Create issue ticket

考えれる31県の原因 膿尿

  • 尿路感染症

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 複雑性尿路感染症(後述)、免疫不全患者など…緑菌、真菌、セラチア属などが問題になりやすいほか、クレブシエラ属や腸球菌などでも抗菌薬に高度耐性である菌がみられる頻度が高く、注意が必要である。大腸菌の薬剤耐性も進んでおり、レボフロキサシン感受性株は90.6%、シタフロキサシン感受性株は97.2%であった。[ja.wikipedia.org]

  • 急性膀胱炎

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 複雑性尿路感染症(後述)、免疫不全患者など…緑菌、真菌、セラチア属などが問題になりやすいほか、クレブシエラ属や腸球菌などでも抗菌薬に高度耐性である菌がみられる頻度が高く、注意が必要である。大腸菌の薬剤耐性も進んでおり、レボフロキサシン感受性株は90.6%、シタフロキサシン感受性株は97.2%であった。[ja.wikipedia.org]

  • 膣炎

    膣炎(ちつえん、英語: Vaginitis)とは、女性の膣に炎症を生じた病態。 細菌性膣炎 カンジダ膣炎 トリコモナス膣炎 萎縮性膣炎(老人性膣炎)[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    また、膀胱炎と異なる点は血尿、尿を伴わないことである。 原因により異なる。婦人科に受診し、原因微生物によって抗生物質を選択し投与することとなる。 性交をしないことが最大の予防となる。 コンドームの使用には一定の予防効果がある。(100%ではない) 経口避妊薬には予防効果はない。[ja.wikipedia.org]

  • 腎盂腎炎

    臨床症状として血尿、混濁尿尿、細菌尿、発熱を特徴とする。病理学的には腎杯の炎症、壊死、変性が認められる。ウシではCorynebacterium属菌(特にCorynebacterium renale)による感染が重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 尿道炎
  • 急性前立腺炎

    尿や精液の検査の場合、前立腺からの分泌物である前立腺液にが混ざるようになる。 射精 した後や前立腺をマッサージした後に尿を調べてみると、尿の中にが見られる。このため炎症が激しい場合には精液が黄色くなる。[ja.wikipedia.org] また 膀胱炎 を併発したような場合には尿が混ざるようになり、排尿痛、頻尿、残尿感などというような膀胱炎のような症状が出る [1] 。 炎症が激しい場合には 敗血症 にまで進展し、この場合には 多臓器不全 などで 死亡 する事もある [3] 。[ja.wikipedia.org] 膀胱炎を併発している場合には、尿の中にである白血球が認められるようになる [5] 。 超音波検査の場合、腫れた前立腺が認められ、時には膿が溜まっているのが見られる。精液や前立腺液を培養して細菌を調べ、その細菌に有効な薬を検査する [5] 。 治療 [ 編集 ] 治療に関してであるが、普通は入院して 絶対安静 にして 点滴 などを行なう。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性前立腺炎
  • 腎結石症

さらなる症状