Create issue ticket

考えれる25県の原因 自殺の家族歴

  • うつ病

    うつ病とは うつ病とは気分が沈んだ状態が何週間も続く病気です。 うつ病の症状は こころとからだの両方 にあらわれます。 うつ病の9大症状として下記の症状があります 1.抑うつ気分[…]気持ちがふさぎこんでいる状態 気分が落ち込む 憂うつだ、むなしい 悲しい気持ちになる すごく不安 2.興味や喜びの喪失[…]これまでやっていた活動や趣味にすら興味を持てなくなる 何にも関心をもてない 全く興味がわいてこない 以前は楽しかったことも今は全然楽しくない 3.食欲の減退[…]食欲ない状態が続くこと 何も食べたくない、食べても味がしない 異常に食欲が出る 特定のものばかり食べたくなる[…][asahi-kokoro.com]

  • 内因性うつ病

    内因性うつ病からの回復 精神科医が自ら綴る症例報告 紙の書籍 定価:税込 2,592 円(本体価格 2,400円) 在庫僅少 発刊年月 2014.09(中旬刊) ISBN 978-4-535-98410-3 判型 四六判 ページ数 232ページ Cコード C3047 ジャンル 精神医学 内容紹介 信州生まれの精神科医である著者は六〇代半ばに内因性うつ病を罹患、死の淵から生還した。自らが詳細に綴る貴重な治療・症例報告の書。 目次 第一部 一精神科医の自分史―――――――――――――――――――――――――― はじめに 一 過去に罹患した病気(既往歴) 二 家族模様(家族歴)[…][nippyo.co.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 神経症性障害

    これらの障害は、かつて神経症と呼ばれていたものです。神経症とは、①からだの組織に異常はない(器質的異常はない)、②しかし、身体面や精神面の症状がある、③心理的な原因や性格的な原因があるということが特徴です。 ドイツ語ではノイローゼ(Neurose)と呼ばれていました。ノイローゼということばは日本語としてずいぶん知られていて、いろいろな意味で使用されてきましたが、本来は神経症のことです。 最近、精神疾患がこまかく分類される傾向にあり、かつての神経症も、神経症性障害、ストレス関連障害、身体表現性障害に分かれました。ここでは、個々に分類された病気の症状を記し、治療については最後にまとめます。[…][medical.jiji.com]

  • 自殺性うつ病

    希死念慮、自殺未遂、自殺家族 自殺をほのめかすような言動はどのようなものでも真剣に取り上げます。希死念慮は言語的に表出される場合ばかりでなく、非言語的に伝えられることも少なくないです。[sugiura-kokoro.com] 例えば次のような因子が該当します: うつ病 、 不安 、他の精神衛生上の問題、自殺未遂の 個人 がある。 自殺を試みたことのある家族がいる。 薬物乱用 または アルコール 乱用の個人がある。 絶望的だとか他の人の重荷になっていると感じる。 家族や友人から十分なサポートが得られない。[cancerinfo.tri-kobe.org] 自殺家族についても情報を得ておきます。家族や近親者に自殺者が存在する場合は、本人にも自殺の危険が高まりやすいです。高率に自殺が多発する家系の報告があり、遺伝が自殺に果たす役割さえ指摘されています。さらに、身内以外でも重要な関係にあった他者の自殺を経験した人では、自殺の危険が高まると報告されています。[sugiura-kokoro.com]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 双極性障害

    また、60歳以上の発症の場合、家族はまれで、脳や身体疾患との関連性がある場合が多いようです。 最後に自殺企図率ですが、双極性障害は再発率が高いと同時に、自殺企図率が精神障害の中で最も高い疾患といわれます。うつ病よりも高いという報告が多数あります。[dr-maedaclinic.jp]

  • 過剰摂取

    よく「ビタミンは身体にいいから積極的に野菜などから摂りましょう」などといわれますが、実は摂れるだけ摂ればいいというわけでもないようなんです。 日本サプリメント評議会評議委員の則岡孝子さんの著書「知らないと危ない 栄養学 最新の話」(河出書房新社刊)によると、多く摂り過ぎると危険なビタミンがあるのだとか。それは、ビタミンAとビタミンD。油に溶ける「脂溶性」ビタミンです。摂り過ぎると肝臓などの臓器に蓄積されて、過剰症を引き起こす原因となるそう。一方、水溶性ビタミンであるビタミンBとビタミンCは、尿と共に排出されるので問題は起こりにくいとされています。[…][asajo.jp]

  • 反応性うつ病

    表1:治療者が把握すべき情報のリスト 1)言い間違い・迂遠さの有無を確認 2)身長・体重、バイタルサイン(栄養状態を含む) 3)一般神経学的所見(パーキンソン症状、不随意運動を含む) 4)既往-糖尿病、閉塞隅角緑内障の有無を確認 5)家族-精神疾患・自殺者の有無を含めて 6)現病歴-初発時期、再発時期、病相の期間、「きっかけ」「悪化要因[comhbo.net]

  • Haddad症候群

    家族の支援がない。 [ 34 ] その他の同時に起こる生活上のストレス要因。 [ 41 ] うつ病または自殺家族自殺未遂の経験。 アルコール中毒あるいは薬物乱用の病歴。 抑うつ症状を引き起こす合併症(例えば、脳卒中あるいは心筋梗塞)。 心理学的な問題の治療歴。[cancerinfo.tri-kobe.org] 自殺未遂の病歴。 自殺家族。 社会的支援の不足。 自立性の欠如および負担になっているという感情;関連する罪悪感。 参考文献 Misono S, Weiss NS, Fann JR, et al.: Incidence of suicide in persons with cancer.[cancerinfo.tri-kobe.org] うつ病あるいは自殺思考の個人あるいは家族歴。 現在の精神状態および身体状態のほか、治療とがんの影響。 同時に起こる生活上のストレス要因。 社会的支援の利用が可能か。 90%を超える患者が感情の問題について医師との話し合いを望んでいるが、25%を超える患者がその問題についての話し合いは、医師から始めるべきだと感じている。[cancerinfo.tri-kobe.org]

さらなる症状