Create issue ticket

考えれる6県の原因 萎縮性胃炎

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB12の吸収不足の原因となる萎縮胃炎では大球高色素貧血 (平均赤血球容積(MCH)の高値)が認められることがある。胃全摘や高度な萎縮胃炎では、内因子が不足するためビタミンB12の吸収障害が起こる。赤血球のDNAの合成が阻害され大球性貧血(巨赤芽球性貧血)が起こることがあり、悪性貧血と呼ばれている。[ja.wikipedia.org] ピロリ菌感染等による萎縮胃炎による内因子の分泌障害とそれに伴うビタミンB12の吸収不全が疑われる場合には、ビタミンB12の錠剤の舌下での服用と吸収も考えられる。 哺乳動物では、奇数鎖脂肪酸の代謝や一部のアミノ酸の代謝でプロピオン酸が生成される。[ja.wikipedia.org] 正常な胃の機能を有した(萎縮胃炎などにより内因子の分泌障害のない)健康な成人での食事中のビタミンB12の吸収率は50%程度であると言われている。ビタミンB12は内因子と結び付かないと腸から効果的に吸収されないため、内因子の分泌量が制約要因となり食事当たり2μg 程度でビタミンB12の吸収が飽和する。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    原因 [ 編集 ] 最も一般的に(温帯気候においては)、 内因子 による ビタミンB12 の結合障害の原因は、 タンパク質 である内因子が 自己免疫 の攻撃を受けてビタミンB12と結合できなくなるのと同様に 壁細胞 も自己免疫によって攻撃されて結果的に消滅していく自己免疫 萎縮胃炎 によるものである [1] 。[ja.wikipedia.org] ビタミンB12の吸収不足の原因となる萎縮胃炎では大球高色素貧血 (平均赤血球容積(MCH)の高値)が認められることがある。胃全摘や高度な萎縮胃炎では、内因子が不足するためビタミンB12の吸収障害が起こる。赤血球のDNAの合成が阻害され大球性貧血(巨赤芽球性貧血)が起こることがあり、悪性貧血と呼ばれている。[ja.wikipedia.org] それほど多くはないが壁細胞の喪失は、 ヘリコバクター・ピロリ への感染も含めた長期間にわたる 慢性胃炎 を患っている高年齢者に良く見受けられるような自己免疫以外のものに起因して大きく広がった萎縮胃炎の結果の一部でもありうる。 悪性貧血 以外のビタミンB12欠乏症の診断は、 巨赤芽球性貧血 の診断の有無によって判定されることになる。[ja.wikipedia.org]

  • 逆流性食道炎

    ページの先頭へ戻る 胃食道逆流症について、おわりに 胃食道逆流症及び逆流食道炎は、生活様式の欧米化により、また萎縮胃炎の減少により、近年急激に増加しており、日本の3人に1人はもっていると考えられる疾患です。高血圧症、糖尿病、気管支喘息、耳鼻科疾患、肥満などとも深く関わっており、胸焼け以外にも様々な症状を訴えます。[keijinkai-hp.net]

  • 萎縮性胃炎

    B型胃炎: ヘリコバクター・ピロリ 感染胃炎 ほとんどの場合の要因である。 所見 [ 編集 ] 「萎縮胃炎」は多くの場合は「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」による変化の一つであり、ほぼ同義として用いられている。 「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」による所見は以下もある。[ja.wikipedia.org] 萎縮胃炎のケースではビタミンB12不足により貧血が起こっており、これは悪性貧血をひきおこす。 最も一般的な原因は、ヘリコバクター・ピロリへの感染と、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)使用によるNSAID潰瘍である。その他の原因には飲酒、喫煙、コカイン、深刻な病気、萎縮胃炎、放射線療法、クローン病がある。[ja.wikipedia.org] 萎縮胃炎 (いしゅくせいいえん、 英 : Atrophic gastritis)とは、 胃 の「慢性胃炎」の状態の多く。 「慢性胃炎」とほぼ同義として用いられる。 定義 [ 編集 ] 胃炎における「萎縮(Atrophy)」とは、 胃底腺 組織の減少と、それにより胃粘膜の菲薄化が生じることである。[ja.wikipedia.org]

  • 卵巣腫瘍

    結果: AICSランクC判定者に対する精密検査結果より,胃がん,乳がん,前立腺がん各1例とともに,肺結節病変,萎縮化生性胃炎,高度異型性結腸腺腫などの多くの前がん状態が発見された.AICSによるがんの発見率は0.38%と,2011年度人間ドック全国集計成績報告の0.26%と比較して高頻度であった.[doi.org]

  • ヘリコバクターピロリ菌

    胃の萎縮の程度が進むと胃がんのリスクも上がる それでは、ヘリコバクター・ピロリ菌感染の後に起こるといわれる萎縮胃炎と胃がんとの関連はどうなのでしょうか。血中のPGで萎縮の程度を判定すると、萎縮胃炎がある人(PG 3 )の胃がんのリスクはない人の3.8倍で、萎縮の程度が進むと胃がんのリスクも上昇することが分かりました(図3)。[epi.ncc.go.jp] Q.萎縮胃炎を認めなくても除菌治療ができますか? A.内視鏡的に萎縮胃炎の所見がなくともピロリ菌感染が陽性の場合は胃粘膜の炎症を伴っていることがほとんどです。特に若年者では萎縮の乏しい慢性胃炎のことが多いです。将来的には萎縮胃炎に発展し、胃癌の発生母地になりますので、除菌治療の適応です。[jsge.or.jp] さらに、胃の萎縮の程度が進むと胃癌リスクも上昇し、ヘリコバクター・ピロリ菌感染陽性でかつ、萎縮胃炎ありのグループでは、陰性で萎縮なしのグループと比較して胃癌の発生リスクは10倍となっている。 ヘリコバクター・ピロリ感染症とビタミンB12欠乏症の直接的な関連があり,除菌により血清ビタミンB12値が正常化することが知られている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状