Create issue ticket

考えれる8県の原因 膝蓋腱反射増加

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • 脊髄炎
  • 頸部椎間板ヘルニア
  • ストリキニーネ中毒 

    ストリキニーネ (strychnine) はインドールアルカロイドの一種。非常に毒性が強い。IUPAC許容慣用名はストリキニジン-10-オン strychnidin-10-one。ドイツ語ではストリキニン (Strychnin)。化学式はC21H22N2O2、CAS登録番号は57-24-9。1948年にロバート・バーンズ・ウッドワードにより構造が決定され、1954年に同じくウッドワードにより全合成された。化合物の絶対配置は1956年にX線結晶構造解析により決定された。 日本では毒物及び劇物取締法により毒物に指定されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊髄梗塞
  • 対麻痺

    対麻痺 (ついまひ、 英 : paraplegia )とは、 四肢麻痺 と異なり、両下肢のみの 運動麻痺 (運動中枢から筋線維までのうちのいずれかの障害によって 随意運動 ができない状態)がある状態のこと。特に 胸髄 以下の 脊髄 障害および損傷によるものが多い。 対麻痺の種類 [ 編集 ] 対麻痺に付随する症状によって分類する。 痙性対麻痺 (spastic paraplegia):下肢の 痙縮 (spasticity)を伴う対麻痺をこのように呼ぶ。痙縮は筋緊張の亢進(受動的に動かしたときに正常よりも抵抗が大きい状態)であり、 錐体路障害 によって現れる症状であるので、他の 錐体路徴候[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊髄圧迫

さらなる症状