Create issue ticket

考えれる2県の原因 薬物予防投与の管理

  • ペニシリン G

    エントリ D02336 Drug 一般名 ベンジルペニシリン; Benzylpenicillin (INN); Penicillin G; PCG 組成式 C16H18N2O4S 質量 334.0987 分子量 334.3901 構造式 Simcomp ソース Penicillium chrysogenum [TAX: 5076 ] クラス 抗菌薬 DG01710 βラクタム系抗生物質 DG01713 ペニシリン骨格グループ DG01480 ペナム系抗生物質 DG01778 ベータラクタマーゼ感受型ペニシリン トランスポーター基質薬 DG02860 SLC22A8(OAT3)基質薬 コード 同一コード: C05551[…][genome.jp]

  • 衝動性

    アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、4-5歳のADHDに対しては、薬物療法の前にまず心理療法を実施するよう勧告している。一方でCDCは、6–17歳のADHDに対しては、薬物療法と心理療法の両者を実施するよう勧告している。[ja.wikipedia.org] 世界保健機関のガイドラインでは、児童青年のADHDへの第一選択肢は心理療法(心理教育、ペアレント・トレーニング、認知行動療法など)であり、薬物療法は児童青年精神科医の管理下でのみ行うことができ、かつ6歳未満に対しては投与してはならない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状