Create issue ticket

考えれる22県の原因 薬物性じんま疹

  • 家族性寒冷蕁麻疹

    じん L508 BJ83 15 出血じん L508 E6BU 16 慢性じん L508 UE25 17 薬物じん L508 RVNJ 18 じんま疹 L509 LP64[dis.h.u-tokyo.ac.jp] L503 EH63 7 皮膚描記性じんま疹 L503 QH3V 8 振動性じんま疹 L504 CK9G 9 コリン性じんま疹 L505 S3K9 10 機械性じんま疹 L506 MU0U 11 接触じんま疹 L506 FPH1 12 アスピリンじんま疹 L508 Y451 Q9BK 13 自己免疫性じんま疹 L508 GLH7 14 周期再発[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 手掌膿瘍

    L56.1 薬物光アレルギー性反応 L56.2 光接触皮膚炎[ベルロック 皮膚炎] L56.3 日光じん L56.4 多形日光疹 L56.8 紫外線によるその他の明示された急性皮膚変化 L56.9 紫外線による急性皮膚変化,詳細不明 L57 非電離放射線の慢性曝露による皮膚変化 L57.0 日光角化症 L57.1 光線類細網症 L57.2[ja.wikipedia.org] 他に分類されるその他の疾患における紅斑 (L55-L59) 皮膚及び皮下組織の放射線非電離及び電離に関連する障害 [ 編集 ] L55 日焼け L55.0 日焼け,第1度 L55.1 日焼け,第2度 L55.2 日焼け,第3度 L55.8 その他の日焼け L55.9 日焼け,詳細不明 L56 紫外線によるその他の急性皮膚変化 L56.0 薬物光毒性反応[ja.wikipedia.org]

  • 落屑性紅皮症

    L505 コリン作動蕁麻疹 機械じん 接触じん L506 接触蕁麻疹 出血じん 周期再発じん 薬物じん 慢性じんま疹 自己免疫性じんま疹 アスピリンじんま疹 L508 その他の蕁麻疹 じんま疹 L509 蕁麻疹, 詳細不明 非水疱性多形紅斑 L510 非水疱性多形紅斑 水疱性多形紅斑 スティーブンス・ジョンソン[kegg.jp] アレルギー性反応 L561 薬物光アレルギー性反応 ベルロック皮膚炎 光接触皮膚炎 L562 光接触皮膚炎 [ベルロック皮膚炎] 日光じん L563 日光蕁麻疹 多形日光疹 L564 多形日光疹 日光過敏性皮膚炎 L568 紫外線によるその他の明示された急性皮膚変化 掌蹠角化腫 日光角化症 老人性角化症 老人性角化腫 光線角化症 顔面光線角化症[kegg.jp] 紅皮症 持続性色素異常性紅斑 麻疹様紅斑 紅斑症 アトピー性紅皮症 湿疹続発性紅皮症 L539 紅斑性病態, 詳細不明 第1度日焼け 日光紅斑 L550 日焼け, 第1度 第2度日焼け L551 日焼け, 第2度 第3度日焼け L552 日焼け, 第3度 日焼け L559 日焼け, 詳細不明 薬物性光毒性反応 L560 薬物性光毒性反応 薬物[kegg.jp]

  • 異常感覚性大腿痛

    および薬剤による全身の発疹 3 L401 乾せん〈癬〉 全身性嚢胞乾せん〈癬〉 1 L408 乾せん〈癬〉 その他の乾せん〈癬〉 1 L500 じんま〈蕁麻〉 アレルギー性じんま〈蕁麻〉疹 1 L511 多形紅斑 水疱性多形紅斑 1 L530 その他の紅斑性病態 中毒性紅斑 1 L539 その他の紅斑性病態 紅斑性病態,詳細不明 1 L608[niigatah.johas.go.jp] されないもの 術後腸閉塞 1 L031 蜂巣炎 (四)肢その他の部位の蜂巣炎〈蜂窩織炎〉 20 L033 蜂巣炎 体幹の蜂巣炎〈蜂窩織炎〉 2 L039 蜂巣炎 蜂巣炎〈蜂窩織炎〉,詳細不明 3 L100 天疱瘡 尋常性天疱瘡 1 L109 天疱瘡 天疱瘡,詳細不明 1 L120 類天疱瘡 水疱性類天疱瘡 1 L270 摂取物質による皮膚炎 薬物[niigatah.johas.go.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    L56.1_薬物光アレルギー性反応 L56.2_光接触皮膚炎[ベルロック〈香水〉皮膚炎] L56.3_日光じんま〈蕁麻〉 L56.4_多形日光疹 L56.8_紫外線によるその他の明示された急性皮膚変化 L56.9_紫外線による急性皮膚変化,詳細不明 L57_非電離放射線の慢性曝露による皮膚変化 L57.0_日光角化症 L57.1_光線類細網症[e-stat.go.jp] された紅斑性病態 L53.9_紅斑性病態,詳細不明 皮膚及び皮下組織の放射線(非電離及び電離)に関連する障害(L55-L59) L55_日焼け L55.0_日焼け,第1度 L55.1_日焼け,第2度 L55.2_日焼け,第3度 L55.8_その他の日焼け L55.9_日焼け,詳細不明 L56_紫外線によるその他の急性皮膚変化 L56.0_薬物光毒性反応[e-stat.go.jp]

  • 精巣鞘膜水瘤

    L56.1_薬物光アレルギー性反応 L56.2_光接触皮膚炎[ベルロック〈香水〉皮膚炎] L56.3_日光じんま〈蕁麻〉 L56.4_多形日光疹 L56.8_紫外線によるその他の明示された急性皮膚変化 L56.9_紫外線による急性皮膚変化,詳細不明 L57_非電離放射線の慢性曝露による皮膚変化 L57.0_日光角化症 L57.1_光線類細網症[e-stat.go.jp] された紅斑性病態 L53.9_紅斑性病態,詳細不明 皮膚及び皮下組織の放射線(非電離及び電離)に関連する障害(L55-L59) L55_日焼け L55.0_日焼け,第1度 L55.1_日焼け,第2度 L55.2_日焼け,第3度 L55.8_その他の日焼け L55.9_日焼け,詳細不明 L56_紫外線によるその他の急性皮膚変化 L56.0_薬物光毒性反応[e-stat.go.jp]

  • 原発性斑状特発性皮膚萎縮症

    L56.1_薬物光アレルギー性反応 L56.2_光接触皮膚炎[ベルロック〈香水〉皮膚炎] L56.3_日光じんま〈蕁麻〉 L56.4_多形日光疹 L56.8_紫外線によるその他の明示された急性皮膚変化 L56.9_紫外線による急性皮膚変化,詳細不明 L57_非電離放射線の慢性曝露による皮膚変化 L57.0_日光角化症 L57.1_光線類細網症[e-stat.go.jp] された紅斑性病態 L53.9_紅斑性病態,詳細不明 皮膚及び皮下組織の放射線(非電離及び電離)に関連する障害(L55-L59) L55_日焼け L55.0_日焼け,第1度 L55.1_日焼け,第2度 L55.2_日焼け,第3度 L55.8_その他の日焼け L55.9_日焼け,詳細不明 L56_紫外線によるその他の急性皮膚変化 L56.0_薬物光毒性反応[e-stat.go.jp]

  • ペニシリン G

    エントリ D02336 Drug 一般名 ベンジルペニシリン; Benzylpenicillin (INN); Penicillin G; PCG 組成式 C16H18N2O4S 質量 334.0987 分子量 334.3901 構造式 Simcomp ソース Penicillium chrysogenum [TAX: 5076 ] クラス 抗菌薬 DG01710 βラクタム系抗生物質 DG01713 ペニシリン骨格グループ DG01480 ペナム系抗生物質 DG01778 ベータラクタマーゼ感受型ペニシリン トランスポーター基質薬 DG02860 SLC22A8(OAT3)基質薬 コード 同一コード: C05551[…][genome.jp]

  • ワクチン管理

    中国-全国 医薬 2018/11/13(火) 中国国家市場監督管理総局(市場監管総局)は11日、「ワクチン管理法」の政府案に対する意見公募(パブリックコメント)を開始した。先ごろ狂犬病ワクチンを巡る不正が社会問題となったことを受け、これまで異なる法規に分かれていた研究開発(R&D)、生産、流通、予防接種など[…] 関連国・地域: 中国-全国 関連業種: 医療・医薬品 / マクロ・統計・その他経済 トピックス 「アジア法規チェック」 【タイ】脱プラへロードマップ策定 22年にレジ袋廃止、循環型[…][経済] (04/22) 【中国-全国】【中国税務】個人所得税法改正後の影響(7)[経済] (04/19)[…][nna.jp]

  • 非ステロイド性抗炎症薬

    非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs エヌセイズ)とは、ステロイド以外の抗炎症、解熱、鎮痛作用をもつ薬剤の総称です。解熱剤や痛み止めとして広く使用されており、病院で処方される薬以外に市販の風邪薬や痛み止めなどにも含まれている成分です。 NSAIDsは、発熱や痛みを引き起こす原因となるプロスタグランジンという物質が作られるのを抑えることで解熱鎮痛剤として効果を発揮します。[…][bohseipharmacy.co.jp]

さらなる症状