Create issue ticket

考えれる270県の原因 膵萎縮

  • 膵萎縮

    膵管内の治療困難な結石に対しては,管内圧の減圧を目的に管ステント留置の定期交換のみを行う場合もあります。一方,尾側の萎縮が著明な症例や実質に存在する膵石では,多発していても有症状化することは稀であり,経過観察としている場合がほとんどです。[jmedj.co.jp] 【結語】胃全摘術後には,術前に比べ,萎縮を認め,Cペプチド分泌や便中エラスターゼは有意に減少した.これら変化は機能不全の準備状態であり,今後,臨床的意義を明らかにするとともに,その発症機構を解明することが重要であると考えられた.[micenavi.jp] また超音波内視鏡では直接腫瘍を描出するだけではなく、腫瘍として捉えることのできない微小癌によって起きる変化(管の狭窄・拡張や萎縮)が確認できれば、ERCPで更なる精査(経鼻管ドレナージチューブ留置(ENPD)下の繰り返しの膵液細胞診)を行います。また膵嚢胞を持っている人の膵臓には膵癌が発生しやすいことが分かっています。[ncc.go.jp]

  • 急性胃腸炎

    外分泌不全 【原因】 末期の慢性の炎や,先天性形成不全,膵臓癌,膵臓の萎縮などで膵臓が全く機能しなくなった状態である.このため慢性的に(いつもずっと)食事の消化が悪くなる.慢性炎は普通は5歳以上の犬でみられるもので,ミニチュアシュナウザーに好発する.膵臓の萎縮は消化酵素を出す外分泌部だけの萎縮であり,比較的若い1-5歳の犬に発生するが[jbvp.org] 真の原因は不明で,栄養障害,管のつまり,中毒,その他が疑われている.癌の発生は老齢動物にみられるものであるが非常にまれである.ただし消化酵素不足による単なる消化不良ではなく,腸にも影響が及び,細菌も異常し,様々な症状がみられ.[jbvp.org]

  • ビタミンB12欠乏

    異常値を示す病態・疾患 減少する疾患 悪性貧血, 胃切除後貧血, 萎縮性胃炎, 回腸切除, 内因子分子機能不全, 妊娠, 肺結核, 慢性アルコール中毒, 慢性炎 上昇する疾患 急性肝炎, 原発性・転移性肝癌, 甲状腺癌, 骨髄線維症, 骨髄増殖性症候群, 真性多血症, 赤白血症, 乳癌, 肺癌, 慢性骨髄性白血病, 膵癌 参考文献 測定法文献[test-guide.srl.info]

  • 慢性膵炎

    慢性炎は、膵臓での炎症の進行を特徴とし、萎縮あるいは組織の線維化によって内分泌組織と外分泌組織に進行性障害が現れる。その結果、反復性腹痛や持続性腹痛、糖尿病(内分泌不全)および消化不良(外分泌不全)などを認めるようになる。所見の変化がわずかで不明瞭な上に、他の疾患とも重なるため、早期慢性膵炎の診断は難しいといわれている。[natureasia.com] 診断 血液・尿検査 血液・尿中の酵素異常(アミラーゼ、リパーゼ、エラスターゼ)、外分泌障害などがみられる。 腹部エコー・EUS・CT・MRI/MRCP 萎縮、変形、主管の不整拡張、分枝膵管の不規則な拡張、膵石を認める。膵嚢胞や膵実質のエコー異常も早期膵炎の所見と考えられている。[tobu-hp.or.jp] また内分泌腺の機能が損なわれることで性糖尿病の発症などがあらわれます。またこの時期には石灰化が顕著となり、管拡張や萎縮などの形態変化の進行もみられるようになります。 一方で、膵臓の実質は少なくなっており、炎症による腹痛発作は減っていきます。[medicalnote.jp]

  • 酒害

    脳では脳萎縮、認知症。消化器では食道がん、咽頭がん、炎、脂肪肝、肝硬変。循環器では高血圧、不整脈、アルコール性心筋炎、代謝障害では糖尿病、痛風、他に多発神経炎や大腿骨頭壊死など、もちろんこれ以外にも様々な怖い病気の原因になります。 「酒は百薬の長」と言って擁護される事がありますがこの言葉の続きも覚えて下さい「されど万病のもと」です。[niihama-med.or.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    (すい) 萎縮 (すいいしゅく) 膵臓の厚みが薄くなっていることです。慢性炎で膵臓が委縮している場合には膵液を作る働きも低下していることがあり精密検査が必要です。なかには病気ではなく、もともと膵臓が小さい方もおられます。 膵管拡張 (すいかんかくちょう) 消化液である膵液は膵臓で作られ、膵管を通って十二指腸に流れます。[ningen-dock.jp]

  • レーノー現象

    症状:胃もたれ感、体重減少 検査:胃カメラ 治療:消化剤 慢性炎 症状:油の多い食事の2時間後の腹痛(おへそのあたり)・背部痛、普段から下痢をしやすい、 体重減少。[utanohosp.jp] サイトカインが媒介) 治療:ステロイド剤、サイトカイン阻害薬 体が疲れる原因 炎症による消耗(サイトカインが媒介) 検査:血液検査(血沈、γグロブリン、IgG、CRP) 治療:安静、消炎鎮痛剤、ステロイド剤、サイトカイン阻害薬 栄養障害 唾液が出にくいことは、咀嚼や消化に影響 吸収障害 治療:食事形態の工夫、薬物療法については唾液・涙の項で既述 萎縮性胃炎[utanohosp.jp]

  • 胃炎

    慢性炎 膵臓に繰り返し発生した炎症により、細胞が破壊されて膵臓が萎縮していく病気で、腹痛や背中の痛み、吐気、嘔吐、腹部の張りなどの症状が起こります。要因は、飲酒・喫煙、暴飲暴食が多いと言われており、稀に消化酵素の遺伝子異常により発症する場合があります。[higuchi-cl.jp]

  • 十二指腸憩室

    の不整、石、実質の萎縮、仮性嚢胞など l 糖負荷試験 F.診断基準 (1995) 典型的な慢性炎症例では、腹痛や腹部圧痛などの臨床症状、あるいは膵外・内分泌機能不全に基づく臨床症候がみられる。[kanazawa-med.ac.jp] 尿中膵酵素:膵機能が荒廃すると膵酵素が上昇しないことがある l 腹部エックス線 : 膵石 l ERCP: 膵管および分枝の不整・拡張像 l 膵機能検査 セクレチン試験 : 膵液量、膵分泌酵素量、重炭酸塩最高濃度の 3 因子測定 BT-PABA(pancreatic function diagnostant:PFD) 試験 l 超音波・ CT: 主[kanazawa-med.ac.jp]

  • 内分泌機能不全

    13 薬剤性糖尿病 14 脂肪萎縮症 15 インスリン自己免疫症候群 16 インスリン療法 17 GLP?[shindan.co.jp] 肥満症の治療 9 肥満外科 第13章 糖尿病 1 糖代謝―総論 2 糖尿病医療学 3 糖尿病の分類と成因―概略 4 糖尿病の疫学と主要な大規模臨床試験 5 糖尿病診断基準と管理目標 6 診断:病歴,診察,検査のポイント 7 1型糖尿病 8 2型糖尿病 9 遺伝子異常による糖尿病 10 妊娠糖尿病 11 内分泌性を含む二次性糖尿病 12 性糖尿病[shindan.co.jp]

さらなる症状