Create issue ticket

考えれる5県の原因 膵島細胞腫瘍

  • 原発性甲状腺機能亢進症
  • 甲状腺機能低下症

    鑑別疾患として破傷風、腎不全、細胞腫瘍、高脂血症、カルシウム吸収不良、炎、低アルブミン血症による低カルシウム血症が挙げられる。治療にはカルシウム剤、アルミゲル、ビタミンDの投与が行われる。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性内分泌腫瘍症 1型
  • グルカゴン産生腫瘍

    ドキソルビシンやストレプトゾシンは細胞に対して選択的毒性を持つ。これらの治療は腫瘍消失を目的とするものではなく、症状の進行を抑えることを目的としている。 グルカゴノーマの唯一の治癒的治療は外科的切除であり、切除により症状が緩和する患者も居る。[ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    受容体・β細胞に対する自己抗体による)緊急対応 治療は緊急を要する。[ja.wikipedia.org] 代表的な原因 糖尿病治療薬、ペンタミジン、キニーネなどによる薬剤性 副腎不全(副腎皮質ホルモン剤の急な中止など) インスリン産生腫瘍(インスリノーマなど) 肝細胞癌はそれそのものがインスリン様物質(IGF-II)を産生し、低血糖症の原因となることがある(腫瘍随伴症候群) 肝不全 重篤な慢性疾患(癌など何でも) 自己免疫性低血糖(インスリン・インスリン[ja.wikipedia.org]

さらなる症状