Create issue ticket

考えれる35県の原因 色素過剰斑

  • 日光角化症

    日光角化症は、紫外線に長期に晒され続けた挙句の、癌の一歩手前(前癌状態)ではなく、癌になりかけ(有棘細胞癌の早期病変)です。 しかしながら、実はその周辺皮膚も、臨床的に病変が確認出来なくても、微小病変や早期病変が多数存在している可能性があり、”広域発癌(field cancerization)”の状態になっていると推測されます。 従って、日光角化症の治療は、病変周囲を含めて治療を行う”フィールド治療”が主流となっており、従来の凍結療法や外科切除と併用して、イミキモド(べセルナクリーム)による外用療法を行う症例が増えています。 紫外線は良くない。シワになる。シミが出来る。そして、癌にもなる。[…][bihadahime.com]

  • 接触性皮膚炎

    日常生活から考えられる原因 1 刺激や毒性のあるものによって起こるかぶれ 触れたものの強い刺激や毒性によって起こり、その物質に触れれば誰でもかぶれる可能性があります。強い酸・アルカリなどの化学物質が含まれている洗剤・髪染料・毛虫の毛や昆虫の毒などが原因で起こります。 2 アレルギーによって起こるかぶれ 特定の物質に過敏に反応する人にだけ起こるアレルギー反応によって、かぶれる場合があります。[…][takeda-kenko.jp]

  • 尋常性白斑

    神経分節型 後天性で、思春期などにおける精神の不安定さがある若年者、またはストレスや皮膚への過剰な刺激を受けた直後に多く発症し、皮膚分節に一致して脱色素が出現する。皮膚分節を超えて拡大することはない。体の片側だけに出現することが多い。局所の 自律神経 障害が原因であるが、正確なことはわかっていない。メラノサイトは完全に死滅していない。[ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 神経線維腫症 1型

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年7月 ) 神経線維腫症1型 (しんけいせんいしゅしょう1がた、 英 : Neurofibromatosis type 1 ; NF1 )は、脳神経系に 腫瘍 を生じさせる 遺伝子疾患 。19世紀にこの病気について報告したドイツの学者レックリングハウゼン(Recklinghausen)に由来して、 レックリングハウゼン病 、もしくは レックリングハウゼン氏病 とも呼ばれる。 概要 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 色素性乾皮症

    色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう、xeroderma pigmentosum)は常染色体劣性遺伝性の光線過敏性皮膚疾患である。英語名の頭文字からXPと省略して呼ばれることもある。 一般に紫外線 (UV) には、細胞内の遺伝子である遺伝子を損傷する作用がある。遺伝子に損傷を受けると、その細胞はがん細胞となる可能性が高まる。 また、真夏の直射日光など紫外線を大量に含む光線に晒された場合、遺伝子が損傷を受けるだけでなく、細胞そのものが障害を受け、細胞死に至り、水疱等の火傷のような症状を示すことがあり、これを日焼けという。[…][ja.wikipedia.org]

  • 菌状息肉症

    菌状息肉症 とは皮膚に原発するCD4陽性T細胞の 悪性リンパ腫 のこと [1] 。皮膚T細胞リンパ腫で頻度は最多である [1] 。 歴史 [ 編集 ] 菌状息肉症はフランスの皮膚科医Jean-Louis-Marc Alibertにより 1806年 初めて報告された [2] [3] 。菌状息肉症という病名は誤解からつけられたものであり、「マッシュルームのような真菌症」という意味でつけられた。しかし、実際は真菌症ではなく、非ホジキン性リンパ腫の一つである。Alibertがマッシュルーム形状の重症皮膚腫瘍をこのような名前で報告したため、この名前がついた [4] 。 頻度 [ 編集 ] 中高年に多い[…][ja.wikipedia.org]

  • カポジ肉腫

    カポジ肉腫(―にくしゅ、英: Kaposi's sarcoma)は、ヘルペスウイルス科のウイルスの一種によって引き起こされる肉腫。エイズ患者の末期に発症することで知られている。 1872年に皮膚病変肉腫としてハンガリーの医師モーリッツ・カポジ (w:Móric Kaposi) が報告した。これ以降、この病気は珍しい皮膚癌の一つとして位置付けられていた。 1994年にエイズ患者からヒトヘルペスウイルス8が発見される。 免疫力の極度に低下したヒトの血管内皮細胞に、ヒトヘルペスウイルス8(HHV-8:human herpesvirus 8、別名:カポジ肉腫関連ヘルペスウイルス[…][ja.wikipedia.org]

  • 黒色表皮腫

    色素性母 メラニン色素産生細胞の過誤腫(ある組織や細胞の構成細胞が過剰に増殖して腫瘤をつくることがあります。構成が異常である細胞群が特別に増殖し、腫瘤を形成したもの)的増殖によるものです。悪性黒色腫・血管腫との鑑別が必要です。 処置:摘出が望ましい。とくに口腔内の色素性母斑は、悪性化を考えて摘出します。[jsoms.or.jp]

  • 新生児失血性貧血

    色素性母/目の異常/新生児一過性熱/保温過剰 未熟児・過熟児 未熟児と低出生体重児/未熟児の呼吸器障害/未熟児網膜症/出血性の病気/未熟児貧血/未熟児黄疸/過熟児 先天異常 遺伝子病 軟骨異栄養症 仮性肥大型進行性筋ジストロフィー/先天代謝異常 フェニールケトン尿症 先天性甲状腺機能低下症/染色体異常/胎芽病/胎児病/先天性疾患 口唇裂・[fujinnotomo.co.jp] 憤怒けいれん/チック/愛情欠乏症/児童虐待 揺さぶられっ子症候群/その他の異常 新生児の病気と先天異常 新生児の特徴と病気 新生児の特徴/分娩損傷 産瘤 頭血腫 帽状腱膜下出血 骨折 神経の損傷/新生児メレナ/黄疸 新生児黄疸 血液型不適合による黄疸 母乳黄疸などの遷延性黄疸/臍肉芽腫/あざ 蒙古斑 単純性血管腫 苺状血管腫 新生児中毒症紅 [fujinnotomo.co.jp]

さらなる症状

類似した症状