Create issue ticket

考えれる74県の原因 自己免疫多腺性内分泌障害

  • ヘモクロマトーシス

    新生児ヘモクロマトーシスの発症予防・症状軽減・安全性を検証 国立成育医療研究センターでは,周産期・母性診療センター,臓器移植センター,総合診療部共同で,新生児ヘモクロマトーシスと診断されたお子さんを妊娠・出産したことがある妊婦さんを対象とした免疫グロブリン製剤の医師主導治験(第Ⅲ相試験)を2018年6月から開始しました。 プレスリリースのポイント 妊婦さんに免疫グロブリン製剤の大量静注療法を行うことによって、新生児ヘモクロマトーシスの発症を予防し、症状を軽減できるか、安全に行えるかを確認します。[…][ncchd.go.jp]

  • 更年期障害

    診療内容  更年期障害 世界一長寿となった日本人女性。 平均寿命も86歳を超えてきました。これからは、この長い人生をいかに自分らしく健康に過ごすための知恵が求められています。 つまり閉経後の30年以上の時間(セカンドライフ)をいかにうまく過ごすかが大きな課題となってきます。 閉経をはさんだ10年間は更年期とよばれ、セカンドライフへの通過点であり、女性はさまざまなからだの変化を感じる時期です。 すべての女性に等しく訪れる更年期。でも、誰もが同じ症状ではありません。[…][kosya-clinic.jp]

  • 内分泌機能不全

    無月経には、「一度も月経が来たことがない」という原発性無月経と、「過去には月経があったけれど、なくなった」という続発性無月経があります。いろいろな分類方法がありますが、排卵の能力、女性ホルモンを分泌する能力という、治療を考えるうえでは、次のように分けて考えるのが考えやすいと思います。 高度卵巣機能低下による無月経[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    (自己免疫性甲状腺炎) 執筆者: Jerome M. Hershman , MD, MS, Distinguished Professor of Medicine Emeritus, David Geffen School of Medicine at UCLA; Endocrinology Consultant, West Los Angeles VA Medical Center 橋本甲状腺炎は、甲状腺に慢性的な自己免疫性の炎症が生じる病気です。 橋本甲状腺炎は、体が自身の甲状腺の細胞を攻撃すること(自己免疫反応)で発生します。[…][msdmanuals.com]

  • 低血圧

    高血圧・低血圧とは 血圧とは、心臓から全身に送り出される血液が、血管(動脈)の内側に与える圧力のことです。血圧には上の血圧(最高血圧、収縮期血圧)と下の血圧(最低血圧、拡張期血圧)があります。 上の血圧は、血液を全身に送り出すポンプの役割をもつ心臓が、ぎゅっと収縮して大動脈に血液を送り出し、大動脈がぐっと膨らむ一番高いときの血圧です。 下の血圧は、心臓が拡張しているとき血圧です。心臓の収縮が終わり弁が閉じると、膨らんだ大動脈がもとに戻ろうと末梢血管に血液を送ります。このとき末梢血管の抵抗が大きいと、下の血圧が高くなります。[…][jhf.or.jp]

  • アジソン病

    アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)とは? どんな病気か 副腎皮質ホルモンは生命の維持に必要なホルモンで、健康な人では体の状態に合わせて適切に分泌されています。このホルモンが、何らかの原因で体が必要とする量を分泌できなくなった状態を、副腎皮質機能低下症といいます。 これには、副腎自体の病気による場合と、副腎皮質ホルモンの分泌を調節する下垂体の病気による場合とがありますが、アジソン病は、このうち副腎の病気が原因で慢性に経過したものです。 原因は何か 副腎は両側の腎臓の上、左右に2つありますが、両側の副腎が90%以上損なわれるとアジソン病になります。原因として最も多いのは、 結核[…][qlife.jp]

  • 吸収不良症候群

    吸収不良症候群 吸収不良症候群は、消化・吸収の働きが低下することで、食物中の栄養素が十分に吸収されずに起こる病気の総称です。栄養素の吸収は主に小腸で行われるため、吸収不良が起こるのは小腸粘膜に異常が生じた場合がほとんどです。 また、栄養素の吸収には食物の消化が必要なことから、消化が十分に行われない場合も吸収不良が起こります。食物の消化は主に胃と小腸で行われますが、消化には膵臓や肝臓、胆のうからの消化液の助けが必要で、分泌された消化液は十二指腸で食物と混ざります。[…][onaka-kenko.com]

  • 湿疹

    ※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。 皮膚科を受診する病気のほとんどが、湿疹と皮膚炎です。湿疹と皮膚炎は同義語で、赤みを帯びたプツプツやザラザラで、ごく軽い場合を除きかゆく、ひっかいた結果、痛みを伴う場合もあります。同じくかゆい 蕁麻疹 は、斑点やみみずばれのように盛り上がった発疹が、数十分で形を変えたり消えたり出たりすることから区別できます。最初は大したことの無いかゆみだったが、2 3日したらチクチク針で刺されるような痛みや夜も眠れない激しい痛みに変わってきたら、 帯状疱疹 のことがありますので皮膚科受診をお勧めします。[…][takeuchiderm.jp]

  • IgE型骨髄腫

    IからIIIに掲げるもののほか、免疫調節障害 【診断方法】 その他の免疫調節障害として、家族血球貪食症候群(FHL)、カンジダ感染と外胚葉形成異常を伴う自己免疫分泌不全症(APECED)、IPEX症候群、CD25欠損症、ITCH欠損症などが知られている。[nanbyou.or.jp]

  • 非中毒性甲状腺腫

    E30.9 思春期障害,詳細不明 E31 機能障害 E31.0 自己免疫分泌不全症 E31.1 多腺性機能亢進(症) E31.8 その他の多腺性機能障害 E31.9 多腺性機能障害,詳細不明 E32 胸腺の疾患 E32.0 胸腺の過形成遺残 E32.1 胸腺膿瘍 E32.8 その他の胸腺の疾患 E32.9 胸腺の疾患,詳細不明[ja.wikipedia.org] 思春期障害 E309 思春期障害, 詳細不明 H02061 自己免疫分泌不全症 特発性副腎甲状腺機能低下症 多腺性自己免疫症候群1型 多腺性自己免疫症候群2型 多腺性自己免疫症候群3型 E310 自己免疫性多腺性内分泌不全症 H01971 H01972 胸腺増殖遺残 胸腺肥大 E320 胸腺の過形成遺残 胸腺膿瘍 E321 胸腺膿瘍[kegg.jp] 他の卵巣機能障害 E28.9 卵巣機能障害,詳細不明 E29 精巣 機能障害 E29.0 精巣 機能亢進(症) E29.1 精巣 機能低下(症) E29.8 その他の精巣 機能障害 E29.9 精巣 機能障害,詳細不明 E30 思春期障害,他に分類されないもの E30.0 思春期遅発症 E30.1 思春期早発症 E30.8 その他の思春期障害[ja.wikipedia.org]

さらなる症状