Create issue ticket

考えれる1,952県の原因 興奮

  • 急性アンフェタミン中毒

    その多くは、麻薬、覚醒剤、幻覚剤とは別の「興奮剤」という新しい物質群を構成。また、興奮剤の概念、定義、覚醒剤・幻覚剤との関係について明らかにした。加えて、国により乱用物質の事情は大きく変わるため、日本の事例にも注目。日本で発生した事例が網羅され、事例集という性質も併せもち、全貌を捉えた上で、事例を検証する。[maruzen-publishing.co.jp] [症状] メタンフェタミンなどの精神興奮薬を大量に摂取すると、急性中毒がおこります。 不安、興奮、頻呼吸(ひんこきゅう)、不穏、幻覚、震え、舞踏病(ぶとうびょう)、けいれん、昏迷(こんめい)、昏睡(こんすい)などの中枢神経(ちゅうすうしんけい)症状がおこります。[kotobank.jp] 興奮作用を持つが、神経が興奮している状態では鎮静の効果をもたらす。作用時間が短いこともあり、反復使用に陥りやすい。アルコールや覚せい剤などと同様、中枢神経に作用して依存を引き起こす「薬物」である。 肺がんのリスクや、受動喫煙の害もあり、世界的に対策が進んでいる。 ニコチン(タバコ)についてくわしくは[ask.or.jp]

  • せん妄

    過活動型では幻覚、 妄想 、 焦燥性興奮 、失見当識が優勢に現れるが、低活動型では混乱と鎮静が目立ち、幻覚、妄想、興奮は少ない。なお、これらの何れにおいても意識混濁の程度や認知機能障害の程度には差がない。せん妄の2/3は過活動型である。[bsd.neuroinf.jp] 典型的には、比較的高齢の患者さんが何らかの病気で入院したり、手術を受けた後に、急におかしなことを言い出したり、幻覚が見えたり、興奮したり、安静にできなくなってしまいます。よく見られる状態をまとめると 表2 のようになります。[jspn.or.jp] せん妄が起きた場合の対応 無理に止めたり反論したりせず、様子を見る 不穏や興奮、幻覚がみられた場合は、無理に制止したり反論したりすることで、ますます興奮することがあります。暴力に発展する場合もあるので、怪我をしないよう対応し、否定せずに様子を見ましょう。危険な物などは部屋に置かずに片付けておくことも大切です。[info.ninchisho.net]

  • 甲状腺機能亢進症

    精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸(どうき)を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。[azumanaika.com] 精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。 [yomidr.yomiuri.co.jp] [中村浩淑] 甲状腺機能亢進症(代謝・内分泌疾患に伴う神経障害) (3)甲状腺機能亢進症 概念・臨床症状 本症の多くはBasedow病であり,甲状腺ホルモンの過剰に伴って易興奮性,神経質,集中力低下などの精神症状,手指振戦,頻脈,多汗などがみられる.甲状腺機能亢進症患者の61 82%に近位筋優位の筋力低下,筋萎縮,やせを生じ,甲状腺中毒性ミオパチー[kotobank.jp]

  • 過換気

    このように厳格にコントロールされる呼吸ですが、過換気症候群では呼吸中枢が過度に興奮することから呼吸が不必要に多くなってしまいます。呼吸中枢の異常な興奮は、不安や緊張、恐怖、疲れ、興奮などをきっかけとして引き起こされます。こうした要因が存在する環境中で呼吸が不足すると呼吸中枢が誤った認識をして、呼吸回数が増加します。[medicalnote.jp] 興奮状態にあった子どもの1人が、過換気症候群を起こして倒れると、それをきっかけに、いわば“パニック状態”に陥り周りの子どもたちの興奮はさらに高まります。すると呼吸も一層速くなって過換気症候群を起こす…。そうしたことが連鎖的におきた可能性が、状況からありえると大谷医師は話していました。[nhk.or.jp] 過換気症候群あるいは過呼吸症候群は、特に原因となる器質的な疾患がなく緊張、パニック、不安、興奮、恐怖などの心因的要因あるいは疲労や疼痛など身体的要因により突然発作的に呼吸が速くなって過換気状態が出現し、呼吸困難、動悸、手足のしびれやひきつけなどのテタニー症状、失神までいたる意識障害など多彩な症状を引き起こす心身症的色彩の濃い疾患です.20歳前後[itsuki-hp.jp]

  • 双極性障害

    感情の変化を中心としたせん妄(イライラ、興奮、錯乱、不安、眠気、活動性の低下または過活発など)から始まり、そのあとに躁病または混合躁病状態(躁とうつが混ざった状態)になることがあります。 例2)精神刺激薬 摂取(または注射)をしてから数分 1時間以内と早い段階で症状が生じます。症状が収束するのも早く、典型的には1 2日です。[heartclinic-yokohama.com] 気分がよすぎたり、ハイになったり、興奮したり、調子が上がりすぎたり、怒りっぽくなったりして、他人から普段のあなたとは違うと思われてしまう。[tawara-clinic.com] もしあなたが躁状態になった場合は、自分が以下の状態であることに気がつくでしょう: 感情 とても楽しくて興奮している あなたの楽観的な見方に共感しない他者にいら立つ 通常よりも自分は重要だと感じる 思考 新しく面白い考えに満ちている 一つの考えからすぐに別の考えに移る 他者には聞こえない声が聞こえる 身体 活力にあふれている 眠ることができない[rcpsych.ac.uk]

  • バセドウ病

    精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸(どうき)を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。[azumanaika.com] 時には、抑うつ状態もみられる一方で、落ち着きがなく、多弁で興奮しやすく、動き回ったりするといった、躁病を思わせるような症状もみられます。日中に本人の活動性が低下することが、躁病との大きな違いで、実際に躁病の診断基準に合致する方は極めてまれです。 2.睡眠障害 寝つきが悪くなり、途中で目覚めたり、悪夢を見たりします。[kuma-h.or.jp] 精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると手足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。 大きさに差はありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。[enomoto-clinic.info]

  • 心房性不整脈

    AVNRT(房室結節リエントリー性頻拍) 正常伝導路の房室結節に近い心房に伝導特性の違う2本の電線(速伝導路と遅伝導路)が存在して、その2本の伝導路を介して房室結節内を興奮が旋回してしまい、頻拍がおきます。 心房頻拍 心房内に異常な興奮部位が存在し、この興奮が洞結節を上回り頻拍となります。[sjm.co.jp] 心房細動のアブレーションでは肺静脈隔離術を基本術式として、必要に応じて上大静脈隔離術や左心房の線状焼灼や遅延伝導部位焼灼などを追加します 5.心房粗動 心房が200 400/分で興奮する不整脈です。心房細動に比べると、心房の興奮するペースが遅く、やや粗い動きになるため、心房粗動というわけです。[kyoto-u-cardio.jp] 心房頻拍 心房に異常な興奮性を有する心筋細胞が存在し、これが洞結節を上回る頻度で心臓を興奮させることにより頻拍を生じます。重症な方では数ヶ月以上頻拍が持続し、心機能が低下する人もいます。治療は、異常興奮部位のアブレーションです。[kchnet.or.jp]

  • 心房粗動

    心房が240/分(1分間に240回拍動)で興奮していて、4回に1回心室に興奮が伝わるとすると60/分(1分間に60回拍動)の脈拍数になります。よって動悸はあまり感じません。2回に1回心室に伝わるような場合には120/分(1分間に120回の拍動)の脈拍数になります。 このような場合では動悸として自覚されることが増えます。[new.jhrs.or.jp] AVNRT(房室結節リエントリー性頻拍) 正常伝導路の房室結節に近い心房に伝導特性の違う2本の電線(速伝導路と遅伝導路)が存在して、その2本の伝導路を介して房室結節内を興奮が旋回してしまい、頻拍がおきます。 心房頻拍 心房内に異常な興奮部位が存在し、この興奮が洞結節を上回り頻拍となります。[sjm.co.jp] 心房は1分間に240以上の回数で興奮(収縮)していますが、心室に伝わる割合が様々であり症状も多様です。 心房粗動では心房の中に血栓ができて、それが剥がれて流れて行き、脳梗塞を発生することがあるため、少なくともずっと心房粗動が続いているような場合には血栓の予防薬を服用する方が良いです。[new.jhrs.or.jp]

  • 心房細動

    心房筋の機能的、組織学的な変化により興奮伝導のばらつきが生じ、これが伝播方向の異なる複数の興奮波を形成し、それぞれの興奮波はリエントリーと呼ばれる旋回を示しながら興奮間隙を縫うように心房を連続的に興奮させ、心房細動を発生させると考えられている(スパイラルリエントリー)。[ja.wikipedia.org] 心房内での電気興奮が順番に伝わらず、局所的な興奮が多数出現し持続しています。外部からみると、心房が細かく震える状態です。その際、心房は250〜350回/分の頻度で興奮しています。この心房の興奮が、不規則に房室結節を伝導し心室筋を興奮させるため、脈拍が不規則となります。[med.nagasaki-u.ac.jp] 心電図では心房筋の興奮を示すP波が消失し、心房筋の各部分の興奮を示すf波とよばれる細かい波が数多く現れる。[kotobank.jp]

  • 妄想性パーソナリティ障害

    妄想性パーソナリティ障害(もうそうせいパーソナリティしょうがい、英語: Paranoid personality disorder ; PPD)とは、猜疑(さいぎ)性パーソナリティ障害とも呼ばれる、何ら明確な理由や根拠なく人から攻撃される、利用される、陥れられるといった不信感や疑念を抱き、広く対人関係に支障をきたすパーソナリティ障害の一類型である。 精神医学的障害の一種である。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状