Create issue ticket

考えれる221県の原因 萎縮性瘢痕

  • 尋常性ざ瘡

    膿瘍,排膿を伴う瘻孔,瘻孔を形成した面皰,ならびにケロイド様および萎縮瘢痕が生じる。背部および胸部が重度に侵される。上肢,腹部,殿部,さらには頭皮まで侵されることがある。 電撃性ざ瘡(acne fulminans) は,発熱を伴って急性発症する潰瘍性のざ瘡で,融合した膿瘍が突然出現して出血性壊死に至るのが特徴である。[msdmanuals.com]

  • 便秘

    診断 全身性強皮症の診断基準:厚生労働省2003年 大基準 手指あるいは足指を超える皮膚硬化 小基準 1) 手指あるいは足指に限局する皮膚硬化 2) 手指先端の陥凹瘢痕あるいは指腹の萎縮 3) 肺基底部の線維症(両側) 4) 抗トポイソメラーゼ抗体(抗Scl70抗体)、抗セントロメア抗体 * 限局性強皮症を除外する * 手指の所見は循環障害[med.osaka-u.ac.jp]

  • 脊柱側弯症

    3.症状 古典型においては、皮膚の脆弱(容易に裂ける、萎縮瘢痕を来す)、関節の脆弱性(柔軟、脱臼しやすい)、血管の脆弱性(内出血しやすい)、心臓弁の逸脱・逆流、上行大動脈拡張を呈する。関節型EDSにおいては、関節の脆弱性が中心(脱臼・亜脱臼、慢性疼痛)である。[nanbyou.or.jp] A.症状 大基準 反復性亜脱臼を伴う重度全身関節過動(※別表2参照)、先天両側股関節脱臼 小基準 皮膚過伸展(※別表1参照)、組織脆弱萎縮瘢痕(※別表1参照)を含む)、 内出血しやすい、筋緊張低下、後側彎、骨密度低下 B.検査所見 生化学所見:I型プロコラーゲンプロセッシングの異常 C.遺伝学的検査 COL1A1 、 COL1A2[nanbyou.or.jp] A.症状 後側彎型EDS: 大基準 皮膚脆弱・皮膚過伸展(※別表1参照)、全身関節弛緩、筋緊張低下、進行側彎、 眼球破裂(強膜脆弱) 小基準 萎縮瘢痕(※別表1参照)、マルファン症候群様の体型、中等度サイズ動脈の破裂、 運動発達遅滞 B.検査所見 生化学所見:尿中リジルピリジノリン/ヒドロキシリジルピリジノリン比上昇 C.遺伝学的検査[nanbyou.or.jp]

  • 良性移動性舌炎

    目次ヘ戻る 声帯溝症(声帯萎縮) 声帯膜様部が萎縮してボリュームが減少するため、発声時に紡錘形の隙間ができてしまうため、気息の嗄声を生じる。膜様部粘膜下組織が萎縮瘢痕化して、粘膜が溝状に陥凹する。高齢の男性に多くみられる。 治療: ①腹式発声がやや有効である。[ueda.ne.jp]

  • エーラース・ダンロス症候群 3型

    ,しかし萎縮瘢痕がより一層古典型EDSを特徴づけている.関節可動性亢進は主たる臨床徴候である.様々な程度の皮膚過伸展や平滑でビロード状の感触のような皮膚異常はみられるが,しかし関節可動亢進をともなう萎縮瘢痕は古典型EDSの診断となる.[grj.umin.jp] 3.症状 古典型においては、皮膚の脆弱(容易に裂ける、萎縮瘢痕を来す)、関節の脆弱性(柔軟、脱臼しやすい)、血管の脆弱性(内出血しやすい)、心臓弁の逸脱・逆流、上行大動脈拡張を呈する。関節型EDSにおいては、関節の脆弱性が中心(脱臼・亜脱臼、慢性疼痛)である。[nanbyou.or.jp] 古典型と同じように皮膚の過伸展と全身の関節の過可動がみられますが、ベルベットのような皮膚の感触があり、萎縮瘢痕を伴わないこと、内出血を起こしやすいことが特徴です。脱臼を伴うことがあり、肩や足首が多いとされています。常染色体劣性遺伝です。[medicalnote.jp]

  • レイノー病

    1.大基準 手指あるいは足趾を越える皮膚硬化※1 2.小基準 (1)手指あるいは足趾に限局する皮膚硬化 (2)手指尖端の陥凹瘢痕、あるいは指腹の萎縮※2 (3)両側肺基底部の線維症 (4)抗トポイソメラーゼ1(Scl-70)抗体または抗セントロメア抗体陽性 3.除外基準 (1)※1 限局性強皮症(いわゆるモルフィア)を除外する (2)※[jpma-nanbyou.com]

  • 血管運動の不安定性

    3.症状 古典型においては、皮膚の脆弱(容易に裂ける、萎縮瘢痕を来す)、関節の脆弱性(柔軟、脱臼しやすい)、血管の脆弱性(内出血しやすい)、心臓弁の逸脱・逆流、上行大動脈拡張を呈する。関節型EDSにおいては、関節の脆弱性が中心(脱臼・亜脱臼、慢性疼痛)である。[nanbyou.or.jp] A.症状 大基準 反復性亜脱臼を伴う重度全身関節過動(※別表2参照)、先天両側股関節脱臼 小基準 皮膚過伸展(※別表1参照)、組織脆弱萎縮瘢痕(※別表1参照)を含む)、 内出血しやすい、筋緊張低下、後側彎、骨密度低下 B.検査所見 生化学所見:I型プロコラーゲンプロセッシングの異常 C.遺伝学的検査 COL1A1 、 COL1A2[nanbyou.or.jp] A.症状 後側彎型EDS: 大基準 皮膚脆弱・皮膚過伸展(※別表1参照)、全身関節弛緩、筋緊張低下、進行側彎、 眼球破裂(強膜脆弱) 小基準 萎縮瘢痕(※別表1参照)、マルファン症候群様の体型、中等度サイズ動脈の破裂、 運動発達遅滞 B.検査所見 生化学所見:尿中リジルピリジノリン/ヒドロキシリジルピリジノリン比上昇 C.遺伝学的検査[nanbyou.or.jp]

  • エーラース・ダンロス症候群 4型

    ,しかし萎縮瘢痕がより一層古典型EDSを特徴づけている.関節可動性亢進は主たる臨床徴候である.様々な程度の皮膚過伸展や平滑でビロード状の感触のような皮膚異常はみられるが,しかし関節可動亢進をともなう萎縮瘢痕は古典型EDSの診断となる.[grj.umin.jp] 3.症状 古典型においては、皮膚の脆弱(容易に裂ける、萎縮瘢痕を来す)、関節の脆弱性(柔軟、脱臼しやすい)、血管の脆弱性(内出血しやすい)、心臓弁の逸脱・逆流、上行大動脈拡張を呈する。関節型EDSにおいては、関節の脆弱性が中心(脱臼・亜脱臼、慢性疼痛)である。[nanbyou.or.jp] 古典型と同じように皮膚の過伸展と全身の関節の過可動がみられますが、ベルベットのような皮膚の感触があり、萎縮瘢痕を伴わないこと、内出血を起こしやすいことが特徴です。脱臼を伴うことがあり、肩や足首が多いとされています。常染色体劣性遺伝です。[medicalnote.jp]

  • 間擦疹

    リウマチ、反復性多発軟骨炎、皮膚アレルギー性血管炎、全身性血管炎、ベーチェット病 など 肉芽腫 サルコイドーシス、顔面播種状粟粒性狼瘡、環状肉芽腫、肉芽腫性口唇炎、血管拡張性肉芽腫、異物肉芽腫 など 物理・化学的皮膚障害 日光皮膚炎、光接触性皮膚炎、光線過敏症、多形日光疹、色素性乾皮症、慢性放射線皮膚炎、熱傷(やけど)、凍瘡、摩擦黒皮症、肥厚瘢痕[sumi-cl.com] 、腁胝(べんち・タコ)、鶏眼(ウオノメ)、職業皮膚障害、老人性皮膚瘙痒症、硬化性萎縮性苔癬(陰門・陰茎萎縮症)、皮膚萎縮線条 など 筋膜の疾患 結節性筋膜炎、好酸球性筋膜炎 など 薬疹 薬剤アレルギー、ステロイド(副腎皮質ホルモン)による皮膚障害 など 水疱症 天疱瘡、類天疱瘡、妊娠性疱疹、家族性良性慢性天疱瘡(ヘイリーヘイリー病)、先天性表皮水疱症[sumi-cl.com]

  • 黒色表皮腫

    治療後の腫瘍は通常壊死の物質を滲出し、その後焼痂を形成、約4週間残存する。皮膚萎縮および肥厚瘢痕が報告されており、運動・知覚神経障害の例もある。[cancerinfo.tri-kobe.org] 治療後の腫瘍は通常壊死の物質を滲出し、その後焼痂を形成、約4週間残存する。皮膚萎縮および肥厚瘢痕が報告されており、運動・知覚神経障害の例もある。 上皮内SCC(ボーエン病)の治療 上皮内 SCC(ボーエン病)の管理は予後良好なSCCと同様である。[cancerinfo.tri-kobe.org]

さらなる症状