Create issue ticket

考えれる99県の原因 興奮性せん妄

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 薬物乱用の問題
  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳震盪
  • 急性アンフェタミン中毒
  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • アルコール離脱

    アルコール離脱症候群(アルコールりだつしょうこうぐん、Alcohol withdrawal syndrome)は過剰なアルコール摂取期間後、アルコールの摂取を止めたり量を減らすことにより発症する。一般的な症状は主に不安感、震え、発汗、嘔吐、 頻脈、微熱である。さらに重い症状には てんかん発作、幻覚、幻聴、振戦せん妄(DTs)がある。通常、最後のアルコール摂取から6時間後位より症状が出始め、24〜72時間後に症状が一番重くなり、7日後には症状は向上する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状