Create issue ticket

考えれる24県の原因 臀部増加

  • 脂肪浮腫

    【0004】閉経前の女性は、主として臀部/大腿区域に皮下脂肪を貯える傾向があり、こうした区域では脂肪性浮腫が出現することが多い。閉経後のアンドロゲンレベルの増大の結果、脂肪貯蔵パターンに急激に移行する。[biosciencedbc.jp] 平均体重指数よりも低い体重指数を有する女性にも脂肪性浮腫は容易に認められるが、脂肪性浮腫の度合いが肥満の程度に応じて悪化する傾向があるばかりでなく、同様に、閉経後の女性における脂肪性浮腫の低減が報告されてはいるが、脂肪性浮腫の度合いが年齢の増加に応じて悪化する傾向もある。[biosciencedbc.jp]

  • 脊椎圧迫骨折

    20年ほど前までは若い人が高い所から落ち、臀部を強打したときに生じるものでした。 しかし、最近の高齢者の増加にともない骨粗鬆症のある背骨に生じることが多くなっています。多くは後方へ転倒し尻餅をついたときに生じます。 その他にお米や布団などの重いものを持ったりしたときや、畑作業や草むしりなどの作業を長時間行っても生じることがあります。[jsfr.jp]

  • 股関節部骨折

    2010年には約17万人、2020年には約22万人、2030年には約26万人と増加の一途を辿ると予想されています。多くの場合は転倒して臀部(でんぶ)を打撲して骨折します。しかし、骨粗鬆症のひどい人は転倒がなくても、骨折することがあります(脆弱性骨折)。一方、若い人では交通事故や高所からの転落などの強い外力によって骨折が起こります。[kitasato-u.ac.jp]

  • 腰椎の圧迫骨折

    20年ほど前までは若い人が高い所から落ち、臀部を強打したときに生じるものでした。 しかし、最近の高齢者の増加にともない骨粗鬆症のある背骨に生じることが多くなっています。多くは後方へ転倒し尻餅をついたときに生じます。 その他にお米や布団などの重いものを持ったりしたときや、畑作業や草むしりなどの作業を長時間行っても生じることがあります。[jsfr.jp]

  • 非乏尿性腎不全

    《続きを見る》 34 leminoprazole 16 上腹部痛、下痢、両側頭部圧迫感、便秘、倦怠感、全身倦怠感、動悸、単球上昇、口内異常感、口渇、吐き気、呼吸困難、咳、咽頭痛、咽頭発赤、嘔吐、嘔気、好中球増加、好中球減少、好酸球上昇、好酸球増加、尿・潜血陽性、尿・蛋白陽性、尿糖疑陽性化、尿蛋白陽性、左背部蕁麻疹、悪心、手掌足底大腿臀部小丘疹[selimic.imic.or.jp] 、好酸球増多、水様便、泥状便、臀部カンジタ症、蕁麻疹、血小板増多、軟便、GOT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇 40 ショウサイコトウ 14 上腹部のもたれ感、下痢、低K血症、低カリウム血症、偽性アルドステロン症、動悸、嘔吐、嘔気、多尿性腎不全、尿細管障害、成分 オウゴン 間質性肺炎、横紋筋融解症、消化器症状、発熱、耐糖能異常の悪化、肝障害[selimic.imic.or.jp] グロブリン血症、多毛、平衡障害、怠薬後幻覚妄想状態、抑うつ状態、抑うつ症状、歯肉増殖、発作後精神病、胎児バルプロ酸症候群、薬物性難聴、血清葉酸値低下、追加・増量後幻覚妄想状態、間質性肺炎、骨代謝異常、choreoathetosis、Stevens-Johnson症候群 40 sufropenem 14 下痢、分葉好中球減少、好酸球上昇、好酸球増加[selimic.imic.or.jp]

  • 子宮断端脱

    、大腿部痛 術後1か月の 安静期間 が必要 欠点 手術、麻酔 侵襲の増加 腹部に創部 ができる[m.ehime-u.ac.jp] LSC手術の違い TVM(経腟的手術) LSC(経腹内視鏡下手術) 利点 経腟的手術操作 で済む 腹部治療歴は問題にならない 利点 子宮頸管と仙骨固定による 確実な 膣壁の挙上効果 経腹操作による、 感染リスクの低下 退院後の 生活制限が少ない 欠点 常在菌のいる経腟的手術による 感染リスク 子宮を温存することでの 子宮頸管脱再発 術後の 臀部[m.ehime-u.ac.jp]

  • ファブリー病

    病変が大きい場合は軽度の角質の増加が認められる。病変は臍部から膝にかけて最も密であり、腰部、背部、大腿部、臀部、陰茎、陰嚢などによく認められ、左右対称に現れる傾向がある。口腔粘膜、結膜、その他の粘膜部などにもよく出現する。また、分布のパターンや密度は病変によって大きく異なる可能性がある。[grj.umin.jp]

  • 四肢痛

    リウマチ性多発筋痛症は、炎症反応を示す血清CRPが高値( 線維筋痛症 では増加しない)、発熱、(朝にこわばる)頚肩腕痛・臀部筋痛があるのに、筋力低下なく、筋障害を表すCPK(CK)正常、膠原病の抗核抗体は陰性です。 関節リウマチ のような手指関節炎なし。[nagasaki-clinic.com]

  • アンフェタミン妄想症障害

    AUC は用量に比例して増加したが、75mg以上でCmaxの増加は用量比より低かった。t1/2は25〜49日の範囲であった。 統合失調症患者の三角筋又は臀部筋内に単回投与したときの血漿中パリペリドンの薬物動態パラメータ(平均値 S.D.)[kegg.jp] 4.0-42.2) 9198 4764 44.7 21.6 150mg(n 9) 17.2 9.95 18.0(4.0-28.0) 20861 9960 49.7 22.6 a):中央値(範囲) (外国人における成績) [6] 統合失調症患者に本剤をパリペリドンとして25〜150mg三角筋内に単回投与したときの血漿中パリペリドンのCmaxは、臀部筋内投与時[kegg.jp]

  • グリセロールキナーゼ不足

    「カロリー制限はなぜ寿命を延ばすのか」の参考資料。カロリー制限をした場合とそうでない場合で、自律神経、ホルモン、生理活性物質による反応がどう変わるか、細胞内でのシグナル伝達がどのように行われるか、その結果、栄養素の代謝がどう変わるのかについてまとめた。 1 : 栄養素の代謝 私たちは、生命活動の維持に必要なエネルギーを食物中の栄養素から得ている。中でも、糖質、脂質、タンパク質は、三大栄養素である。三大栄養素は、消化吸収後、体の構成成分になることもあるが、エネルギー源にもなる。どちらにせよ、それは代謝のために必要な低エントロピー資源である。[…][nagaitoshiya.com]

さらなる症状