Create issue ticket

考えれる42県の原因 薬物性低ナトリウム血症

  • 手掌膿瘍

    原因不明の全身痙攣:アミノグリコシド系抗生剤、NSAID ニューキノロン等、薬物 の副作用を考える。 興奮状態:錯乱・興奮状態でも血糖の可能を考える。 原因不明の嘔吐:低ナトリウムも考慮。 光視症・飛蚊症:網膜剥離を考える(次いで視野欠損を呈する)。霧視にも注目。[ibaraisikai.or.jp]

  • エルゴタミン撤退

    未補償の真性糖尿病; 褐色細胞腫(並行している場合、α-アドレナリン遮断薬が処方される); 重篤な形態の気管支喘息; 代謝性アシドーシス; 末梢流の違反; 難治カリウム、高カルシウムまたはナトリウム; 降圧症; 乳糖不足(製剤中に乳糖がある)。 少年時代の患者に対する薬物の有効に関する研究は行われていない。[digitaljournals.ru]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    原因不明の全身痙攣:アミノグリコシド系抗生剤、NSAID ニューキノロン等、薬物の 副作用を考える。 興奮状態:錯乱・興奮状態でも血糖の可能を考える。 原因不明の嘔吐:低ナトリウムも考慮。 光視症・飛蚊症:網膜剥離を考える(次いで視野欠損を呈する)。霧視にも注目。[ibaraisikai.or.jp]

  • 低浸透圧

    サイアザイド系利尿薬のこの作用は,投薬中止後も最大2週間持続する可能がある;しかし,不足したカリウムや体液を補充するとともに薬物の作用が消失するまで水分摂取を適切にモニタリングすれば,ナトリウムは通常それに反応する。[msdmanuals.com]

  • 塩類喪失

    サイアザイド系利尿薬のこの作用は,投薬中止後も最大2週間持続する可能がある;しかし,不足したカリウムや体液を補充するとともに薬物の作用が消失するまで水分摂取を適切にモニタリングすれば,ナトリウムは通常それに反応する。[msdmanuals.com]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    原因不明の全身痙攣:アミノグリコシド系抗生剤、NSAID ニューキノロン等、薬物の 副作用を考える。 興奮状態:錯乱・興奮状態でも血糖の可能を考える。 原因不明の嘔吐:低ナトリウムも考慮。 光視症・飛蚊症:網膜剥離を考える(次いで視野欠損を呈する)。霧視にも注目。[ibaraisikai.or.jp]

  • 心膜気腫

    原因不明の全身痙攣:アミノグリコシド系抗生剤、NSAID ニューキノロン等、薬物 の副作用を考える。 興奮状態:錯乱・興奮状態でも血糖の可能を考える。 原因不明の嘔吐:低ナトリウムも考慮。 光視症・飛蚊症:網膜剥離を考える(次いで視野欠損を呈する)。霧視にも注目。[ibaraisikai.or.jp]

  • 低カリウム血症

    、薬剤副作用 カリウムを症候とする主な疾病は、 悪性腫瘍 原発アルドステロン症 鉱質コルチコイドの異常な分泌によって、血清ナトリウム濃度が上昇する代わりに腎臓からのカリウム排泄が亢進する。[ja.wikipedia.org] 薬物 利尿薬は,圧倒的に多く用いられているカリウムを引き起こす薬物である。遠位ネフロンより近位でのナトリウム再吸収を阻害するカリウム喪失の利尿薬には,以下のものがある: 緩下薬は,特に乱用された場合に下痢を引き起こし,結果,低カリウム血症が生じることがある。[msdmanuals.com] 摂取量の異常 - 摂取不足 低栄養患者、過度のダイエット、拒食症、経口摂取不能者への補給不足 分布の異常 - 細胞内への移動 カリウム取り込み亢進 - インスリン、カテコラミン(β刺激)、アルカローシス、甲状腺ホルモン 消化管からの喪失 下痢・嘔吐 尿中排泄亢進 利尿剤、尿細管アシドーシス、内分泌疾患(アルドステロン高値、コルチゾール高値)、薬物相互作用[ja.wikipedia.org]

  • 代謝性脳症

    、くも膜下出血(多発嚢胞腎合併例) 重症筋無力・内分泌疾患 甲状腺クリーゼ、重症筋無力クリーゼ 精神科疾患 ナトリウム(水中毒)、薬物中毒、心因、悪性症候群、橋中心・橋外髄鞘崩壊症 温暖な地域での土を掘り返す作業に伴う創傷 破傷風(通常は意識清明) 免疫抑制状態、移植前後、免疫不全症 脳炎、髄膜炎、進行性多巣性白質脳症 消化器[neurology-jp.org] ・精神・神経系疾患の共存 ポルフィリア、ホイップル病 頭部外傷 慢性硬膜下血腫、慢性外傷脳症 薬物歴 ステロイド薬 副腎クリーゼ 多量の飲酒 ナトリウム、アルコール離脱症候群、硬膜下血腫、肝昏睡、ウェルニッケ脳症、橋中心・橋外髄鞘崩壊症 向精神薬、抗パーキンソン病薬、鎮吐薬、スルピリド(特に新規・変更・中断薬物の存在) 悪性症候群[neurology-jp.org] 日頃は健康であった 脳卒中、頭部外傷、中毒性疾患 以前にも意識障害 低血圧症、てんかん、脳卒中、急性代謝性脳症、不整脈、息こらえ、心因性 動脈硬化性危険因子、心房細動 脳梗塞、脳内出血 悪性腫瘍 脳血管障害(トルーソー症候群、腫瘍塞栓)、頭蓋内転移、腫瘍随伴症候群、進行性多巣性白質脳症 糖尿病、腎・肝・肺疾患 脳梗塞、脳内出血、急性代謝脳症[neurology-jp.org]

  • シクロホスファミド

    シクロホスファミド(英語: Cyclophosphamide, 略称: CPA)は、アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)、免疫抑制剤である。製造販売元は塩野義製薬で、商品名はエンドキサン (Endoxan)。 初の抗がん剤ナイトロジェンマスタードの誘導体としてドイツ(現・バクスター社)で開発され、同じく日本で開発されたナイトロジェンマスタード誘導体・ナイトロミンに代わって広く用いられることになった。プロドラッグであり、肝臓で代謝され、活性を持つようになる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状