Create issue ticket

考えれる18県の原因 自己抗体不足

  • ビタミンD欠乏症

    複数の膵島関連自己抗体(インスリンを分泌する膵臓の細胞に対する自己抗体)を持つ前糖尿病性の子供は、自己抗体を持たない子供に比べてビタミンDの不足や欠乏症が蔓延していることが観察されている。[lpi.oregonstate.edu] 20人のSLEの被験者に高用量ビタミンD 3 補給(100,000 IU/週を1ヶ月間、その後100,000 IU/月を6ヶ月間)でビタミンD不足を治してもらったら、免疫の不均衡の徴候やSLEで典型的に検出される自己抗体の濃度が下がったという関連があり、疾病の治療におけるビタミンDの効果を示唆している (140) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 橋本甲状腺炎

    甲状腺ホルモンの量が不足して、新陳代謝が低下し全てがふけていくような症状がみられます。 原因 自己免疫疾患の1つで、甲状腺に対する自己抗体ができます。この抗体が甲状腺を破壊していくために徐々に甲状腺機能低下症になっていきます。 症状 1.甲状腺肥大 2.甲状腺機能が正常な場合 甲状腺ホルモンが正常範囲内にあり、身体に影響はありません。[hoshino-jibika.com]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    複数の膵島関連自己抗体(インスリンを分泌する膵臓の細胞に対する自己抗体)を持つ前糖尿病性の子供は、自己抗体を持たない子供に比べてビタミンDの不足や欠乏症が蔓延していることが観察されている。[lpi.oregonstate.edu] 20人のSLEの被験者に高用量ビタミンD 3 補給(100,000 IU/週を1ヶ月間、その後100,000 IU/月を6ヶ月間)でビタミンD不足を治してもらったら、免疫の不均衡の徴候やSLEで典型的に検出される自己抗体の濃度が下がったという関連があり、疾病の治療におけるビタミンDの効果を示唆している (140) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 出血性甲状腺嚢胞

    1)ホルモン異常の場合 ホルモン異常は、さらにホルモン過剰の場合と不足の場合に分けられます。 ホルモン過剰な場合で有名な病気は、バセドウ病です。 自分の甲状腺に対して自己抗体ができる病気です。 自己抗体が自分の甲状腺を刺激してホルモン産生を促し過剰なホルモンが分泌されます。[syunjyu-kai.or.jp]

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    全身で作用するのは遊離型ホルモンのFT4とFT3のため、FT4とFT3の値を測定することで甲状腺ホルモンの過不足を知ることができます。 TRAb(抗TSH受容体抗体) 甲状腺のTSH受容体を刺激する自己抗体です。TSH受容体を刺激し甲状腺ホルモンを過剰に産生させてしまうTRAb は、バセドウ病の原因物質と考えられています。[rocheacademy.jp]

  • 微小乳腺腺症

    甲状腺機能低下症 甲状腺ホルモンが低下し不足する病気です。多くは橋本病が原因です。原因として甲状腺に対する自己抗体が産生され、この抗体が甲状腺細胞を破壊するためにおこる疾患です。甲状腺が破壊されホルモン産生が低下するとホルモン不足を補うために甲状腺が大きくなります。症状はバセドウ病と反対の症状が出ます。[obayashihp.or.jp]

  • Dursun 症候群

    複数の膵島関連自己抗体(インスリンを分泌する膵臓の細胞に対する自己抗体)を持つ前糖尿病性の子供は、自己抗体を持たない子供に比べてビタミンDの不足や欠乏症が蔓延していることが観察されている。[lpi.oregonstate.edu] 20人のSLEの被験者に高用量ビタミンD 3 補給(100,000 IU/週を1ヶ月間、その後100,000 IU/月を6ヶ月間)でビタミンD不足を治してもらったら、免疫の不均衡の徴候やSLEで典型的に検出される自己抗体の濃度が下がったという関連があり、疾病の治療におけるビタミンDの効果を示唆している (140) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 遺伝性第XIII因子Aサブユニット欠乏症

    VWF症候群は、VWFの生産不足または過剰生産のどちらか、またはVWF(後天的なVWD)への抑制抗体を伴う自己免疫疾患の際は、臨床的に明らかにする。[biosciencedbc.jp]

  • 可逆性チトクロム C オキシダーゼ欠乏があるミトコンドリア筋症

    複数の膵島関連自己抗体(インスリンを分泌する膵臓の細胞に対する自己抗体)を持つ前糖尿病性の子供は、自己抗体を持たない子供に比べてビタミンDの不足や欠乏症が蔓延していることが観察されている。[lpi.oregonstate.edu] 20人のSLEの被験者に高用量ビタミンD 3 補給(100,000 IU/週を1ヶ月間、その後100,000 IU/月を6ヶ月間)でビタミンD不足を治してもらったら、免疫の不均衡の徴候やSLEで典型的に検出される自己抗体の濃度が下がったという関連があり、疾病の治療におけるビタミンDの効果を示唆している (140) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 甲状腺の損傷

    検査には血液検査が有用で、甲状腺ホルモンを測定したり脳下垂体ホルモンの一つである甲状腺刺激ホルモンや甲状腺自己抗体などを測定して診断します。 治療には不足している甲状腺ホルモンを補う方法をとります。少量の甲状腺ホルモンから開始して徐々に増量し、甲状腺機能が正常になった時点で維持量を決めて内服を続けていきます。[jomo-news.co.jp]

さらなる症状