Create issue ticket

考えれる532県の原因 自己免疫の特徴

  • 膵島細胞増殖症

    インスリン自己免疫症候群とは、空腹時低血糖・血清免疫反応性インスリン高値・血清中のインスリン自己抗体の存在、の3つで特徴づけられる自己免疫疾患である。最初の症例は、1970年に平田幸正らによって報告された。別名平田病(平田氏病とも)とも言われる。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンD欠乏症

    SLEは複数の組織を損傷する可能性のある広範な自己抗体があることが特徴である (102) 。自己免疫反応は、T細胞と呼ばれる免疫細胞によって媒介されている。生物学的に活性のあるビタミンDの形態である1,25ジヒドロキシビタミンDは、自己免疫反応が消えるようにT細胞の反応を調整することがわかっている。[lpi.oregonstate.edu]

  • 不十分な食事療法

    ②糖尿病の分類・原因 糖尿病にはその病態により2種類のタイプがあります(下表参照)。ひとつはインスリン依存型(Ⅰ型)糖尿病といわれるもので、原因はウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されてしまうことです。若年でやせ型の人に発症する特徴ありますが、全糖尿病のうち5%と頻度はわずかです。インスリンがまったく出ないため、インスリンの注射が必要で[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • インスリン抵抗性

    一方、1型糖尿病は自己免疫疾患などによってインスリンを分泌するすい臓の細胞が壊れて起こり、小児の発症も少なくありません。 日本人の糖尿病の特徴 アメリカの糖尿病患者は、肥満度を表すBMIが平均30を超えていて、かなりの肥満です。ところが、日本の糖尿病患者のBMIは平均25弱で、肥満の一歩手前くらいです。[nhk.or.jp]

  • レンサ球菌感染

    上述のように,GASは獲得免疫系には必須の非自己認識機構を欺く分子群を有している.これら分子群に関して,近年のトランスクリプトーム解析から,興味深い知見が得られている.GASは上皮細胞や血管内侵入前後で外界の環境が変化すると,それに呼応して菌体表層に発現させる分子セットを巧みに調節することが明らかになってきた.このような調節機構の存在は,GAS[web.dent.osaka-u.ac.jp] するコラーゲン様タンパク質が複数存在する.これらの分子は,免疫原性が低いことから抗オプソニン化に寄与するだけでなく,ひとたび特異抗体が産生されると交叉反応を誘導する可能性も秘めている.また,菌体表層タンパク群の最外層を覆う莢膜ヒアルロン酸は,抗貪食作用を有することが知られている.しかも,抗原性が極めて低いことから特異抗体が誘導され難いという特徴[web.dent.osaka-u.ac.jp]

  • 甲状腺腫

    しかし、直接的な病因は、何らかの原因により、甲状腺を異常に刺激する抗体 (TSH受容体抗体)が作られ、甲状腺を休むことなく刺激し続け、その結果、 甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうという「自己免疫疾患であると考えられています。[fukasawa-clinic.or.jp] 症状 この病気の特徴的な症状は甲状腺の腫れ、眼球の突出、頻脈ですが、 食欲旺盛なのに痩せる、心臓がドキドキする、手指がふるえる、暑がりになる、 異様に汗をかくなど、病気の進行に伴って、さまざまな症状にみまわれます。[fukasawa-clinic.or.jp]

  • レーノー現象

    3つの疾患の特徴自己免疫疾患・・・自分で自分の体の成分を攻撃してしまう病気 ②リウマチ性疾患・・・体を動かす関節や筋肉などに痛みが起こる病気 ③結合組織疾患・・・体を動かす関節や筋肉などに痛みが起こる病気 また共通点として、上記疾患以外にも次のようなものがあります。[kcmc.hosp.go.jp] TOP リウマチ科・膠原病 膠原病 膠原病と類縁疾患 Collagen-disease & affinity-disease 膠原病とは、原因不明の発熱、関節痛や筋肉痛、筋力の低下、発疹や紅斑、レイノー現象(冷気や冷水により指先が白色や紫色に変化する)などの症状が出現し、全身の諸臓器が侵される自己免疫疾患と考えられています。[akaogi-clinic.jp] 疾患概念と疫学 強皮症(systemic sclerosis, SSc)は皮膚硬化を特徴とする原因不明の自己免疫疾患である。全身の小血管の閉塞、免疫系の活性化、皮膚および臓器の線維化を基本病理とし、皮膚の他に腎・肺・消化管・心循環系が侵される。[ryumachi.umin.jp]

  • ニューロパチー

    カンピロバクターやマイコプラズマなどの感染を契機とする自己免疫反応により末梢神経系障害を生じる自己免疫疾患。 別名、急性多発性神経根炎ともいう。 症状 急激な四肢筋力低下と腱反射の低下・消失が特徴。 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。[nurseful.jp]

  • 化膿レンサ球菌

    上述のように,GASは獲得免疫系には必須の非自己認識機構を欺く分子群を有している.これら分子群に関して,近年のトランスクリプトーム解析から,興味深い知見が得られている.GASは上皮細胞や血管内侵入前後で外界の環境が変化すると,それに呼応して菌体表層に発現させる分子セットを巧みに調節することが明らかになってきた.このような調節機構の存在は,GAS[web.dent.osaka-u.ac.jp] するコラーゲン様タンパク質が複数存在する.これらの分子は,免疫原性が低いことから抗オプソニン化に寄与するだけでなく,ひとたび特異抗体が産生されると交叉反応を誘導する可能性も秘めている.また,菌体表層タンパク群の最外層を覆う莢膜ヒアルロン酸は,抗貪食作用を有することが知られている.しかも,抗原性が極めて低いことから特異抗体が誘導され難いという特徴[web.dent.osaka-u.ac.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    これらは免疫寛容の破綻によると考えられており、その他にも1型糖尿病、バセドー病や脱毛症などの自己免疫の関連した疾患を合併しやすい。また外胚葉ジストロフィーも本疾患の特徴であり、永久歯のエナメル質低形成や爪形成不全などを認める。 常染色体優性遺伝のCMCで甲状腺機能低下症を合併するものがある。[emeneki.com]

さらなる症状