Create issue ticket

考えれる481県の原因 膿尿

  • 尿路感染症

    細菌尿患者の60-85%にWBC 10個/HPF以上といわれ、逆に無菌性尿の患者では、尿路結核を疑う。[home.hiroshima-u.ac.jp] 尿路感染症は小児、性的活動期、高齢者に多い疾患です。中間尿で白血球が検出され(尿)、尿培養検査で細菌数が1mlあたり10万個が認められた場合、尿路感染症と診断されます。原因菌としては大腸菌が最も多いです。しかし、アデノウイルスやクラミジア、真菌(カンジダ)に起因することもあります。[kyorin-u.ac.jp] 簡単な特徴のある症状として、 腎盂腎炎・・・高熱・背部痛・腰痛・混濁尿 膀胱炎・・・頻尿・血尿・残尿感・排尿時痛 尿道炎・・・排尿時痛・尿道のかゆみ・尿 前立腺炎・・・高熱・混濁尿・会陰部痛 尿路感染の場合では、膀胱炎が多くみられるようです。 前立腺炎は、前立腺肥大症が合併していると罹りやすいように思います。[cosumo-wakayama.jp]

  • 膀胱炎

    例えば、若い女性の場合は単純性膀胱炎が発症しやすい年齢ですし、年配の男性の場合は、前立腺肥大症や尿管結石、前立腺炎の可能性が高くなる、という具合です。 膀胱炎の検査・診断方法 膀胱炎と確定されるのは、検尿で尿(のうにょう)と、細菌尿の結果が出たときです。[saiseikai.or.jp] 膀胱炎の患者さんの検尿で血尿(肉眼的血尿または顕微鏡的血尿)を認めることはよくありますが、治療後に尿、細菌尿などが改善しても血尿が続く場合は基礎疾患の存在が疑われるので、必ず1週間後に外来に来ていただき検尿を施行しています。[ohta-hp.or.jp] 尿、排尿時痛、残尿感、下腹部不快感、が主な症状で、尿検査で尿(白血球が含まれる尿)、血尿をみられます。膀胱炎をはじめ尿路感染症は単純性と複雑性に分けられます。 単純性膀胱炎 単純性膀胱炎の多くは、外陰、外尿道口付近の細菌が尿道から進入して膀胱で炎症を起こすことです。[kyorin-u.ac.jp]

  • 膣炎

    また淋菌が尿道に感染すると強い排尿痛、頻尿尿尿が混じる)、および残尿感などの尿路感染症状がでることもあります。男性はほとんどの場合で尿路感染症状がみられます。 抗生剤の内服または静脈注射で治療します。[ami-clinic.jp] 通常粘液またはの排泄があり、 たまに 頻尿 やオスをひきつけること がありますが他の臨床症状はないことが一般的です。 正常な発情周期によって発生する場合があり、これは自然治癒するものがほとんどです。性成熟前の仔犬 にも性成熟後の雌犬にもみられます。[minamigaokaah.com] 膣は、雌犬が尿をするときに尿が出てくる場所(外陰部)からその奥の子宮の入口までをつないだ洞穴状の空間で、尿の出口(外尿道口)も膣の内部にあります。 膣炎の犬は違和感から陰部をしきりに舐めたり、のような分泌物が陰部を汚します。[axa-direct.co.jp]

  • 急性膀胱炎

    難治性膀胱炎では、抗菌薬を使用しているにもかかわらず症状が改善せず、尿が持続する場合を指します。この場合、下部尿路の炎症が原因であることが多く、膀胱炎以外の疾患(神経因性膀胱、間質性膀胱炎、尿路結石、尿路腫瘍など)を除外します。[medicalnote.jp] 頻尿は1回排尿量が少なく残尿感が強くなります。排尿痛は終末時排尿痛が多いですが,激症時には全排尿痛になります。尿混濁は尿によることも血尿によることもあります。 上記臨床症状に,尿や細菌尿などの尿所見があれば診断は容易です。腎盂腎炎と異なり発熱は認められません。[nakamura-urology.com] 例えば、若い女性の場合は単純性膀胱炎が発症しやすい年齢ですし、年配の男性の場合は、前立腺肥大症や尿管結石、前立腺炎の可能性が高くなる、という具合です。 膀胱炎の検査・診断方法 膀胱炎と確定されるのは、検尿で尿(のうにょう)と、細菌尿の結果が出たときです。[saiseikai.or.jp]

  • 尿道炎

    【症状】 痛みを伴う頻尿や排尿困難、血尿、尿、痛みによる元気の消失や食欲の低下などがみられます。膀胱炎と尿道炎の症状は類似していますが、尿道炎では血尿が排尿の最初にみられますが、膀胱炎では尿全体もしくは排尿の終わりにみられます。尿道の違和感のために雌では外陰部、雄では陰茎をなめるような仕草がみられることもあります。[noah-vet.co.jp] 診断 性的活動期の男性に多く,排尿時痛,尿道分泌物を訴える.尿沈査で尿を認める.感染機会から発症までの潜伏期間,排尿時痛と分泌物の性状で淋菌とクラミジアの鑑別は比較的容易である.淋菌では潜伏期間は2 5日間で尿道分泌物は黄色膿状,排尿時痛も強いことが多い.クラミジアでは潜伏期間は10 14日間で尿道分泌物は透明である.分泌物は粘液状少量であり[kotobank.jp] 男性の症状は淋菌性の場合と似ているかやや緩やかで、尿(のうにょう:尿道の炎症によって白血球のまじった尿のこと) 混濁尿(こんだくにょう:いろいろなものがまじった、にごった尿のこと)、尿道のかゆみ、排尿異常、排尿時灼熱感などがある。 症状は休止と再燃(一時おさまっても再びあらわれる状態)を繰り返して長引くが、自然に軽快することもある。[kenkou.pref.mie.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    また、膀胱炎と異なる点は血尿、尿を伴わないことである。 原因により異なる。婦人科に受診し、原因微生物によって抗生物質を選択し投与することとなる。 性交をしないことが最大の予防となる。 コンドームの使用には一定の予防効果がある。(100%ではない) 経口避妊薬には予防効果はない。[ja.wikipedia.org] 男性は排尿時痛や尿などの症状があります。 放置して感染が長期化すると子宮頸管とどまらず、腹腔内に上行感染し不妊や肝周囲炎、骨盤内炎症性疾患を引き起こす原因となります。 診断: 内診台に上がり、膣の奥の子宮頸管部を専用の綿棒でぬぐい、診断します。 治療: 抗生物質の投与 治療後当院では再検査を行い、完治を確認して治療を終了しています。[kisaki-clinic.jp]

  • 慢性前立腺炎

    症状は排尿痛(おしっこする時に痛みを感じる)、頻尿(おしっこの回数が多く、一回の排尿量は少ない)、残尿感(おしっこをした後でもすぐにトイレへ行きたくなる)、下腹部不快感、血尿(おしっこがピンク色をしている)、尿(おっしこが濁って匂いがきつい)などで、一般的には発熱を伴ないません。[info.fujita-hu.ac.jp] 症状は尿道の不快感やかゆみで白 透明のが尿道から出ます。 検査は尿の検査で行います。 治療は抗菌剤を2 3週服用する必要があります。 淋病 感染機会から2日 5日ぐらいしてから症状が現れます。 症状は排尿時痛や尿道のただれで黄色いが尿道から出ます。 検査は尿の検査で行います。 抗菌剤の服用または注射にて治療します。[kikuna-ekimae.com] 患者様に多く見られる症状・お悩み 尿が出にくい、出ない 尿に勢いが無い 尿の色が赤い(血尿) おしっこが近い、回数が多い 尿が残っている感じがする(残尿感) 夜中にトイレに起きる(夜間頻尿尿が漏れる 足がむくむ 腰や背中が痛む 腎臓の辺りが痛む 尿道からが出た 血尿やたんぱく尿など健診で指摘された など 男性の悩み 睾丸や陰嚢が腫れた[nagai-uro.net]

  • 腎盂腎炎

    臨床症状として血尿、混濁尿尿、細菌尿、発熱を特徴とする。病理学的には腎杯の炎症、壊死、変性が認められる。ウシではCorynebacterium属菌(特にCorynebacterium renale)による感染が重要である。[ja.wikipedia.org] 他覚的には左右どちらかの背部に叩打痛を認め、検査所見では,尿,細菌尿の検出が陽性となり,また末梢血では白血球が増加します。治療の基本は水分の補給と抗菌薬の投与で、発熱、脱水が著明な場合はしばしば補液が必要となります。[sky-uro-clinic.com] 尿 膀胱尿道炎を原因とするので、頻尿となります。 尿 感染した菌による尿に混じ、尿となります。 血尿 感染によって尿路から出血し、血尿となります。 原因 典型的な腎盂腎炎は、膀胱に感染した細菌が、腎臓へ尿感から上行することによって起きます。[tokiwa.or.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    尿は細菌を伴った細菌尿となり,尿となることも多い。… ※「急性腎盂腎炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp] 頻尿は1回排尿量が少なく残尿感が強くなります。排尿痛は終末時排尿痛が多いですが,激症時には全排尿痛になります。尿混濁は尿によることも血尿によることもあります。 上記臨床症状に,尿や細菌尿などの尿所見があれば診断は容易です。腎盂腎炎と異なり発熱は認められません。[nakamura-urology.com] 他覚的には左右どちらかの背部に叩打痛を認め、検査所見では,尿,細菌尿の検出が陽性となり,また末梢血では白血球が増加します。治療の基本は水分の補給と抗菌薬の投与で、発熱、脱水が著明な場合はしばしば補液が必要となります。[sky-uro-clinic.com]

  • 腎結石症

    また、細菌を殺すために尿路に白血球が流れ込み、尿が濁って見えます(尿)。このように細菌が直接腎臓に付いて起こる炎症を 腎盂腎炎 と呼びます。 細菌の侵入経路からもわかるるように尿路全体が炎症を起こし、残尿感や頻尿などの 膀胱炎症状 も見られます。通常、膀胱と尿管の間には弁のような構造があり、尿は逆流しないようになっています。[plaza.umin.ac.jp] 腰部の鈍痛のみが自覚されたり、結石周囲の細菌感染のために尿や細菌尿のみを認めるということもあります。 膀胱結石、尿道結石では膀胱刺激症状の他、尿流の途絶が生じることがあります。 結石の排出時には、通常、排尿痛や違和感を伴いますが、無自覚に排石されることもあります。[uro.jp] 尿路結石症の主な検査 尿検査 尿中に赤血球があるか? 血尿を疑います。 尿中に白血球があるか? 尿を疑います。 結石の結晶がみられることもあります。 超音波検査 腎臓に結石があるのか? 尿路が閉塞していないか? 水腎症の有無を調べます。 CT検査 X線では移りにくい結石も撮影することができる。 尿路の閉塞もわかる。[yamano-cl.jp]

さらなる症状