Create issue ticket

考えれる256県の原因 自律神経性ニューロパチー

  • 糖尿病性自律神経障害

    最もよく知られた自律神経ニューロパチーは,糖尿病,アミロイドーシス,または自己免疫疾患に起因する末梢神経障害に伴うものである。自己免疫自律神経ニューロパチーは,ウイルス感染後にしばしば発症する特発疾患であり,発症は亜急性のことがある。自律神経機能不全は通常,アルコール末梢神経障害においては晩期の症候である。[msdmanuals.com] ICD10コード: E14.4 詳細不明の糖尿病,神経(学的)合併症を伴うもの 検索数: 10 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 糖尿病ニューロパチー E144 G590 BBN1 2 糖尿病筋萎縮症 E144 G730 BUD2 3 糖尿病自律神経ニューロパチー E144 G990 D5G2 4 糖尿病神経因性膀胱[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 起立性低血圧 (血圧下降と同時に脈拍が増加するものですが、進行すると脈拍増加を欠如するようになります): 原因となる病気は、糖尿病ニューロパチー(血圧下降は一般に軽度で-30 mmHg程度)、レヴィー小体病群(レヴィー小体型認知症/パーキンソン病/純粋自律神経不全症)(血圧下降が高度で-100 mmHgに至ることもあります)、多系統萎縮症[lab.toho-u.ac.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • ニューロパチー

    最もよく知られた自律神経ニューロパチーは,糖尿病,アミロイドーシス,または自己免疫疾患に起因する末梢神経障害に伴うものである。自己免疫自律神経ニューロパチーは,ウイルス感染後にしばしば発症する特発疾患であり,発症は亜急性のことがある。自律神経機能不全は通常,アルコール末梢神経障害においては晩期の症候である。[msdmanuals.com] 脱髄および再髄鞘化が生じ,肥大した末梢神経およびオニオンバルブが神経生検により認められる。 感覚・自律神経ニューロパチー 遺伝感覚・自律神経ニューロパチーはまれである。5つの病型が報告されている。遠位部の温痛覚の消失が,振動覚および位置覚の消失よりも顕著である。[msdmanuals.com] 遺伝感覚自律神経ニューロパチー、アミロイドーシス(家族、後天)、糖尿病、特発自律神経異常症(ギラン・バレー症候群の亜型の可能がある)、ポルフィリン症、HIV関連自律神経ニューロパチー、ビンクリスチンとその他の抗がん剤などが考えられる。 神経生検腓腹神経生検はニューロパチーの評価としては滅多に行われなくなった。[ja.wikipedia.org]

  • 自律神経性ニューロパチー

    最もよく知られた自律神経ニューロパチーは,糖尿病,アミロイドーシス,または自己免疫疾患に起因する末梢神経障害に伴うものである。自己免疫自律神経ニューロパチーは,ウイルス感染後にしばしば発症する特発疾患であり,発症は亜急性のことがある。自律神経機能不全は通常,アルコール末梢神経障害においては晩期の症候である。[msdmanuals.com] 分類 [ 編集 ] I型(遺伝感覚根性ニューロパチー) II型(先天感覚根性ニューロパチー) III型(家族自律神経異常症/ライリー・デイ症候群) IV型( 先天性無痛無汗症 ) 痛覚・温覚が欠如しており、発汗しない。 V型 痛覚の欠如および不完全性の無汗症。 関連項目 [ 編集 ] 症候学 ニューロパチー[ja.wikipedia.org] また、自発的(意識的)に制御される筋肉や皮膚の感覚受容器とつながっている神経である体神経も、末梢神経系に含まれます。 自律神経ニューロパチーとは、末梢神経障害(ニューロパチーとも呼ばれます)の一種で、全身の末梢神経に損傷が起こる病気です。自律神経ニューロパチーでは、体神経より自律神経にずっと大きな損傷が生じます。[msdmanuals.com]

  • ギラン・バレー症候群

    と急性自律神経ニューロパチー 小池 春樹 急性発症CIDP 神林 隆道,園生 雅弘 ギラン・バレー症候群の治療 野村 恭一 ギラン・バレー症候群の予後,予後関連因子 海田 賢一 ギラン・バレー症候群の新規治療の現状と展望 三澤 園子 総説 【シリーズ・ビタミンと神経疾患 その3】 ビタミンDと多発性硬化症 新野 正明,宮崎 雄生 原著 日本人小児部分[igaku-shoin.co.jp] ギラン・バレー症候群の神経生理 国分 則人 ギラン・バレー症候群の末梢神経病理 中野 雄太,神田 隆 分子相同性によるギラン・バレー症候群の発症機序 -病態解明の道程 結城 伸泰 ギラン・バレー症候群の自己抗体 内堀 歩,千葉 厚郎 脱髄型ギラン・バレー症候群の標的分子 森 雅裕 フィッシャー症候群とビッカースタッフ脳幹脳炎 桑原 聡 急性感覚ニューロパチー[igaku-shoin.co.jp]

  • アミロイドーシス

    アミロイドーシス アミロイドーシス関節炎 アミロイド自律神経ニューロパチー アミロイド苔癬 胃アミロイドーシス 限局アミロイドーシス 心アミロイドーシス 肺アミロイドーシス 斑状アミロイドーシス 老人性アミロイドーシス AHアミロイドーシス ALアミロイドーシス 老人性TTRアミロイドーシス アミロイドーシス 原発性アミロイドーシス 全身性[scuel.me] 診断 臨床診断 緩徐進行の感覚運動ニューロパチーおよび自律神経障害を呈する成人例ではトランスサイレチンアミロイドーシスが疑われる.心伝導ブロック,心筋症,腎障害,硝子体混濁の合併頻度も高い.常染色体優性の家族歴は本症の診断を示唆する.[grj.umin.jp] 2.家族性アミロイドニューロパチー (1)概念 初期には末梢神経自律神経に高度のアミロイド沈着が起こり、進行期には、心臓、消化管、腎臓も障害される。主要病像は多発ニューロパチー自律神経機能不全である。沈着するアミロイド蛋白質はIとII型では変異トランスサイレチン、III型は変異アポリポ蛋白AI、IV型では変異ゲルソリンである。[nanbyou.or.jp]

  • 家族性アミロイド神経障害

    アミロイドーシス アミロイドーシス関節炎 アミロイド自律神経ニューロパチー アミロイド苔癬 胃アミロイドーシス 限局アミロイドーシス 心アミロイドーシス 肺アミロイドーシス 斑状アミロイドーシス 老人性アミロイドーシス AHアミロイドーシス ALアミロイドーシス 老人性TTRアミロイドーシス アミロイドーシス 原発性アミロイドーシス 全身性[scuel.me] 脳内出血/くも膜下出血 精神症状 水頭症 Asp18Gly ニューロパチー I型家族アミロイドポリニューロパチーの中核症状は緩徐進行の感覚運動ニューロパチー自律神経障害である[Benson 2001, Hund et al 2001, Ando et al 2005].典型的には両下肢の感覚ニューロパチーで発症し,2 3年遅れて運動性[grj.umin.jp] 家族アミロイドポリニューロパチー. 神経疾患最新の2015-2017, 231-233, 2015. 安東由喜雄. 全身性自律神経ニューロパチーにおける両側Horner症候群. 神経内科. 82: 43-46, 2015. 安東由喜雄. アミロイドーシスにおける自律神経障害.[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 全身性強皮症

    100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階 特徴 30 50歳の女性に圧倒的に多い病気で、強皮症には2つの全く異なる全身性強皮症と限局性強皮症があります。限局性強皮症は皮膚のみの病気で内臓は侵さない病気ですが、全身性強皮症は皮膚や内臓が硬くなる変化が特徴的な病気です。半数以上の方がレイノー症状を最初に発症します。 症状 レイノー症状 :冷たいものに触れたり、寒い時などに手足の指先が蒼白 紫色になってしまいます。 皮膚硬化[…][urban-clinic.jp]

  • 片麻痺

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 片麻痺 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 神経学 ICD - 10 G 80.2 , G 81 ICD - 9-CM 342 - 343 , 438.2 MeSH D006429 片麻痺 (へんまひ、かたまひ、hemiplegia)とは、一側性にみられる上下肢の運動 麻痺 。いわゆる半身不随の状態といえる。 不完全な麻痺(障害が部分的であるか、筋力低下にとどまる)を不全麻痺(ふぜんまひ、paresis)と呼ぶ。原因となる障害部位は 脳 の 大脳皮質 及び 内包 や 脳幹 部から 脊髄[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状