Create issue ticket

考えれる40県の原因 薬物性多発性筋炎

  • 多発性関節炎

    対象となる疾患は、関節リウマチ、全身エリテマトーデス、シェーグレン症候群、全身性強皮症、多発筋炎/皮膚筋炎、混合性結合組織病、血管炎症候群(高安動脈炎、巨細胞性動脈炎、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、抗酸球性多発血管炎性肉芽腫症、IgA血管炎、等)、リウマチ性多発筋痛症、脊椎関節炎(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎[numazu-hospital.shizuoka.jp] 当科は、内科系のリウマチ膠原病科として、関節リウマチや各種膠原病に対し診断と薬物療法を行っております。[numazu-hospital.shizuoka.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    M332 多発筋炎 M339 皮膚(多発)筋炎,詳細不明 M340 全身性進行性硬化症 M341 クレスト〈CR(E)ST〉症候群 M342 薬物および化学物質誘発による全身性硬化症 M348 その他の型の全身性硬化症 M349 全身性硬化症,詳細不明 M350 乾燥症候群[シェーグレン症候群] M351 その他の重複症候群 M352[e-stat.go.jp] M320 薬物誘発性全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M321 臓器または器官系の併発症を伴う全身エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M328 その他の型の全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M329 全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉,詳細不明 M330 若年性皮膚筋炎 M331 その他の皮膚筋炎[e-stat.go.jp]

  • 新生児期原発性副甲状腺機能亢進症

    M332 多発筋炎 M339 皮膚(多発)筋炎,詳細不明 M340 全身性進行性硬化症 M341 クレスト〈CR(E)ST〉症候群 M342 薬物および化学物質誘発による全身性硬化症 M348 その他の型の全身性硬化症 M349 全身性硬化症,詳細不明 M350 乾燥症候群[シェーグレン症候群] M351 その他の重複症候群 M352[e-stat.go.jp] M320 薬物誘発性全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M321 臓器または器官系の併発症を伴う全身エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M328 その他の型の全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M329 全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉,詳細不明 M330 若年性皮膚筋炎 M331 その他の皮膚筋炎[e-stat.go.jp]

  • コルヒチン

    UMIN試験ID UMIN000018042 最終情報更新日: 2016年4月5日 登録日:2015年6月23日 コルヒチン0.5mg 1日1回7日間反復投与時の健康成人男子における血漿中・白血球内コルヒチン濃度、白血球活性化抑制効果の探索的検 討 基本情報 進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 対象疾患 冠動脈疾患 試験開始日(予定日) 2015-04-28 目標症例数 8 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 介入 試験の内容 介入1 コルヒチン0.5mgを1日1回朝に7日間経口投与する 主要アウトカム評価項目 脂肪負荷による白血球活性化の抑制 副次アウトカム評価項目[…][rctportal.niph.go.jp]

  • ジドブジン

    ジドブジン(zidovudine, ZDV)は、核酸系逆転写酵素阻害薬(NRTI)の一種である。HIV の治療薬として用いられる。別名は アジドチミジン(azidothymidine, AZT)。商品名はレトロビル(Retrovir)。同じNRTIのラミブジンとの合剤はコンビビル(Combivir)。 バローズ・ウェルカム(現グラクソ・スミスクライン)社が1964年に抗がん剤として初合成し、1985年にNCIに所属していた満屋裕明が抗HIV作用を発見した。バローズ・ウエルカム社が製品化を進め、世界初の抗HIV薬として1987年3月に国際誕生となり、日本では1987年11月に発売開始した。[…][ja.wikipedia.org]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    M332 多発筋炎 M339 皮膚(多発)筋炎,詳細不明 M340 全身性進行性硬化症 M341 クレスト〈CR(E)ST〉症候群 M342 薬物および化学物質誘発による全身性硬化症 M348 その他の型の全身性硬化症 M349 全身性硬化症,詳細不明 M350 乾燥症候群[シェーグレン症候群] M351 その他の重複症候群 M352[e-stat.go.jp] M320 薬物誘発性全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M321 臓器または器官系の併発症を伴う全身エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M328 その他の型の全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M329 全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉,詳細不明 M330 若年性皮膚筋炎 M331 その他の皮膚筋炎[e-stat.go.jp]

  • 陰茎蜂巣炎

    、脊髄炎 5 9 めまい症: 末梢めまい症、耳めまい症 4 10 筋疾患: 多発筋炎、リウマチ多発筋痛 3 11 中毒性疾患: 薬物中毒 2 12 認知症: 認知症、レビー小体型認知症 2 13 膠原病: 巨細胞動脈炎 2 14 頭痛: 群発性頭痛 1 15 自己免疫性疾患: 重症筋無力症 1 16 遺伝性疾患: MELAS症候群[nakatsugawa-hp.jp] 、ヘルペス脳炎、脳炎 4 7 筋疾患:スティフマン症候群、筋強直ジストロフィー、多発筋炎 4 7 中毒性疾患:薬物中毒 4 7 めまい症:頭位めまい症、頭位変換性めまい症、末梢性めまい症 4 11 認知症:アルツハイマー型認知症、健忘症候群 2 11 脊椎疾患:頚椎症、腰部脊柱管狭窄症 2 11 脳神経炎:多発脳神経炎、左上斜筋麻痺 2[nakatsugawa-hp.jp] 、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、神経サルコイドーシス、多発ニューロパチー 6 5 脱髄性疾患: 多発性硬化症、視神経脊髄炎 5 6 脳神経障害: 神経炎、球後視神経炎、動眼神経麻痺、眼球運動障害 5 7 髄膜脳炎: ヘルペスウィルス髄膜炎、無菌性髄膜炎、クロイツフェルト・ヤコブ病 5 8 脊椎・脊髄疾患: 脊髄梗塞、脊髄くも膜下出血、頚椎症脊髄症[nakatsugawa-hp.jp]

  • 延髄空洞症

    (HMSN) 6.家族アミロイドポリニューロパチー 7.顔面神経麻痺 8.絞扼末梢神経障害 9.薬物による末梢神経障害 7 筋疾患 1.炎症筋疾患(筋炎) 1.多発筋炎(PM) 2.皮膚筋炎(DM) 3.封入体筋炎(IBM) 2.ミオトニー(筋緊張症) 1.筋緊張性ジストロフィー 3.ミトコンドリア病:CPEO(Kearns-Sayre[nagaishoten.co.jp] 手順 1.症状をチェック 2.他覚所見 3.検査 3.末梢神経障害(ニューロパチー)の分類 1.病理学的分類 2.症状の分布 3.経過 4.症状 5.原因 4.主な末梢神経疾患 1.Guillain-Barre 症候群 2.慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP) 3.Fisher症候群 4.Lewis-Sumner症候群 5.遺伝ニューロパチー[nagaishoten.co.jp]

  • 後天性全汎リポジストロフィー

    M332 多発筋炎 M339 皮膚(多発)筋炎,詳細不明 M340 全身性進行性硬化症 M341 クレスト〈CR(E)ST〉症候群 M342 薬物および化学物質誘発による全身性硬化症 M348 その他の型の全身性硬化症 M349 全身性硬化症,詳細不明 M350 乾燥症候群[シェーグレン症候群] M351 その他の重複症候群 M352[e-stat.go.jp] M320 薬物誘発性全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M321 臓器または器官系の併発症を伴う全身エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M328 その他の型の全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M329 全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉,詳細不明 M330 若年性皮膚筋炎 M331 その他の皮膚筋炎[e-stat.go.jp]

  • 家族性幼児両側線条体壊死

    M332 多発筋炎 M339 皮膚(多発)筋炎,詳細不明 M340 全身性進行性硬化症 M341 クレスト〈CR(E)ST〉症候群 M342 薬物および化学物質誘発による全身性硬化症 M348 その他の型の全身性硬化症 M349 全身性硬化症,詳細不明 M350 乾燥症候群[シェーグレン症候群] M351 その他の重複症候群 M352[e-stat.go.jp] M320 薬物誘発性全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M321 臓器または器官系の併発症を伴う全身エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M328 その他の型の全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉 M329 全身性エリテマトーデス〈紅斑性狼瘡〉〈SLE〉,詳細不明 M330 若年性皮膚筋炎 M331 その他の皮膚筋炎[e-stat.go.jp]

さらなる症状