Create issue ticket

考えれる141県の原因 良性疾患が考えられる

  • トランスコバラミン 1 欠乏

    DPC Web辞書 DPC分類一覧(2016/17年度) MDC06 060090xx99xx0x DPC Web辞書 DPC傷病名一覧(2016/17年度) 傷病名コード:060090のツリー図・定義 060090xx99xx0x 2016/17年度 定義 DPCコード DPC名称:「胃の良性腫瘍 手術なし 定義副傷病名なし」 1.傷病名 [060090]:胃の良性腫瘍 2.病態等 [x]: 3.年齢出生時体重等 [x]: 4.手術 [99]:手術なし 5.手術・処置等1 [x]: 6.手術・処置等2 [x]: 7.定義副傷病名 [0]:なし 8.重症度等 [x]:[…][bone.jp]

  • 皮膚感染症

    病理学的な検討を加えることで、母斑(いわゆる「ほくろ」など)、良性腫瘍、悪性腫瘍、前癌状態だけで100種類以上の疾患名を区別していますので、一般に考えられている以上に専門性の高い領域かと思われます。 また、入院実績の多い代表的疾患を以下にお示しいたします。[keisatsubyoin.or.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    古典的には尿道に近い内腺とよばれる部分から発生する良性の腫瘍 (しゅよう) と考えられていたが、現在では前立腺の内腺とか外腺という概念は解剖学的にも生理学的にも存在せず、膀胱頸部 (ぼうこうけいぶ) 下腺の異常増殖症と解釈されている。[kotobank.jp] 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 前立腺肥大症 ぜんりつせんひだいしょう 男性の 加齢 とともに前立腺が肥大し、排尿障害をおこす疾患[kotobank.jp]

  • 松果体嚢胞

    従って、ひとくちに"脳腫瘍"といっても、神経膠芽腫、悪性リンパ腫、転移性脳腫瘍などの悪性腫瘍から、髄膜腫、神経鞘腫、下垂体腺腫などの良性腫瘍まで、対象となる疾患は幅が広く、その性質は全く異なります。[azabunougeka.or.jp] 中には、幼少児期よりあったと考えられる、くも膜嚢胞やラトケ嚢胞、松果体嚢胞など、本当は"腫瘍" ではないものまで、"脳腫瘍"と言われてしまうことさえあるのです。"脳腫瘍"イコール不治の病ではありません。[azabunougeka.or.jp]

  • 間擦疹

    浅野善英 33 若い女性の光線過敏症をみたときに考えるべきことは? /錦織千佳子 34 女性に多い皮膚良性腫瘍は? /門野岳史 35 女性の外陰部にみられる皮膚疾患にはどう対処する? /門野岳史 36 女性が気にする腋臭症にはどう対処する? /嵯峨賢次 37 腋窩の化膿性汗腺炎にはどう対処する?[shindan.co.jp]

  • 内分泌機能不全

    しかし頭蓋咽頭腫は手術操作の難しい脳の最深部に位置し、周りの組織と強く癒着していることが多いため、合併症をできるだけ少なくしつつ腫瘍の全摘出を行わなければならないという点で、術者の技量が最も問われる疾患の一つです。残存した腫瘍は再増大(再発)することが多く、良性腫瘍でありながら治癒困難な脳腫瘍と考えられています。[twmu.ac.jp]

  • 後下小脳動脈閉塞

    急性冠症候群が疑われる患者の約 2%が本疾患である。 発症メカニズムは未解明だが,過剰な交感神経活性が主体と考えられている。[zutukomakusa.html.tv] これまで良性経過を辿るとされてきたが、近年の報告では、院内死亡率5%、心原性ショック10%、心室細動3%、血栓塞栓症1%と、急性心筋梗塞のそれと変わらないことが示され、慎重な経過観察と患者の状態に応じた治療が求められる。 どうでしょうか、RCVSの特徴と似ていませんか。[zutukomakusa.html.tv]

  • 乳房の悪性新生物

    対象疾患 良性疾患 症状 乳房痛、乳汁分泌、炎症 など 可能性のある病名 乳腺症、乳腺炎、乳頭異常分泌症 など 検査法 マンモグラフィー、超音波、MRI、細胞診、組織診 など 腫瘤性病変 症状 しこりを自覚、健診で指摘、皮膚のひきつれ など 可能性のある病名 乳腺症、良性腫瘤、葉状腫瘍、乳癌 など 検査法 マンモグラフィー、超音波、MRI、[city.kawasaki.jp] 近隣に乳腺専門施設が少ない立地を生かし、より地域に根付いた乳癌診療を行っていきたいと考えております。[city.kawasaki.jp]

  • 乳房ページェット病

    現在までページェット病特有のリスク因子は同定されていないが、医師らは浸潤性乳癌および乳管内癌がリスク因子ではないかと考えている。 ページェット病の症状を呈した患者は、良性疾患のように見える初期段階では局所ステロイド薬を処方されることもある。[cancerit.jp]

  • 乳房パジェット病

    現在までページェット病特有のリスク因子は同定されていないが、医師らは浸潤性乳癌および乳管内癌がリスク因子ではないかと考えている。 ページェット病の症状を呈した患者は、良性疾患のように見える初期段階では局所ステロイド薬を処方されることもある。[cancerit.jp]

さらなる症状