Create issue ticket

考えれる1,269県の原因 膵炎

  • 2型糖尿病

    グルカゴンを異常分泌するグルカゴン産生腫瘍 副腎皮質ホルモン(コルチゾル他)の作用が異常増加するクッシング症候群、原発性アルドステロン症 副腎髄質ホルモン(アドレナリン)を異常分泌する褐色細胞腫 成長ホルモンを異常分泌する成長ホルモン産生腫瘍(先端巨大症) 肝硬変 慢性、ヘモクロマトーシス、癌 筋緊張性ジストロフィー 薬剤性(サイアザイド[ja.wikipedia.org] 代表疾患 急性 膵臓 から漏れ出した 液 が周囲の 脂肪組織 を溶かす。脂肪から分解してできる トリグリセリド が血中のカルシウムイオンと結合してしまう結果、活性型カルシウム濃度が低下する。 慢性腎不全 ビタミンD の代謝障害によって血清カルシウム濃度が低下する。[ja.wikipedia.org]

  • 胆石症

    他の画像診断で疑わしい場合、直接造影剤を注入し行なう内視鏡的胆道造影(ERCP)も有用です。 治療 胆管結石は胆管、黄疸、肝障害などを起こすことがあり、なかには命にかかわることもあるので早急な治療を要します。内視鏡的に摘出する方法と手術で胆管を切開し石を摘出する方法とがあります。[murayama-hosp.jp] 偶発症には、急性や消化管穿孔、急性胆道、出血、ショック、呼吸抑制、誤嚥性肺炎などがあります。最も頻度が高く重篤化する危険があるものは急性であり、ERCP症例の0.4%に認められました。[fukuoka.hakujyujikai.or.jp] 胆石による腹痛は、ほとんどは自然に消失しますが、年間に患者の20〜40%で症状が再発し、1〜2%が胆嚢、総胆管結石症、胆管および胆石などの合併症を来します。このため、胆嚢摘出術の適応となります。 当院では基本的に腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術を行っております。[higashi-totsuka.com]

  • 膵膿瘍

    血中または尿中に酵素( アミラーゼ ・ リパーゼ など)の上昇が認められる。 超音波、CTまたはMRIでに急性に伴う異常所見がある。 上記3項目中2項目以上満たし、他の疾患および急性腹症を除外したものを急性と診断する。但し、慢性の急性増悪は急性に含める。 急性と診断した場合は重症度に関係なく、入院治療を行う 。[ja.wikipedia.org] 質問したいこと でなぜ貧血になるのか分かりません。炎症が広がり腹腔内で出血が起きているからですか? ひとこと回答 はトリプシンなどの酵素が活性化された状態で、炎症によって他の臓器にも影響を及ぼします。また急性の重症化によって腎機能障害を合併した場合に、腎性貧血をおこすこともあります。[kango-oshigoto.jp] 腹部エコー・EUS・CT・MRI/MRCP 膵の萎縮、変形、主管の不整拡張、分枝管の不規則な拡張、石を認める。嚢胞や実質のエコー異常も早期の所見と考えられている。 ERCP 主管の不整なびまん性な拡張、石、タンパク栓の有無を評価する。石があると全体像の評価ができず、検査でを惹起することがある。[tobu-hp.or.jp]

  • 低ナトリウム血症

    腎外性体液喪失としては嘔吐、下痢、経管ドレナージなど消化管からの喪失や、熱傷、、腹膜炎といったサードスペースへの喪失などがあげられる。発汗などで水分塩分を大量に失い、塩分を補給せず水分のみ大量に補給することでも陥りやすい。細胞外液不足のため腎臓への血流が極度に低下し、腎前性腎不全となる。[ja.wikipedia.org]

  • 膵炎

    アルコール性 自己免疫性(IgG4関連疾患) 遺伝性 胆管合流異常症 血液検査 白血球数増加、CRP・血清アミラーゼ・血清エラスターゼ1値上昇などがみられる。 腹部超音波検査 炎症のため腫大した膵臓や、もしくは壊死して萎縮した膵臓などがみられることがある。[ja.wikipedia.org] 急性(Acute pancreatitis) 慢性(Chronic pancreatitis) 要因として以下の疾患が原因となりうる。詳細は各項目の記述を参照。[ja.wikipedia.org] (すいえん、英: Pancreatitis)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態の総称。炎症の原因は、ウイルス感染症、胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性がある。 臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。[ja.wikipedia.org]

  • アデノウイルス感染症

    咽頭炎、扁桃炎、肺炎などの呼吸器疾患、咽頭結膜熱、流行性角結膜などの眼疾患、胃腸などの消化器疾患、出血性膀胱などの泌尿器疾患から、肝炎、から脳炎にいたるまで、多彩な臨床症状を引き起こす。 咽頭結膜熱の流行をおこすのは多くは3型であるが、4型、7型、また2型、11型など他の型による場合もみられる。[niid.go.jp]

  • 胆嚢炎

    と質問したところ、「(すいえん)と胆嚢炎(たんのうえん)」と話がありました。 膵臓には栄養素を消化する酵素を分泌する役割(外分泌部・・十二指腸内で作用)とインスリンなどを分泌する役割(内分泌部)がありますが、前者の外分泌部の疾患として代表的なものがです。 には急性と慢性がありますが、犬の場合はほとんどが急性です。[fujii-vet.com] 2.転医前のクリニックの医師が急性ではなく急性胆嚢と診断した過失の有無 この点について、裁判所は、厚生省難治性疾患調査研究班が、昭和63年に定めた急性及び重症急性の診断基準が、臨床医にとっての診断方法として合理的であることが一般的に承認されていると判示しました。[medsafe.net] ほかは酵素の逆流などがある。 無石胆嚢の場合は細菌感染が主な原因であるが、長年の静脈の栄養補給によって発症することもある。 タバコとの関連性も指摘されている。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸炎

    黄疸、肝炎、肝硬変、門脈圧亢進症、肝細胞癌、ヘモクロマトーシス、ウィルソン病、NASH、脂肪肝、バンチ症候群、バッド・キアリ症候群、原発性胆汁性胆管、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害。 胆石症、胆管細胞癌、胆嚢、胆管、原発性硬化性胆管、膵臓癌。 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。[ja.wikipedia.org] 内視鏡を用いるか、あるいは経皮穿刺による管造影(ERCP)・胆管造影(ERBD, PTCD)も行われる。 消化管 虚血性大腸、上腸間膜動脈血栓症などの検査。難治性出血では塞栓術も行われることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 胆汁うっ滞

    FIC1は肝臓のほか、腎臓、小腸、膵臓、蝸牛有毛細胞、膀胱、胃でも発現しているため、胆汁うっ滞性肝障害とともに、肝外症状として下痢や、難聴をきたすこともある。[ped-hbpd.jp] 肝臓以外に原因がある場合には、胆管内の結石、胆管狭窄(きょうさく)、胆管癌、膵臓癌(すいぞうがん)、などがあります。 【症状】 胆汁うっ滞に特徴的な症状には、黄疸、尿の色が濃くなる、便の色が薄くなる、全身のかゆみがあります。過剰なビリルビンが皮膚に沈着して黄疸を生じ、腎臓から排泄された過剰なビリルビンにより尿の色が濃くなります。[mh.rgr.jp] 癌のリスクファクターとして明らかになっているのは、癌や遺伝性癌症候群などの家族歴、糖尿病、慢性のう胞、遺伝性などの合併症、喫煙などの嗜好が挙げられています。癌が身内にある方、糖尿病と初めて診断された方やコントロールが悪くなった方、のう胞と診断された方は病院で検査を受けることをお勧めします。[pref.aichi.jp]

  • 胆石症

    他の画像診断で疑わしい場合、直接造影剤を注入し行なう内視鏡的胆道造影(ERCP)も有用です。 治療 胆管結石は胆管、黄疸、肝障害などを起こすことがあり、なかには命にかかわることもあるので早急な治療を要します。内視鏡的に摘出する方法と手術で胆管を切開し石を摘出する方法とがあります。[murayama-hosp.jp] 偶発症には、急性や消化管穿孔、急性胆道、出血、ショック、呼吸抑制、誤嚥性肺炎などがあります。最も頻度が高く重篤化する危険があるものは急性であり、ERCP症例の0.4%に認められました。[fukuoka.hakujyujikai.or.jp] 胆石による腹痛は、ほとんどは自然に消失しますが、年間に患者の20〜40%で症状が再発し、1〜2%が胆嚢、総胆管結石症、胆管および胆石などの合併症を来します。このため、胆嚢摘出術の適応となります。 当院では基本的に腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術を行っております。[higashi-totsuka.com]

さらなる症状

類似した症状