Create issue ticket

考えれる5県の原因 膵嚢胞

  • 急性膵炎

    ただしERCP施行そのものでも炎の悪化を助長するため慎重に判断される。 合併症 [ 編集 ] 予後を左右する合併症としては以下がある。 仮性嚢胞 感染を併発し膿瘍化すると 敗血症 になる場合も多くドレナージ治療が必要となってくる。 壊死部感染 膵臓に壊死が生じ感染すると 敗血症 になる場合も多く、壊死組織摘出術が必要となる。[ja.wikipedia.org]

  • 膵腫瘍

    キーワード:IPMN,IPMT,MCN,MCT,腫瘍,嚢胞頭十二指腸切除術,体尾部切除術,全胃幽門輪温存,幽門輪温存頭十二指腸切除術,Whipple法,Child法,今永法,PD,PPPD,DP,嚢胞腫瘍,胆管がん,十二指腸乳頭部がん,ERCP.ENBD,PTCD,ジェムザール,ゲムシタビン,ティーエスワン,TS-1, テガフール[kuhp.kyoto-u.ac.jp] T因子 Tis: 非浸潤癌  非浸潤性粘液性嚢胞腺癌および管内乳頭粘液性腺癌,上皮内癌 ( carcinoma in situ )などに相当する. T1: 腫瘍径が2 以下で膵内に限局したもの  膵管内進展部分を含めた大きさが2 を越えていても膵管壁を越えた浸潤部 がこの条件を満たしていれば膵局所進展度はT1とする.[kuhp.kyoto-u.ac.jp] 粘液性嚢胞腫瘍 (MCT) - 粘液を有する大型・多房性の嚢胞性病変で、中年女性に好発する。悪性度が高く、通常型癌に準じた治療が行われる。 腺房細胞癌 - 腺房に由来する比較的稀な腫瘍である。[ja.wikipedia.org]

  • 血管芽腫

    フォン・ヒッペル・リンドウ病は中枢神経系や網膜の血管芽腫のほか、腎細胞癌(主として明細胞癌)、褐色細胞腫、精巣上体嚢胞、多発性腎嚢胞嚢胞内分泌腫瘍、内耳内リンパ嚢胞腺腫等を生じうる。 この疾患の責任遺伝子は第3染色体の3p35-26領域にあるVHL遺伝子である。[ja.wikipedia.org] 中枢神経系血管芽腫、網膜血管芽腫、多発性腎嚢胞、腎細胞癌、褐色細胞腫、精巣上体嚢胞嚢胞内分泌腫瘍などを生じうるが、臨床症状には個人差があり、それぞれ生じる腫瘍や嚢胞による症状を呈する。 VHL病の約80%に見られる頻度の高い病変である。うち、80%が脳(特に小脳)、20%が脊髄に発生する。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    病変 嚢胞はADPKD患者の約8%に生じる.これらはフォンヒッペル・リンドウ病で見られるものよりは軽度である.ADPKDと腫瘍の関連性についての報告もあるが,これは二つの疾患の偶然の合併と思われる.[grj.umin.jp] Includes: Polycystic Kidney Disease Type 1 (PKD1), Polycystic Kidney Disease Type 2 (PKD2) 要約 疾患の特徴 常染色体優性遺伝性多発性嚢胞腎(ADPKD)は両側性の腎嚢胞,肝,精嚢,,くも膜などその他の臓器の嚢胞,頭蓋内動脈瘤や大動脈弓拡張,胸部大動脈解離[grj.umin.jp] フォンヒッペル・リンドウ病 フォンヒッペル・リンドウ病は常染色体優性遺伝性疾患で,網膜や中枢神経の血管芽腫,腎嚢胞,腎細胞癌,嚢胞,褐色細胞腫,精巣上体の乳頭嚢胞腺腫を生じる.腎嚢胞は通常多発性,両側性でしばしば多発性の充実性腫瘍を合併する.充実性腫瘍を伴わない場合は本症の腎臓はADPKDのそれに似ている.[grj.umin.jp]

  • 嚢胞性線維症

    胆汁の粘性が強くなると、胆石をおこしたり、炎をおこしたり、肝機能障害からついには肝硬変をきたす。ただし軽い場合は成人後発病することもある。 嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)患者と家族の会[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状