Create issue ticket

考えれる26県の原因 舌点状出血

  • 慢性特発性血小板減少性紫斑病

    JMACCT試験ID JMA-IIA00070 最終情報更新日: 2014年5月31日 登録日:2011年08月12日 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 特発性血小板減少性紫斑病 試験開始日(予定日) 2011-10-20 目標症例数 24 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 介入 試験の内容 試験の目的 慢性特発性血小板減少性紫斑病(ITP)患者を対象として、リツキシマブの有効性と安全性を検討する。 介入 介入の名称: リツキシマブ 医薬品の剤型/医療機器の一般的名称: 注射剤(用時溶解のもの、経中心静脈栄養剤を含む) 投与経路/適用部位: 静脈内点滴 投与量/使用量: 375mg/m2/kg[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 特発性血小板減少性紫斑病(指定難病63) とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 「 特発性血小板減少性紫斑病 」とは 特発性血小板減少性紫斑病(Idiopathic thrombocytopenic[…][nanbyou.or.jp]

  • 咽頭炎

    咽頭壁は浮腫で扁桃は浸出を伴い、軟口蓋の小出血あるいは苺 (写真1) がみられることがある。 猩紅熱の場合、発熱開始後12 〜24 時間すると紅斑様、日焼け様の皮疹が出現する (写真2) 。針頭大の皮疹により、 皮膚に紙ヤスリ様の手触りを与える(sandpaper rash )ことがある。[niid.go.jp] 特殊な病型として猩紅熱があり、軟口蓋の小出血あるいは苺がみられることがあります。合併症として、肺炎、髄膜炎、敗血症などの化膿性疾患、あるいはリウマチ熱、急性糸球体腎炎などの非化膿性疾患を生ずることもあります。[kenkou.pref.mie.jp] また、上あごに赤い小さな斑点や出血がみられたり、苺(舌に赤いプツプツができる)になったりします。 熱は約3 5日程度で下がり、発症から約1週間で症状は軽快します。重症化した場合は、全身に発赤が出る猩紅熱(しょうこうねつ)をおこすことがあります。 治療が不十分だと合併症をおこす可能性が! 症状が治まった後も数日間は薬を飲む。[influlab.jp]

  • レンサ球菌感染

    咽頭は浮腫で扁桃は赤く、軟口蓋(口腔上部)の小出血あるいは苺がみられることがあります。 治療には抗生剤が有効です。リウマチ熱、急性糸球体腎炎など非化膿性の合併症予防のために、抗生剤の種類により少なくとも5-10日間は確実に投与することが必要と言われています。[hotarugawa-clinic-toyama.com] 咽頭壁は浮腫で扁桃は浸出を伴い、軟口蓋の小出血あるいは苺 (写真1) がみられることがある。 猩紅熱の場合、発熱開始後12 〜24 時間すると紅斑様、日焼け様の皮疹が出現する (写真2) 。針頭大の皮疹により、 皮膚に紙ヤスリ様の手触りを与える(sandpaper rash )ことがある。[niid.go.jp] また、上あごに赤い小さな斑点や出血がみられたり、苺(舌に赤いプツプツができる)になったりします。 熱は約3 5日程度で下がり、発症から約1週間で症状は軽快します。重症化した場合は、全身に発赤が出る猩紅熱(しょうこうねつ)をおこすことがあります。 治療が不十分だと合併症をおこす可能性が! 症状が治まった後も数日間は薬を飲む。[influlab.jp]

  • 急性呼吸器感染症

    軟口蓋は強い発赤、小出血、小濾胞(細かいブツブツ)、約40%でが真っ赤(苺舌)になります。 迅速診断キットによってウイルス性咽頭炎と鑑別します。 治療は 、アモキシシリン(AMPC)などペニシリン系抗菌薬を10日間内服します。[koshii-c.sakura.ne.jp]

  • 化膿レンサ球菌

    咽頭は浮腫で扁桃は浸出を伴い、軟口蓋の小出血あるいは 苺 がみられることがある。 猩紅熱 の場合、発熱開始後12 〜24時間で紅斑様、日焼け様の皮疹が出現。針頭大の皮疹により、 皮膚に紙ヤスリ様の手触りを与える(sandpaper rash )ことがある。[kunichika-naika.com] 咽頭壁は浮腫で扁桃は浸出を伴い、軟口蓋の小出血あるいは苺 (写真1) がみられることがある。 猩紅熱の場合、発熱開始後12 〜24 時間すると紅斑様、日焼け様の皮疹が出現する (写真2) 。針頭大の皮疹により、 皮膚に紙ヤスリ様の手触りを与える(sandpaper rash )ことがある。[niid.go.jp]

  • ウイルス性発疹

    その特徴は、発熱と強い咽頭痛、嚥下困難、そして咽頭や扁桃の強い発赤、出血、それに赤いぶつぶつ状をした苺状のです。最近では、A群溶連菌感染症が疑われたときには、病巣を擦ってとった検体を用いるストレップテストと呼ばれる迅速検査により、短い時間で容易にその感染を確認できるようになりました。[xn--t8jc1gte2ja3lpcxp4570auyya6v8e.com]

  • 肺炎レンサ球菌

    特殊な病型として猩紅熱があり、軟口蓋の小出血あるいは苺がみられることがあります。合併症として、肺炎、髄膜炎、敗血症などの化膿性疾患、あるいはリウマチ熱、急性糸球体腎炎などの非化膿性疾患を生ずることもあります。[kenkou.pref.mie.jp]

  • 猩紅熱

    咽頭壁は浮腫で扁桃は浸出を伴い、軟口蓋の小出血あるいは苺 (写真1) がみられることがある。 猩紅熱の場合、発熱開始後12 〜24 時間すると紅斑様、日焼け様の皮疹が出現する (写真2) 。針頭大の皮疹により、 皮膚に紙ヤスリ様の手触りを与える(sandpaper rash )ことがある。[niid.go.jp]

  • 深在性嚢胞性大腸炎

    低プロトロンビン血症、出血傾向等)、ビタミンB群欠乏症炎、口内炎、食欲不振、神経炎等) 高齢者への投与 高齢者には次のに注意し、用量並びに投与間隔に留意するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。[kegg.jp] 欠乏症状、ビタミンB群欠乏症状 注) その他 意識レベル低下、めまい、不眠、頭痛、関節痛、CK(CPK)上昇、クレアチニン上昇、BUN上昇、アンモニア上昇、低カリウム血症、クロール減少、蛋白尿、尿中ブドウ糖陽性、尿中ウロビリン陽性、動悸、発汗、胸内苦悶感、胸部痛、背部異常感、悪寒、総蛋白減少、アルブミン低下、血糖値低下 注:ビタミンK欠乏症[kegg.jp]

さらなる症状