.go.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    M31.9_え〈壊〉死血管障害,詳細不明 M32_全身エリテマトーデス〈〉〈SLE〉 M32.0_薬物誘発全身性エリテマトーデス〈〉〈SLE〉 M32.1_臓器又は器官系の併発症を伴う全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M32.8_その他の型の全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M32.9[e-stat.go.jp] M31.2_致死性え〈壊〉疽性鼻炎〈特発性鼻え〈壊〉疽〉 M31.3_ウェゲ〈ジ〉ナー〈Wegener〉肉芽腫 M31.4_大動脈弓症候群[高安病] M31.5_リウマチ性多発筋痛症を伴う巨細胞性動脈炎 M31.6_その他の巨細胞(性)動脈炎 M31.7_顕微鏡的多発(性)血管炎(2017年以降) M31.8_その他の明示されたえ〈壊〉死血管障害[e-stat.go.jp]

  • 水疱性肺気腫

    M31.9_え〈壊〉死血管障害,詳細不明 M32_全身エリテマトーデス〈〉〈SLE〉 M32.0_薬物誘発全身性エリテマトーデス〈〉〈SLE〉 M32.1_臓器又は器官系の併発症を伴う全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M32.9_全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉,詳細不明 M33_皮膚[e-stat.go.jp] M31.0_過敏性血管炎 M31.1_血栓性微小血管障害 M31.2_致死性え〈壊〉疽性鼻炎〈特発性鼻え〈壊〉疽〉 M31.3_ウェゲ〈ジ〉ナー〈Wegener〉肉芽腫 M31.4_大動脈弓症候群[高安病] M31.6_その他の巨細胞(性)動脈炎 M31.7_顕微鏡的多発(性)血管炎(2017年以降) M31.8_その他の明示されたえ〈壊〉死血管障害[e-stat.go.jp]

  • シュニッツラー症候群

    、ドレスラー症候群、薬物誘発、円板状性狼瘡、湿疹、気腫、子宮内膜症、腱付着部炎関連性関節炎、好酸球性筋膜炎、好酸球性胃腸炎、好酸球性肺炎、後天性表皮水疱症、結節性紅斑、胎児赤芽球症、本態性混合型クリオグロブリン血症、エヴァンズ症候群、進行性骨化性線維異形成症、線維化性肺胞隔炎(または特発性肺線維症)、胃炎、胃腸性類天疱瘡、ゴーシェ[ipforce.jp] ニューロパチー、慢性再発性多巣性骨髄炎、慢性閉塞性肺疾患、慢性静脈うっ血性潰瘍、チャーグ・ストラウス症候群、瘢痕性類天疱瘡、コーガン症候群、寒冷凝集素症、補体成分2欠乏症、接触皮膚炎、頭蓋動脈炎、CREST症候群、コーエン病、クッシング症候群、皮膚白血球破砕性血管炎、ドゴー病、ダーカム病、疱疹状皮膚炎、皮膚筋炎、I型糖尿病、II型糖尿病、広汎全身強皮症[ipforce.jp]

  • 原発性斑状特発性皮膚萎縮症

    M31.9_え〈壊〉死血管障害,詳細不明 M32_全身エリテマトーデス〈〉〈SLE〉 M32.0_薬物誘発全身性エリテマトーデス〈〉〈SLE〉 M32.1_臓器又は器官系の併発症を伴う全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M32.8_その他の型の全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M32.9[e-stat.go.jp] M31.2_致死性え〈壊〉疽性鼻炎〈特発性鼻え〈壊〉疽〉 M31.3_ウェゲ〈ジ〉ナー〈Wegener〉肉芽腫 M31.4_大動脈弓症候群[高安病] M31.5_リウマチ性多発筋痛症を伴う巨細胞性動脈炎 M31.6_その他の巨細胞(性)動脈炎 M31.7_顕微鏡的多発(性)血管炎(2017年以降) M31.8_その他の明示されたえ〈壊〉死血管障害[e-stat.go.jp]

  • 肝腎症候群

    表①【肝臓と腎臓を同時に障害する疾患】 1.非代償性肝硬変、劇症肝炎(肝腎症候群) 2.閉塞性黄疸 3.急性脂肪肝 Reye症候群、妊娠時急性脂肪肝 4.悪性腫瘍 転移性悪性腫瘍、副腎腫hypernephroma 5.感染症 レプトスピラ病、敗血症 6.循環不全 うっ血性心不全、ショック 7.膠原病血管炎 結節動脈周囲炎、全身[blogs.yahoo.co.jp] 8.先天性疾患 多発性囊胞腎 9.浸潤性疾患 アミロイドーシス、サルコイドーシス、リンパ腫 10.薬物 methoxyflurane、四塩化炭素、tetracycline acetoaminophene、リン HRSとprerenal azotemiaは病像が類似してますが、後者は利尿薬の中止とplasma expansionにより改善します[blogs.yahoo.co.jp]

  • 精巣鞘膜水瘤

    M31.9_え〈壊〉死血管障害,詳細不明 M32_全身エリテマトーデス〈〉〈SLE〉 M32.0_薬物誘発全身性エリテマトーデス〈〉〈SLE〉 M32.1_臓器又は器官系の併発症を伴う全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M32.8_その他の型の全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M32.9[e-stat.go.jp] M31.2_致死性え〈壊〉疽性鼻炎〈特発性鼻え〈壊〉疽〉 M31.3_ウェゲ〈ジ〉ナー〈Wegener〉肉芽腫 M31.4_大動脈弓症候群[高安病] M31.5_リウマチ性多発筋痛症を伴う巨細胞性動脈炎 M31.6_その他の巨細胞(性)動脈炎 M31.7_顕微鏡的多発(性)血管炎(2017年以降) M31.8_その他の明示されたえ〈壊〉死血管障害[e-stat.go.jp]

  • 粘膜類天疱瘡

    治療は副腎皮質ステロイド薬の全身投与が 行われ、原因と疑われる薬物、食物があれば服用あるいは摂取を中止させます。 (2) ①全身性エリテマトーデス 顔面蝶形紅斑、関節痛、発熱、脱毛、タンパク尿、レイノー症状、日光過敏な ど症状が多彩な自己免疫疾患です。[octv.ne.jp]

  • ヒドララジン

    エントリ D08044 Drug 一般名 ヒドララジン; Hydralazine (INN) 組成式 C8H8N4 質量 160.0749 分子量 160.1759 構造式 Simcomp クラス 循環器系用薬 DG02046 ヒドラジノフタラジン誘導体 代謝酵素基質薬 DG02928 NAT基質薬 代謝酵素阻害薬 DG01645 CYP2D6阻害薬 コード 同一コード: C07040 ATCコード: C02DB02 化学構造グループ: DG00261 商品 (DG00261): D01302 JP / US 効能 血圧降下薬, 血管拡張薬 コメント ヒドラジノフタラジン誘導体 ターゲット AOC3[…][genome.jp]

  • プリミドン

    大分類/中分類 精神神経科の薬/けいれん・てんかんの薬 剤形/保険薬価 解説 細粒剤 / 99.5% 1g 29.50円 錠剤 / 250mg 1錠 9.80円 使用量と回数 解説 治療初期3日間は1日250mgを就寝前に服用。徐々に増量し,1日1,500 2,000mgを2 3回に分けて服用。小児は処方医の指示通りに。 識別コード 解説 250mg 包装コード: 525 本体コード:n 525 「識別コード」は、薬の包装材や本体に数字・記号で記載されています。 ※以下は同じ 解説タイトル で共通の解説です。[]内は一般名で、それぞれに該当する内容が書かれています。 処方目的 解説 てんかん[…][medical.itp.ne.jp]

さらなる症状