Create issue ticket

考えれる299県の原因 自己免疫の特徴

  • 膵島細胞増殖症

    インスリン自己免疫症候群とは、空腹時低血糖・血清免疫反応性インスリン高値・血清中のインスリン自己抗体の存在、の3つで特徴づけられる自己免疫疾患である。最初の症例は、1970年に平田幸正らによって報告された。別名平田病(平田氏病とも)とも言われる。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    一方、1型糖尿病は自己免疫疾患などによってインスリンを分泌するすい臓の細胞が壊れて起こり、小児の発症も少なくありません。 日本人の糖尿病の特徴 アメリカの糖尿病患者は、肥満度を表すBMIが平均30を超えていて、かなりの肥満です。ところが、日本の糖尿病患者のBMIは平均25弱で、肥満の一歩手前くらいです。[nhk.or.jp]

  • 甲状腺腫

    しかし、直接的な病因は、何らかの原因により、甲状腺を異常に刺激する抗体 (TSH受容体抗体)が作られ、甲状腺を休むことなく刺激し続け、その結果、 甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうという「自己免疫疾患であると考えられています。[fukasawa-clinic.or.jp] 症状 この病気の特徴的な症状は甲状腺の腫れ、眼球の突出、頻脈ですが、 食欲旺盛なのに痩せる、心臓がドキドキする、手指がふるえる、暑がりになる、 異様に汗をかくなど、病気の進行に伴って、さまざまな症状にみまわれます。[fukasawa-clinic.or.jp]

  • レーノー現象

    3つの疾患の特徴自己免疫疾患・・・自分で自分の体の成分を攻撃してしまう病気 ②リウマチ性疾患・・・体を動かす関節や筋肉などに痛みが起こる病気 ③結合組織疾患・・・体を動かす関節や筋肉などに痛みが起こる病気 また共通点として、上記疾患以外にも次のようなものがあります。[kcmc.hosp.go.jp] TOP リウマチ科・膠原病 膠原病 膠原病と類縁疾患 Collagen-disease & affinity-disease 膠原病とは、原因不明の発熱、関節痛や筋肉痛、筋力の低下、発疹や紅斑、レイノー現象(冷気や冷水により指先が白色や紫色に変化する)などの症状が出現し、全身の諸臓器が侵される自己免疫疾患と考えられています。[akaogi-clinic.jp] 膠原病に分類される疾患は多数あり症状も極めて多様であるが、共通してみられる特徴として、①病変での炎症、②関節、皮膚、腎臓、肺など多臓器の症状、③組織構造の改変・機能障害、④自己免疫現象、が挙げられる。 膠原病のうち最も患者が多いのは関節リウマチであり、わが国では約100万人の患者がいる。[j-circ.or.jp]

  • ニューロパチー

    カンピロバクターやマイコプラズマなどの感染を契機とする自己免疫反応により末梢神経系障害を生じる自己免疫疾患。 別名、急性多発性神経根炎ともいう。 症状 急激な四肢筋力低下と腱反射の低下・消失が特徴。 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。[nurseful.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    これらは免疫寛容の破綻によると考えられており、その他にも1型糖尿病、バセドー病や脱毛症などの自己免疫の関連した疾患を合併しやすい。また外胚葉ジストロフィーも本疾患の特徴であり、永久歯のエナメル質低形成や爪形成不全などを認める。 常染色体優性遺伝のCMCで甲状腺機能低下症を合併するものがある。[emeneki.com]

  • 多発性神経炎

    末梢神経の自己免疫疾患の中で、ギランバレー症候群が1回急性型であったのに対し、CIDPは慢性に経過し、体の力が入らなくなる・手足がじりじりして、皮を一枚被ったようになる、などの運動・感覚障害が、寛解、増悪を繰り返すことも少なくありません。CIDPの約25%に、頻尿・排尿困難などの膀胱障害がみられます。[lab.toho-u.ac.jp] 世界中で主要な疾患の遺伝的素因を調査した研究により多発性硬化症に関しては自己免疫疾患に関する遺伝子の関与が複数指摘されていますが、それぞれの遺伝子が関与する割合はわずかでそれらが複数合わさってもせいぜい30%未満であり、むしろ残り70%程度をなす環境要因の方が大きいとされています。[ncnp.go.jp] しかし電気生理学的には、末梢神経の根(F波の消失、知覚誘発電位の異常)、遠位部(遠位部潜時の延長)、生理的圧迫部位等での伝導プロックが不均一にみられ、多発単ニューロパチー的な所見を呈するのが特徴的です。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 糖尿病

    若いうちに発症することの多いのが特徴です。 原因は明確にはわかっていませんが、免疫系の異常反応により、自らの細胞が攻撃される「自己免疫」によるものと考えられています。[ohnishi-naika.clinic]

  • 多発性関節炎

    このような疾患は自己免疫疾患と呼ばれています。膠原病は自己免疫疾患の特徴を有する疾患群の総称です。膠原病の中で最もよく知られているのが関節リウマチですが、関節リウマチ以外にも関節が障害される運動器疾患は「リウマチ性疾患」と称され多数存在します。膠原病に分類される疾患の多くは、この「リウマチ性疾患」の特徴を示します。[shinshu-u.ac.jp] 当科の特徴として、自己免疫・自己炎症を専門としながら、診断・鑑別にあたり、他科と連携を取りながら全身を診る必要があり総合内科医としても高い資質が求められます。[kawagoe.saitama-med.ac.jp] また、身体の各器官を形成する組織が障害される「結合組織障害」の要素も特徴の1つです。私たちリウマチ・膠原病内科は、「リウマチ性疾患」、「結合組織障害」、および「自己免疫疾患」を包括的にとらえて診断・治療を行う専門医です。[shinshu-u.ac.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症をひきおこす主な病気 慢性甲状腺炎(まんせいこうじょうせんえん;別名、橋本病(はしもとびょう) 自己免疫(じこめんえき)による炎症が甲状腺に生じており、甲状腺に対する自己抗体(じここうたい)が陽性を示すことが特徴的です。甲状腺機能低下症の多くが慢性甲状腺炎によるものであり、中年以降の女性に多く認められます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

さらなる症状