Create issue ticket

考えれる1県の原因 茶色に変色した歯

  • 遺伝性エナメル質形成不全症

    テトラサイクリンによる変色 テトラサイクリン系抗生物質を歯がつくられる時期である、母親の妊娠中から8歳頃までに服用すると、の色が灰色、茶色、暗赤色、暗黄色になることがあります。特に光が当たると、変色は目立ちます。テトラサイクリン系抗生物質の生産は1965年から1970年が最も多く、この頃は風邪薬として頻繁に使用されていました。[sandiegotown.com]

さらなる症状