Create issue ticket

考えれる9県の原因 菌状息肉症

  • 日光角化症

    皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。[ja.wikipedia.org]

  • 乾癬

    かんせんせいかんせつえん 概要 乾癬性関節炎(かんせんせいかんせつえん)は、皮膚の病気である乾癬に、腫れと痛みを伴う関節炎をが合併した病気です。原因は分かっていません。遺伝する病気ではありませんが、家族集積性といい、血縁関係の方にこの病気の方がいると、発症しやすいといわれています。 日本における乾癬の患者数は2010年の患者データベース研究から50 60万人と推計されています。肥満との関連も報告されており、近年の食事の欧米化により、患者数は増加傾向にあります。関節炎を発症するのは、乾癬の患者さんのうち1 20%程度です。乾癬性関節炎はどの年代にも起こり得ますが、20[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    細胞性リンパ腫/白血病 Adult T-Cell Lymphoma/Leukemia (ATL/L) 未分化大細胞(CD30陽性)リンパ腫 Anaplastic large Cell (CD30 ) Lymphoma ホジキン様/ホジキン関連未分化大細胞リンパ腫 ALCL Hodgkin's-Like/Hodgkin's-related [ja.wikipedia.org]

  • 皮膚癌

    皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。[ja.wikipedia.org]

  • ボーエン病

    皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。[ja.wikipedia.org]

  • リンパ腫

    悪性腫瘍 腫瘍学 ホジキンリンパ腫 非ホジキンリンパ腫 シェーグレン症候群 MALTリンパ腫 マントル細胞リンパ腫 濾胞性リンパ腫 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 血管内大細胞型B細胞性リンパ腫 セザリー症候群 A20/TNFAIP3 CureSearch日本版 悪性リンパ腫の診断、治療、治療終了後について 悪性リンパ腫・血液[ja.wikipedia.org]

  • セザリー症候群

    悪性リンパ腫[ja.wikipedia.org] 皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。[ja.wikipedia.org] と同じく、皮膚T細胞性リンパ腫に属する。本の進行したものと考える説もあるが、が全例セザリー症候群となるわけではない。末梢血中に出現する異常リンパ球はセザリー細胞と呼ばれる。 比較的まれ。50〜60歳以上に好発。 紅皮症、リンパ節腫大、末梢血異型リンパ球の出現がある。これをセザリー症候群の3主徴という。[ja.wikipedia.org]

  • 菌状息肉症

    とは皮膚に原発するCD4陽性T細胞の 悪性リンパ腫 のこと [1] 。皮膚T細胞リンパ腫で頻度は最多である [1] 。 歴史 [ 編集 ] はフランスの皮膚科医Jean-Louis-Marc Alibertにより 1806年 初めて報告された [2] [3] 。[ja.wikipedia.org] は,ホジキンリンパ腫および非ホジキンリンパ腫と比べてまれである。他のほとんどのリンパ腫と異なり,発現は潜行性で,ときに慢性のそう痒性発疹として現れるが,診断が難しい。最初は限局性であるが,進展して皮膚のほとんどに浸潤することがある。病変は局面状であるが,結節または潰瘍になることがある。[msdmanuals.com] 2. 1)とは (MF:Mycosis fungoides)は皮膚T細胞リンパ腫の一種で、年単位で病気が進行する「低悪性度」に分類されます。 2)疫学 悪性リンパ腫全体の中で、発症頻度は非常にまれです。主には成人および高齢者に発症しますが、小児や若年者にみられることもあります。[ganjoho.jp]

  • 魚鱗癬

    ホジキン病・・悪性リンパ腫などの悪性腫瘍、ビタミン欠乏症などの栄養障害、透析患者、甲状腺機能低下などが原因で生じ、遺伝はしない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状