Create issue ticket

考えれる24県の原因 膠細胞封入体

  • 線条体黒質変性症

    1989年に、MSAの病理学的特徴である、神経細胞の細胞質内封入(glial cytoplasmic inclusion、GCI)が記載され、MSAが病理学的な一疾患単位であることが確立した。[arsvi.com] MSAは、以前は3つの病気に分けて記載されました(オリーブ橋小脳萎縮症(OPCA)、シャイドレーガー症候群、線条黒質変性症(SND))が、MSAの病理学的特徴である、神経細胞の細胞質内封入(GCI)が明らかとなり、MSAが一疾患単位であることが確立しました。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 髄膜腫

    腫瘍細胞は類円形の明るい核を有し、核小体は目立たず、核に空胞状の封入がしばしば見られる。線維性髄膜腫は束状に増勢する細長い紡錘形細胞からなり、間質の原線維を伴う。両者の移行型を移行性髄膜腫(transitional meningioma)と呼び、この三者の頻度が最も高い。[pathologycenter.jp]

  • 筋炎

    急性 間質性肺炎 を合併し、予後不良 抗MDA5抗体 IV型 小児の皮膚筋炎 血管炎・皮下石灰化を合併 抗Mi-2抗体など V型 悪性腫瘍に合併する筋炎 治療反応性不良 抗TIF1γ抗体 VI型 他の膠原病に合併する筋炎 SLE 、 強皮症 に合併 抗U1/U2RNP抗体、他の原病の自己抗体 VII型 封入筋炎 進行性、治療抵抗性で高齢者[ja.wikipedia.org] 細胞内の空胞、線維状封入体が存在 自己抗体陰性 原因 [ 編集 ] 詳しいことはわかっていないが、自己免疫による筋障害であると想定されている。 橋本病 、 バセドウ病 や他の膠原病など自己免疫疾患に伴って発症すること、自己抗体を伴うことがあることがその理由とされている。[ja.wikipedia.org]

  • 星状細胞腫による腫瘍

    腫瘍細胞は類円形の明るい核を有し、核小体は目立たず、核に空胞状の封入がしばしば見られる。線維性髄膜腫は束状に増勢する細長い紡錘形細胞からなり、間質の原線維を伴う。両者の移行型を移行性髄膜腫(transitional meningioma)と呼び、この三者の頻度が最も高い。[pathologycenter.jp]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    特徴的な所見は,乏突起細胞内に認められる α -シヌクレインを含有する細胞質封入である。 症状と徴候 初発症状は多彩であるが,レボドパ抵抗性のパーキンソニズム,小脳の異常,および自律神経機能不全の症状が様々な組合せで生じる。 パーキンソン症状 線条体黒質変性症では,これらの症状が優勢となる。[msdmanuals.com]

  • 血管芽腫

    腫瘍細胞は類円形の明るい核を有し、核小体は目立たず、核に空胞状の封入がしばしば見られる。線維性髄膜腫は束状に増勢する細長い紡錘形細胞からなり、間質の原線維を伴う。両者の移行型を移行性髄膜腫(transitional meningioma)と呼び、この三者の頻度が最も高い。[pathologycenter.jp]

  • シャイ・ドレーガー症候群

    この病気の原因はわかっているのですか 乏突起細胞(オリゴデンドログリア、オリゴと略します)や神経細胞の中にαシヌクレインという蛋白質が凝集した特殊な封入が形成されます。これらを手がかりに発症 機序 の研究が進んでいますが、まだその全貌は分かっていません。 5.[nanbyou.or.jp]

  • ペリー症候群

    ペリー症候群(Perry syndrome) † 家族性パーキンソン病 の一種。症状は パーキンソニズム 、 うつ 、 体重 減少、 呼吸 障害など。 ダイナクチン ? を 発現 する 遺伝子 に 変異 があり、主に TH陽性細胞 に ダイナクチン ? や TDP-43 の 凝集 が起こることが知られている。 *1 ペリー症候群に関する情報を検索 最近の更新された用語[health.joyplot.com]

  • 叢状神経線維腫

    腫瘍細胞は類円形の明るい核を有し、核小体は目立たず、核に空胞状の封入がしばしば見られる。線維性髄膜腫は束状に増勢する細長い紡錘形細胞からなり、間質の原線維を伴う。両者の移行型を移行性髄膜腫(transitional meningioma)と呼び、この三者の頻度が最も高い。[pathologycenter.jp]

  • 純粋自律神経不全症

    )の細胞質に銀染色によって染め出される封入(嗜銀性封入体,GCI)がみられることです.日本人の脊髄小脳変性症の約40 50%を占めています.[shinozuka-hp.or.jp] 重要な部位(自律神経系),随意運動をするのに必要な錐体路とよばれる大脳から脊髄へ至る連絡線維(錐体路系)といった複数の系(多系統)が障害される変性疾患です.主要症状によってオリーブ橋小脳萎縮症,シャイ・ドレーガー症候群,線条体黒質変性症の3病型があります.臨床症状の現れ方は異なりますが,病理学的に共通した特徴はオリゴデンドログリア(乏突起細胞[shinozuka-hp.or.jp]

さらなる症状

類似した症状