Create issue ticket

考えれる22県の原因 膝蓋腱反射喪失

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    抄録 患者は72歳の男性.心不全で入院,ジギタリス投与後血清カリウム値が6.2,9.6,7.5,7.1mEq/lと異常な高値を示したにもかかわらず心電図所見が一致せず,ジギタリスを中止すると正常値に戻ったのでこの高カリウム血症を検討し生体内でのジギタリスに対する赤血球内ナトリウム,カリウムの変動についても調べた.この患者の血液は赤血球,血小板の機能異常はほとんど認められなかったが,健康者に比べて採血後に37[…][doi.org]

  • 糖尿病性自律神経障害
  • 脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。 通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある。 間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。[…][ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー
  • 全身麻酔

    全身麻酔 (ぜんしんますい、 英 : General anesthesia )は、 麻酔 方法の一つ。 手術 に付随して行われる医療である。手術する部位のみを麻酔する 局所麻酔 に対し、全身麻酔では全身を麻酔する。全身麻酔では意識が消失する。 全身麻酔が薄れるまでの間、患者は訴えることができないので、 麻酔科医 が患者のそばで注意深く監視および観察する必要がある。全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な 副交感神経 反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件を全て満たす。 歴史 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    慢性炎症性脱髄性多発神経炎 (まんせいえんしょうせいだつずいせいたはつしんけいえん、Chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy、CIDP)は、末梢神経の脱髄および炎症細胞の浸潤をきたす神経疾患のひとつ。慢性炎症性脱髄性多発根神経炎と呼ばれたり、神経炎をニューロパチーとするなど学会や組織によって表記のゆれがある。特定疾患に指定されており、公費対象となっている。臨床症状、発症様式、治療反応性などが症例により様々であり、おそらく複数の病態が含まれた症候群と考えられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症(ていカリウムけっしょう)は、なんらかの原因で血清中のカリウム濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血清カリウム濃度が3.5mEq/Lを下回ることである。また、なんらかの疾病の症候のひとつ。 血清カリウムは3.7〜4.7mEq/lと狭い範囲に調節されていて、平均的な70kgの成人は約3500mEqのカリウムを有し、カリウムの約98%は細胞内液として、2%程度が細胞外に存在する。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状