Create issue ticket

考えれる27県の原因 色素不足皮膚

  • 尋常性白斑

    尋常性白斑 (じんじょうせいはくはん、別名:しろなまず(白癜)、 英 : vitiligo vulgaris )は、 皮膚 色素をつくる部位の損失を不規則に引き起こす、慢性的な皮膚疾患である。後天性疾患であるが、環境的要因で稀に生じる可能性がある。 マイケル・ジャクソン もこの病気を患っており、長らく偏見報道に悩まされていた。皮肉にも彼の病が公的に証明されたのは死後の司法解剖であった [1] 。 概要 [ 編集 ] 原因は不明な部分が多い。研究の結果、 遺伝 、 自己免疫疾患 、環境要因の組み合わせにより引き起こされると示唆されている。皮膚の色を構成する メラニン を生成する メラノサイト[…][ja.wikipedia.org]

  • 結節性硬化症

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 結節性硬化症とは 結節 性硬化症は全身の疾患で、皮膚、神経系、腎、肺、骨などいろいろなところに 過誤腫 と呼ばれる良性の腫瘍や過誤組織と呼ばれる 先天性 の病変ができる病気です。以前は皮膚と神経系の症状が主であると考えられ、皮膚にあざの様な症状(母斑)が出ることから、 神経皮膚症候群[…][nanbyou.or.jp]

  • 高フェニルアラニン血症
  • フェニルケトン尿症

    フェニルケトン尿症 (ふぇにるけとんにょうしょう、英: Phenylketonuria) とは、先天的な酵素(または補酵素)の異常によって、フェニルアラニンの代謝が阻害され起こる疾病である。頭字語のPKUで呼ばれることもある。 フェニルアラニンヒドロキシラーゼの反応(フェニルアラニンからチロシンが生じる反応)における酵素または補酵素の機能的欠損によるフェニルアラニンの蓄積とその副産物の生成が原因で起こり、早期に適切な治療を行わない場合、発達遅延などの神経症状を発症する。[…][ja.wikipedia.org]

  • プラダー・ウィリー症候群

    プラダー・ウィリー症候群(プラダー・ウィリーしょうこうぐん、Prader-Willi syndrome、PWS)は、筋緊張低下(Hypotonia)、性腺発育不全(Hypogonadism)、知的障害(Hypomentia)、肥満(Obesity)を四徴とする症候群。四徴の頭文字をとってHHHO症候群ともいう。およそ15,000人に一人が発症すると言われている。 1956年にスイスのアンドレア・プラダー、ハインリッヒ・ウィリー、アレクシス・ラプハルト、グイド・ファンコーニによって発見された。病名は主な研究者であった、プラダーとウィリーに因んでいる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 口唇ヘルペス

    また、ビタミンAは目が光を感じるのに必要な網膜の色素ロドプシンの主成分です。暗いところで光を感じる力に関与します。不足すると皮膚や呼吸器の粘膜が弱くなり、感染症にかかりやすくなります。また、暗いところで目が見えにくくなり、ひどくなると夜盲症になります。子供では成長障害を起こします。[natumedica.jp]

  • うっ滞性皮膚炎

    血液がうっ滞すると、血管から皮膚への酸素や栄養の供給が不足し、皮膚炎や色素沈着などの症状が出ると考えられています。 症状の現れ方 長い時間立っていた日やよく歩いた日の夜に膝下がむくみ、翌朝には軽くなるという症状がまず現れます。むくみを繰り返していると、その部位の皮膚は光沢を帯び、褐色の色素沈着が現れます。[medical.itp.ne.jp] また、血管から皮膚への酸素や栄養の供給が不足して炎症や色素沈着が起こります。中年以降の女性に多い傾向があります。 症状 まず、長時間の立ち仕事の後や、よく歩いた後に膝下のむくみ(浮腫)が生じ、休むと軽減するといったことを繰り返しやすくなります。[medicalnote.jp]

  • 先天性隔離ACTH欠乏

    21水酸化酵素欠損症、リポイド副腎過形成などの鉱質コルチコイドが不足する疾患では、塩喪失に伴う低血圧、ショックなどの症状がみられる。またACTH過剰による症状として皮膚色素沈着もみられる。また、リポイド副腎過形成、17α-水酸化酵素活性低下症では、性ホルモンが不足することから、男女とも性腺機能不全症を認める。[nanbyou.or.jp]

  • 静脈うっ血潰瘍

    静脈がうっ滞することにより皮膚の栄養障害や酸素不足が起こり、下腿に病変が生じることがあります(静脈うっ滞症候群)。色素沈着や皮膚の硬化だけでなく潰瘍も出現して治りにくい疾患です。病変は、足関節よりも上で下腿の下1/3に限局して存在するという特長があります。静脈うっ滞症候群が生じる原因には下肢静脈瘤と深部静脈血栓症があります 【症例3】 。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 眼球振盪

    メラニンは色素細胞の中にあり、色素細胞は皮膚、体毛、髪の毛、眼に多く存在します。(看護師) 』 『 眼の中の虹彩、網膜、脈絡膜の色素不足していると、光をうまく感じ取ることができないため、視力が弱かったり、眼が左右に揺れる眼球振盪が出たりします。[news.infoseek.co.jp] からだのすべての色素不足している場合には眼皮膚白子症、眼だけ不足している場合には眼白子症と言います。 原因 原因は、メラニン色素を作る遺伝子が働いていないためで、病因となる遺伝子の解明が進んでいます。 眼皮膚白子症は原因遺伝子によりI型?IV型に分かれていて、性別に関係なく発生します。[japo-web.jp]

さらなる症状