Create issue ticket

考えれる45県の原因 薬物による肺の急性障害

  • 急性過換気

    原因として,①気管支喘息,肺気腫などの閉塞性障害,②脊髄損傷,神経筋疾患などによる呼吸筋麻痺,③麻酔薬・麻薬の過量投与,急性薬物中毒,脳血管障害などによる呼吸中枢抑制などがあげられる。[jaam.jp]

  • うっ血性心不全

    著者の結論: 現時点でのデータは、2つの方法による利尿薬の静脈内投与の利点について信頼に足る評価を下すには不十分である。小規模で比較的異質な研究からは今回のレビューにより、ループ利尿薬を持続注入した方が利尿に優れ、安全性プロフィールが良好であることが示された。これまでのデータからは臨床診療に関し明確な勧告を行うことはやはりできない。この問題の十分明確な解決のためには、さらに大規模な研究を実施すべきである。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

  • 肺水腫

    Last Update:2014年3月3日 呼吸器の病気一覧へ戻る F-03 肺血管性病変 はいすいしゅ 肺水腫 【概要】 肺は酸素を取り入れ、体内で生じた二酸化炭素を排出するために、肺胞(はいほう)と呼ばれる小さな袋状の構造物に空気を取り入れています。この肺胞の周りには網目状の毛細血管が取り巻き、空気と血液との間で酸素と二酸化炭素が交換されています。肺水腫はこの毛細血管から血液の液体成分が肺胞内へ滲み出した状態です。肺胞の中に液体成分が貯まるため、肺で酸素の取り込みが障害されて重症化すると呼吸不全に陥ることがあります。 【疫学】 様々な原因による疾患のため正確な発症数は不明です。[…][jrs.or.jp]

  • 良性移動性舌炎

    放射線性線維症 放射線胸膜炎 J701 放射線による慢性及びその他の症状 急性薬物誘発性間質性障害 J702 急性薬物誘発性間質性障害 慢性薬物誘発性間質性肺障害 J703 慢性薬物誘発性間質性障害 薬剤性間質性肺炎 J704 薬物誘発性間質性障害, 詳細不明 高地肺水腫 輸血関連急性肺障害 J708 その他の明示された外的因子[kegg.jp] 標準病名 ICD10 KEGG DISEASE 胃分泌物嚥下性肺炎 誤嚥性肺炎 食物嚥下性肺炎 吐物嚥下性肺炎 乳嚥下性肺炎 老人性嚥下性肺炎 J690 食物及び吐物による肺臓炎 リポイド肺炎 J691 油及びエッセンス剤による肺臓炎 血液嚥下性肺炎 J698 その他の固体及び液体による肺臓炎 放射線肺臓炎 放射線肺炎 J700 放射線による急性症状[kegg.jp]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 気胸

    内容一覧 気胸とは 気胸(ききょう)とは肺から空気がもれて、胸腔(きょうくう)にたまっている状態をいいます。空気が漏れてたまっても、胸は肋骨があるために風船のように外側に膨らむことはできません。その代わり、肺が空気に押されて小さくなります。つまり、肺から空気がもれて、肺が小さくなった状況が気胸なのです。 気胸の分類 自然気胸[…][jikei.ac.jp]

  • 肺線維症

    特発性肺線維症の国際診療ガイドラインが2018年9月1日に改定となりました。 今回は診断方法についてのガイドライン改定です。 改定の主な点は 1)胸部HRCT所見の分類の変更 patterns of UIP, (UIPパターン) probable UIP, indeterminate:(鑑別困難) alternate diagnosis :(他の診断) に変更となり、possible UIPが削除されたこと indeterminateはさらにUIPの可能性があるものとそうでないものに分類されているようです。 2)胸部HRCTでProbable、indeterminate、alternate[…][ameblo.jp]

  • 線維性気管支炎

    その他の外的因子による呼吸器病態 放射線肺炎 放射線性線維症 放射線胸膜炎 急性薬物誘発性間質性障害 慢性薬物誘発性間質性障害 薬剤性間質性肺炎 高地肺水腫 輸血関連急性肺障害 肺好酸球症,他に分類されないもの 好酸球性肺炎 急性好酸球性肺炎 慢性好酸球性肺炎 熱帯性肺好酸球増多症 アレルギー性肺炎 単純性肺好酸球増加症 レフレル症候群[scuel.me] 麦芽製造業者肺 きのこ作業者肺 かえで樹皮はぎ職人肺 加湿器肺 空調機肺 魚粉製造業者肺 毛皮商人肺 コーヒー作業者肺 セコイア症 チーズ洗浄職人肺 過敏性肺臓炎 夏型過敏性肺臓炎 化学物質,ガス,フュームおよび蒸気の吸入による呼吸器病態 化学物質性気管支炎 フューム肺炎 化学物質性肺水腫 気道反応不全症候群 慢性化学性気管支炎 パラコート[scuel.me]

  • 咳嗽

    咳嗽(がいそう、cough)とは、医療分野における症状の一種であり、肺や気道から空気を強制的に排出させるための生体防御運動であり、通常繰り返して起こる気管・喉頭・呼吸筋の反射的な収縮運動である。一般的には咳(せき)という。 1回の咳嗽で2kcal( 8.4kJ)のエネルギーを消費するといわれ、咳嗽が続くとエネルギーを著しく消耗する。風邪などで咳嗽が続く場合は栄養状態に注意する必要がある。また、老人は咳の衝撃に耐えられず肋骨を骨折してしまうケースも少なくない。横になると楽になる。 日本呼吸器学会咳嗽ガイドラインの定義では、[…][ja.wikipedia.org]

  • 非吸収性肺炎

    また、本剤の血中濃度の上昇がみられるとの報告がある(「薬物動態」の項参照)。] 重要な基本的注意 急性障害、間質性肺炎等の重篤な副作用が起こることがあり、致命的な経過をたどることがあるので、本剤の投与にあたっては、臨床症状(呼吸状態、咳及び発熱等の有無)を十分に観察し、定期的に胸部X線検査を行うこと。[kegg.jp]

さらなる症状