Create issue ticket

考えれる109県の原因 色素移動

  • ビタミンD欠乏症

    しかし、近年は移動が盛んになり、高緯度地方に住む黒人ではビタミンD欠乏症、低緯度地方に住む白人で皮膚がんが多発するなどの問題が起こっています。[bonyu.or.jp] 人類はその生活する場所での日照の時間や強度に応じて、皮膚や頭髪の色素の量がビタミンDの産生量や皮膚障害への抵抗性が最適になるように、日照の強い赤道付近の低緯度地方では黒い肌に黒い縮れた頭髪、日照時間が少ない北極に近い高緯度地方では白い肌に金髪、そして中緯度地方に暮らす私達は季節に合わせて皮膚の色素の量を調節する能力を進化の過程で身に付けてきました[bonyu.or.jp]

  • 胆石症

    大半の胆石が胆嚢内で形成されるが,褐色色素結石は胆管内で形成される。胆石は胆嚢摘出後に胆管へ移動したり,特に褐色色素結石の場合は,うっ滞や感染の結果として生じた狭窄部で発生することがある。 症状と徴候 胆石患者の約80%は無症状である。残りの患者では,胆嚢炎に特徴的な疼痛(胆道仙痛)から,生命を脅かす胆管炎まで幅広い症状がみられる。[msdmanuals.com]

  • 心房細動

    [3]神経堤細胞 脊椎動物にみられる細胞で、胚発生の過程で背側から胚体内の各所へ移動し、頭部骨格、全身の末梢神経細胞、色素細胞、内分泌器官構成細胞など、多様な細胞のもととなる。 [4]心房細動ゲノム解析研究コンソーシアム(AFGen consortium) 心房細動の遺伝的基盤を網羅的に検討する目的で結成された国際コンソーシアム。[amed.go.jp]

  • 内側性硬化症

    大症状 血管線維腫(3個以上)または頭部の結合識よりなる局面 心臓横紋筋腫 大脳皮質の異形成(大脳皮質結節・放射状大脳白質神経細胞移動線を含める) 低色素斑(3個以上, 直径5mm以上) リンパ脈管筋腫症(LAM)(*注を参照) 多発性の網膜過誤腫 腎血管筋脂肪腫(*注を参照) シャグリンパッチ 脳室上衣下巨大細胞性星状細胞腫(SEGA)[grj.umin.jp]

  • 胆石症

    大半の胆石が胆嚢内で形成されるが,褐色色素結石は胆管内で形成される。胆石は胆嚢摘出後に胆管へ移動したり,特に褐色色素結石の場合は,うっ滞や感染の結果として生じた狭窄部で発生することがある。 症状と徴候 胆石患者の約80%は無症状である。残りの患者では,胆嚢炎に特徴的な疼痛(胆道仙痛)から,生命を脅かす胆管炎まで幅広い症状がみられる。[msdmanuals.com]

  • 胆管炎

    結石には以下のものがある: 原発性結石(通常は褐色色素結石),胆管内で形成される 続発性結石(通常はコレステロール結石),胆嚢内で形成されるが胆管内に移動する 遺残結石,胆嚢摘出時に見逃されたもの(3年以内に明らかとなる) 再発結石,術後3年以上経過した後に胆管内に発生する 先進国では,総胆管結石の85%以上が続発性であり,これらの患者には[msdmanuals.com]

  • 結膜炎

    霰粒腫 新生児涙嚢炎 結膜の病気 アレルギー性結膜疾患 ウイルス性結膜炎 翼状片 角膜の病気 角膜感染症 角膜内皮障害 水晶体の病気 白内障 ぶどう膜の病気 ぶどう膜炎 ベーチェット病 サルコイドーシス 感染性眼内炎 フォークト―小柳―原田病 網膜・硝子体の病気 糖尿病網膜症 網膜剥離 網膜静脈閉塞 中心性漿液性脈絡網膜症 加齢黄斑変性 網膜色素変性[nichigan.or.jp] 加齢黄斑変性のiPS臨床研究(理化学研究所・先端医療振興財団のページへ移動) 緑内障 緑内障 視神経の病気 視神経症 目の外傷 化学眼外傷 その他 近視・遠視・乱視 老視 屈折矯正手術 ドライアイ コンタクトレンズ障害 先天色覚異常 大人の斜視 子供の斜視 眼精疲労 飛蚊症 眼瞼けいれんと顔面けいれん 眼瞼下垂 甲状腺眼症 複視 眼内リンパ[nichigan.or.jp]

  • 皮膚の扁平上皮癌

    基底細胞層は1層の細胞層で、この細胞が分裂して有棘細胞層 顆粒層 角質層と上方へ移動します。また、基底層にはところどころメラノサイトがあり、メラニン色素を産生します。 有棘層は数層の細胞からなり表皮の大部分を占めます。 真皮はコラーゲンなどの繊維組織からなり、微小な血管網、神経を有しています。[skincancer.jp]

  • 高拍出性心不全

    動静脈瘻は,動脈不全の症候(例,動脈血流の減少ないし虚血による潰瘍)を引き起こす場合と,侵された静脈に高圧の動脈血が流入することで生じる慢性静脈不全症の症候(例,末梢浮腫,下肢静脈瘤,うっ滞による色素沈着)を引き起こす場合がある。静脈系から動脈系へと塞栓(例,潰瘍を引き起こす)が移動することがあるが,圧の差からこの可能性は低い。[msdmanuals.com]

  • 遺伝性腎細胞癌

    造影色素を静脈に注入します。造影色素が腎臓、尿管膀胱に移動して、その場所に腫瘍があるとX腺で見ることができます。 超音波検査: 高エネルギー音波(超音波)を体内組織または器官に反射させ、そのエコーをつくる方法です。エコーからソノグラフと呼ばれる体内組織の像が撮影されます。[imic.or.jp]

さらなる症状