Create issue ticket

考えれる11県の原因 舌麻痺

  • 筋萎縮性側索硬化症

    古典的ALSの臨床像 典型的な場合は一側上肢遠位部の手内筋の筋力低下からはじまり、筋力低下や筋萎縮はやがて多肢におよび、近位筋やにも広がって最終的には四肢麻痺の状態にひろがる。上位ニューロン障害と下位ニューロン障害が解剖学的に独立に進行するため、運動症状の経過は多様性に富む。[ja.wikipedia.org] 脳神経の障害で構音障害・嚥下障害・萎縮(球麻痺)が現れる。腱反射は低下する。典型例では下位ニューロンの障害が上位ニューロンの障害よりも先に、しかも強く現れる。上位ニューロンの障害による徴候 四肢の筋萎縮(上肢よりも下肢に顕著)、球麻痺、強制号泣・強制失笑、腱反射・下顎反射亢進などである。[ja.wikipedia.org]

  • シアン配糖体
  • ゲルセミウム中毒
  • ボツリヌス中毒
  • 延髄灰白髄炎
  • リステリア症

    突然の発熱、よだれ、角膜混濁等と共に神経症状として、 脳炎 、麻痺、旋回運動、斜頸、旋回運動、咽頭麻痺、昏睡などの症状をみる。眼球の乾燥や白濁も現れる場合がある。 初期 音に鋭敏。運動を嫌がる。 中期 平衡感覚の失調から、旋回運動。斜頸、水様の流涎。咽喉頭麻痺麻痺による嚥下困難から食欲があっても採食できない。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性日常性頭痛

    前兆を伴うタイプもあり、視覚暗点・閃輝暗点(ギラギラ輝く歯車のようなものが見える)・一過性半盲(視界の一部が一時的に欠けて見えなくなる)・片麻痺・片側性感覚障害(痛みと半盲の出ている側の手の痺れ)・言語障害(のもつれ)などが前兆としてみられる。 睡眠で軽快することが多いが、起床で始まることも多い。[ja.wikipedia.org]

  • ベル麻痺

    また中耳にあるアブミ骨筋を支配したり、の前3分の2の味覚を伝達したりしている。 ベル麻痺あるいは顔面麻痺の特徴は障害された側の顔面が垂れ下がることである。これは顔面筋を支配している顔面神経の運動機能の機能不全が原因であり、この麻痺は核下性(下位運動ニューロン型)の麻痺である。[ja.wikipedia.org]

  • アミロイドーシス

    この病気ではどのような症状がおきますか 全身性アミロイドーシスでは、心臓の障害(心不全や不整脈)、腎臓の障害(ネフローゼ症候群や腎不全)、胃腸の障害、 末梢神経 や自律神経の障害(手足のしびれ、麻痺、立ちくらみ、排尿の異常、便秘、下痢)などがしばしばみられ、、甲状腺、肝臓が腫れることもあります。[nanbyou.or.jp]

  • 延髄外側症候群

    鑑別 [ 編集 ] 延髄内側症候群(Dejerine症候群) 下神経 麻痺 がないこと、 錐体路 障害が無いことから鑑別できる。 関連項目 [ 編集 ] 神経学 脳神経外科学 診療科 [ 編集 ] 神経内科 脳神経外科[ja.wikipedia.org] 麻痺 ( 嚥下障害 、構音障害、 嗄声 ) カーテン徴候 これらは 疑核 (咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)運動核)の障害による。 味覚 障害 孤束核 (舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)感覚核)の障害による。 上下肢の 小脳 症状 下小脳脚 の障害による。 ホルネル症候群 交感神経下行路の障害による。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状