Create issue ticket

考えれる29県の原因 花粉症

  • 食品アレルギー

    花粉の季節に悪化する場合は口腔アレルギー症候群の可能性がある。特に成人の場合は可能性が高い。 アナフィラキシーショックを起こした場合はアナフィラキシーショックの治療を行う。魚介類、ナッツ、ピーナッツ、ソバは重篤なアナフィラキシーを起こすことが多いことが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 花粉症

    アレルギー性鼻炎には通年性と季節性があり、後者の代表的なものに花粉がある。空気が乾燥する季節に限って、鼻炎を起こすケースもある。 やや狭義および一般市民の間で用いられる意味でアレルギー性鼻炎と言った場合、通年性のアレルギー性鼻炎を指すことが多い。通年性アレルギー性鼻炎の代表的なものは、ダニによる鼻炎である。[ja.wikipedia.org]

  • アレルギー性鼻炎

    アレルギー性鼻炎には通年性と季節性があり、後者の代表的なものに花粉がある。空気が乾燥する季節に限って、鼻炎を起こすケースもある。 やや狭義および一般市民の間で用いられる意味でアレルギー性鼻炎と言った場合、通年性のアレルギー性鼻炎を指すことが多い。通年性アレルギー性鼻炎の代表的なものは、ダニによる鼻炎である。[ja.wikipedia.org]

  • 過敏症

    環境が清潔すぎると、アレルギー疾患が増えるという衛生仮説は非常に話題となっていたが、それを裏付ける形で2004年にドイツを中心とする医科学チームの研究により乳幼児期におけるエンドトキシンの曝露量が、以後の花粉やぜんそくの発症に密接に関係していることが明らかにされた。[ja.wikipedia.org] 大久保 公裕(日本医科大学耳鼻咽喉科) 花粉をはじめとするアレルギー性鼻炎はI型アレルギーの典型的な疾患であり,生活習慣病としての慢性疾患でもある.治癒が難しいかわりに,重症化してもQOLの低下を生じるのみである.鼻アレルギー診療ガイドラインにおける治療のコントロールが目標であるが,理想的な最も治癒に近い治療方法は抗原特異的免疫療法(SCIT[web.archive.org] 代表的な疾患としては アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉)、アレルギー性結膜炎、 アレルギー性胃腸炎、気管支喘息、小児喘息、食物アレルギー、薬物アレルギー、蕁麻疹があげられる。また、最近になって柑橘類の匂いや、ガムなどの香料の匂い程度で喘息、顔面紅潮などの1型アレルギー症状を示す病態が注目されている。[ja.wikipedia.org]

  • 副鼻腔炎

    副鼻腔炎(ふくびくうえん、Sinusitis)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎(ARS)、12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎(CRS)と定義される。 原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分はウイルス感染症である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞性線維症、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。[…][ja.wikipedia.org]

  • アトピー
  • 結膜炎

    増えているアレルギー性結膜疾患 アレルギー性結膜疾患のなかでも花粉、とりわけ春先に生じるスギ花粉は、毎年非常に多数の方が発症します。花粉の目の症状を花粉性アレルギー性結膜炎と特に呼んでいますが、アレルギー性結膜疾患の患者さんの約85%は花粉性アレルギー性結膜炎と推定されています。[nichigan.or.jp] 花粉の原因はスギだけではなく、カモガヤなどのイネ科の雑草や、ヨモギ、ブダクサ、ヒノキなどによる花粉もあり、一年中を通して何らかの花粉が空中を飛んでいることも事実です。アレルギー性結膜疾患にはそのほかに、アトピー性角結膜炎、春季カタル、巨大乳頭性結膜炎という3つの疾患が含まれています。[nichigan.or.jp] アレルギー性結膜疾患の予防 花粉の場合は、症状の出現しやすい季節にできるだけ花粉と接しないように工夫することが重要です。ゴーグル型の眼鏡や花粉防止用のマスクの着用が最も効果的です。花粉が飛びやすい日は外出や洗濯物などを外に干すことを避けたり、外出から帰宅したときには服についた花粉を十分に落とすようにしましょう。[nichigan.or.jp]

  • エンテロコッカス属

    花粉などのアレルギー症状が軽減されるという研究報告もある。 大腸は、そもそも腸内細菌の活動による発酵産物である酪酸などの短鎖脂肪酸を主としたエネルギー源として活動している。 デーデルライン桿菌とは、思春期以降の健康な女性の膣内に生息する多数のグラム陽性桿菌である。この名称は発見者のアルベルト・デーデルラインにちなんで付けられた。[ja.wikipedia.org]

  • 円形脱毛症

    また、体内に他のアレルギー症状がある場合、例えば花粉では花粉シーズンには花粉が酷くなる一方で円形脱毛症が治癒したりするなどアレルギー同士が相互に関与していると思わせる症例も多く見られる。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    花粉も身体にとっては、まさしく異物で、異物だからこそ免疫が働き、人によっては過剰に反応する。悩ましい花粉も、実は免疫によって引き起こされるんです。 それにしても、「なぜ、ダチョウなの?」って思いませんか。 従来、インフルエンザの抗体はニワトリやウサギ、マウスなどからつくられてきました。しかし、とても高い。1gあたり数億円もします。[s-park.wao.ne.jp] フロントランナーvol.28 世界最大の鳥・ダチョウがつくり出した インフルエンザ・花粉を撃退する“夢の抗体” 京都府立大学生命環境学部 教授 塚本 康浩 1968年大阪府生まれ。獣医師、獣医学博士。大阪府立大学農学部・大学院修了後、98年に同大学助手に就任。[s-park.wao.ne.jp] インフルエンザにとどまらず花粉・アトピーにも インフルエンザの季節がやってきた。しかし、そう遠くない将来、「インフルエンザが脅威ではなくなる日」が来るかもしれない――。京都府立大学の塚本教授は、ダチョウの卵でインフルエンザなどのウイルス抗体をつくる技術を開発。[s-park.wao.ne.jp]

さらなる症状