Create issue ticket

考えれる5県の原因 臀部発育不全

  • 不全麻痺

    【海外短報】 2016年07月21日 07:00 プッシュ通知を受取る (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです 糖尿病の合併症の1つである胃不全麻痺の治療にグレリン受容体作動薬が有効な可能性があることを示す試験結果が、米・Beth Israel Deaconess Medical Centerなどのグループにより Gastroenterology ( 2016; 151: 87-96.e6 )に発表された。 胃内容物半減時間の短縮、嘔吐頻度の減少、重症度の軽減をRCTで確認[…][medical-tribune.co.jp]

  • 直腸瘻

    脊椎のうしろの骨の部分が無く、そこから神経が飛び出して腰や臀部に丸い瘤を作る病気である。神経の発生にも異常があり脊髄が割れていたり欠損や発育不全が見られる。腰髄や仙髄と馬尾神経が障害されることが多く、これに支配されている下肢と大腸・直腸、膀胱が障害を受ける。両下肢が麻痺し、便秘、便失禁、排尿困難、尿失禁などの症状を呈する。[dinf.ne.jp]

  • 直腸瘻

    脊椎のうしろの骨の部分が無く、そこから神経が飛び出して腰や臀部に丸い瘤を作る病気である。神経の発生にも異常があり脊髄が割れていたり欠損や発育不全が見られる。腰髄や仙髄と馬尾神経が障害されることが多く、これに支配されている下肢と大腸・直腸、膀胱が障害を受ける。両下肢が麻痺し、便秘、便失禁、排尿困難、尿失禁などの症状を呈する。[dinf.ne.jp]

  • フレーリッヒ症候群

    フレーリッヒ症候群(脂肪性器性ジストロフィー)は、性器発育不全を伴う肥満症で、脂肪の沈着は乳房、腹部、腰部、臀部、大腿、恥丘にみられる。[p.booklog.jp]

  • 直腸掻痒症

    脊椎のうしろの骨の部分が無く、そこから神経が飛び出して腰や臀部に丸い瘤を作る病気である。神経の発生にも異常があり脊髄が割れていたり欠損や発育不全が見られる。腰髄や仙髄と馬尾神経が障害されることが多く、これに支配されている下肢と大腸・直腸、膀胱が障害を受ける。両下肢が麻痺し、便秘、便失禁、排尿困難、尿失禁などの症状を呈する。[dinf.ne.jp]

さらなる症状