Create issue ticket

考えれる142県の原因 蕁麻疹様血管炎

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • シュニッツラー症候群

    蕁麻疹に関連する病気の特徴 最後に、蕁麻疹に関連する病気の症状について解説します。 蕁麻疹 血管 では、皮膚の症状の持続時間が24時間以上であることが多いです。[medley.life] 症状 皮疹は掌蹠や頭頚部以外の躯幹四肢に生じることが多く、慢性蕁麻疹と同様かあるいは蕁麻疹血管の像を呈し、膨疹は掻痒を伴う場合と伴わない場合があります。時に血管性浮腫を伴うこともあります。体重減少、倦怠感、リンパ節腫脹、肝脾腫を伴うこともあります。また、中高年(平均50歳前後)に生じることが多いとされます。[shinagawaseasideclinic.com] 結核、潰瘍性大腸、未分化結合組織病、未分化脊椎関節症、蕁麻疹血管、脈管炎、白斑、およびウェゲナー肉芽腫症。[ipforce.jp]

  • 蕁麻疹

    蕁麻疹(じんましん、Hives)は、急性皮膚病の一つ。痒みを伴う紅斑が生じる。蕁麻疹の一種に血管浮腫(クインケ浮腫ともいう)と呼ばれる病態がある。また、アナフィラキシーショックの一症状として蕁麻疹が出現することがある。 アレルギー性では、食物性、薬剤性がある。非アレルギー性には、寒冷により生じる寒冷蕁麻疹など温度や刺激によって生じるものや、日光蕁麻疹、ストレスを感じた時に生じるコリン性蕁麻疹がある。治療は一般に、第二世代抗ヒスタミン薬(第一世代より鎮静作用がない)が使われる。[…][ja.wikipedia.org]

  • B型肝炎ウイルス

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年9月 ) B型肝炎ウイルス (Bがたかんえんウイルス、Hepatitis B Virus)は、 ヘパドナウイルス科 オルソヘパドナウイルス属 に属する DNAウイルス である。 B型肝炎 の原因ウイルスである。略してHBVと呼ばれる。 歴史 [ 編集 ] 記録では 1883年 にドイツのLurmanによって最初の報告がなされている。 1964年 にアメリカの バルーク・サミュエル・ブランバーグ らにより、 オーストラリア[…][ja.wikipedia.org]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    小動脈、小静脈などの主に小血管の血管壁に免疫グロブリンや補体成分の沈着を伴う血管。抗GBM抗体関連疾患(Anti-GBM Disease, 旧称 Goodpasture症候群)、クリオグロブリン血管(CV), IgA血管(IgAV)(旧称 Henoch-Schonlein紫斑病), 低補体蕁麻疹血管(抗C1q血管炎)がある。[ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    小動脈、小静脈などの主に小血管の血管壁に免疫グロブリンや補体成分の沈着を伴う血管。抗GBM抗体関連疾患(Anti-GBM Disease, 旧称 Goodpasture症候群)、クリオグロブリン血管(CV), IgA血管(IgAV)(旧称 Henoch-Schonlein紫斑病), 低補体蕁麻疹血管(抗C1q血管炎)がある。[ja.wikipedia.org] IgA腎症と区別できない糸球体腎を伴うことがある。糖鎖修飾異常によって生じたIgA1に対するIgG抗体が免疫複合体を形成し沈着する。低補体蕁麻疹血管は、蕁麻疹と低補体血症を伴う小血管炎。抗C1q抗体と関連する。糸球体腎炎、関節炎、閉塞性肺疾患、炎症性眼病変が見られる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] ・抗糸球体基底膜病 (旧名 Goodpasture症候群) ・クリオグロブリン血症性血管 ・IgA血管 IgA vasculitis (旧名 Henoch-Schönlein紫斑病) ・低補体血症性蕁麻疹血管 (抗C1q血管炎) 大小不定の血管炎 侵襲血管に優位性がない血管炎。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • 蕁麻疹様血管炎

    蕁麻疹の発疹と組織学的に血管が見られる疾患です。 何らかの基礎疾患を有する症候性蕁麻疹血管と基礎疾患のない特発性蕁麻疹血管に分けられます。 症候性蕁麻疹血管の基礎疾患としては SLE シェーグレン症候群 ウイルス性肝炎 等があげられます。 女性の方が多いとされています。 臨床症状 蕁麻疹に似た浮腫性紅斑、膨疹が出現します。[mitakahifu.com] いろいろ自分で調べてみていても、 2〜3日ひかないという点や紫斑の出方で、 蕁麻疹血管という、 蕁麻疹の一種なのかな、と思ったり。 蕁麻疹は24時間以内に消失することが多いのですが、 蕁麻疹血管は、それ以上続くことが多く かゆみを伴うこともあります。 原因は不明なことが多いですが、 膠原病や肝炎などが 原因となることも。[ameblo.jp] 先生写真みて、話聞いて… 皮膚科の先生「あ〜丘疹も有りますね〜色素沈着が有りますね〜」 「⁉️」 皮膚科の先生 「多分… 蕁麻疹血管 だと思います」 「 じんましんようけっかんえん⁉️ 」(・・・・何ですのんソレ⁉️) とりあえずググってみました 【蕁麻疹血管蕁麻疹に似るが、個々の皮疹が 24 時間以上 持続し、消退後に色素沈着[ameblo.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    Leukocytoclastic vasculitisを示す疾患としては、皮膚小血管血管(皮膚アレルギー性血管)、Henoch-Schonlein 紫斑病、敗血症性血管蕁麻疹血管、持久性隆起性紅斑、顔面肉芽腫、結節性多発動脈炎、Churg-Strauss 症候群、Wegener 肉芽腫症など多数ある。[blog.livedoor.jp] IgA腎症と区別できない糸球体腎を伴うことがある。糖鎖修飾異常によって生じたIgA1に対するIgG抗体が免疫複合体を形成し沈着する。低補体蕁麻疹血管は、蕁麻疹と低補体血症を伴う小血管炎。抗C1q抗体と関連する。糸球体腎炎、関節炎、閉塞性肺疾患、炎症性眼病変が見られる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] ・抗糸球体基底膜病 (旧名 Goodpasture症候群) ・クリオグロブリン血症性血管 ・IgA血管 IgA vasculitis (旧名 Henoch-Schönlein紫斑病) ・低補体血症性蕁麻疹血管 (抗C1q血管炎) 大小不定の血管炎 侵襲血管に優位性がない血管炎。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • 皮膚血管炎

    血管血管血管 皮膚小血管血管 Henoch-Schonlein 紫斑 蕁麻疹血管 持久性隆起性紅斑 顔面肉芽腫 小 中動脈の血管炎 結節性多発動脈炎 皮膚型結節性多発動脈炎 顕微鏡的多発血管炎 Churg-Strauss 症候群 Wegener 肉芽腫症 側頭動脈炎 その他の類縁疾患 Behcet 病 川崎病 壊疽性膿皮症[derm-hokudai.jp] の定義 6 病理診断の落とし穴 各論 第7章 一次性血管 1 皮膚白血球破砕性血管 2 Henoch-Schönlein紫斑 3 蕁麻疹血管 4 クリオグロブリン血症性紫斑 5 顕微鏡的多発血管炎 6 Churg-Strauss症候群 7 Wegener肉芽腫症(多発血管炎性肉芽腫症) 8 結節性多発動脈炎 9 皮膚型結節性多発動脈炎[molcom.jp] 既知の全身性および/または皮膚以外の臓器での血管被験者。 3. 低補体血症性蕁麻疹血管、クリオグロブリン血症性血管炎、および他の既知の二次性皮膚血管炎の被験者。 4.[rctportal.niph.go.jp]

  • 壊死性動脈炎

    M316 BDNH 15 顕微鏡的多発血管 M317 HVJ6 16 ANCA関連血管 M318 RJR8 17 低補体血症性蕁麻疹血管 M318 PA9N 18 壊死性血管炎 M319 SN1J 19 多発性血管炎 M319 KS0V[dis.h.u-tokyo.ac.jp] IgA腎症と区別できない糸球体腎を伴うことがある。糖鎖修飾異常によって生じたIgA1に対するIgG抗体が免疫複合体を形成し沈着する。低補体蕁麻疹血管は、蕁麻疹と低補体血症を伴う小血管炎。抗C1q抗体と関連する。糸球体腎炎、関節炎、閉塞性肺疾患、炎症性眼病変が見られる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] ・抗糸球体基底膜病 (旧名 Goodpasture症候群) ・クリオグロブリン血症性血管 ・IgA血管 IgA vasculitis (旧名 Henoch-Schönlein紫斑病) ・低補体血症性蕁麻疹血管 (抗C1q血管炎) 大小不定の血管炎 侵襲血管に優位性がない血管炎。[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

さらなる症状