Create issue ticket

考えれる5県の原因 膝窩雑音

  • 末梢血管疾患

    ,側副血行路の発達が不十分であれば,安静時にも症状が出現する.下肢の感染や外傷をきっかけに下肢の潰瘍や壊疽を合併すると症状は急激に悪化するので特に注意を要する.よく用いられるFontaineの重症度分類を表5-17-1に,他覚検査所見も参考にされるRutherford 分類を(表5-17-2)に示す. 2)他覚所見 : 触診にて大腿動脈,動脈[kotobank.jp] ,後脛骨動脈,足背動脈の動脈拍動の減弱または消失が部位,重症度の診断に有用である.血管雑音は,動脈狭窄時に腹部鼠径部でよく聴取される.虚血が中等度以上になると下肢の冷感,筋萎縮,皮膚のチアノーゼ,爪の変形,脱毛などを認める.仰臥位にて両下肢を挙上させると患側で足底の皮膚が蒼白になる挙上試験やそれに引き続き両下肢を下垂したときの足の色調の回復[kotobank.jp]

  • 大腿動脈閉塞症

    ,側副血行路の発達が不十分であれば,安静時にも症状が出現する.下肢の感染や外傷をきっかけに下肢の潰瘍や壊疽を合併すると症状は急激に悪化するので特に注意を要する.よく用いられるFontaineの重症度分類を表5-17-1に,他覚検査所見も参考にされるRutherford 分類を(表5-17-2)に示す. 2)他覚所見 : 触診にて大腿動脈,動脈[kotobank.jp] ,後脛骨動脈,足背動脈の動脈拍動の減弱または消失が部位,重症度の診断に有用である.血管雑音は,動脈狭窄時に腹部鼠径部でよく聴取される.虚血が中等度以上になると下肢の冷感,筋萎縮,皮膚のチアノーゼ,爪の変形,脱毛などを認める.仰臥位にて両下肢を挙上させると患側で足底の皮膚が蒼白になる挙上試験やそれに引き続き両下肢を下垂したときの足の色調の回復[kotobank.jp]

  • 動静脈瘻

    に違和感を自覚していた.部に疼痛が出現し,来院.同部に拍動性腫瘤を触知し,血管雑音を聴取した.CT所見から右部AVMと診断した.心不全はなく,動脈閉塞や静脈炎および脚長差などは認めなかった.血管造影にて浅大腿動脈とその分枝からfeedされるAVMを認めた.nidusの一部は直径 4 cmに瘤化していた.下行膝動脈からカテーテルを進めfeeder[jsvs.org] っており瘤切除術とTAEを合せて行った.後天性は全てAVFの 8 例(男:女 5:3,43 81歳)で,内訳は鈍的外傷後の 2 例に結紮術を施行,急性動脈塞栓症の血栓除去後の 1 例に結紮 動脈修復を施行し,カテーテル操作あるいは留置に起因するもの 5 例に瘻結紮切除を行った.症例を呈示する.(1)30歳男性.外傷歴はない.18歳頃から右膝[jsvs.org]

  • 動静脈奇形

    に違和感を自覚していた.部に疼痛が出現し,来院.同部に拍動性腫瘤を触知し,血管雑音を聴取した.CT所見から右部AVMと診断した.心不全はなく,動脈閉塞や静脈炎および脚長差などは認めなかった.血管造影にて浅大腿動脈とその分枝からfeedされるAVMを認めた.nidusの一部は直径 4 cmに瘤化していた.下行膝動脈からカテーテルを進めfeeder[jsvs.org] っており瘤切除術とTAEを合せて行った.後天性は全てAVFの 8 例(男:女 5:3,43 81歳)で,内訳は鈍的外傷後の 2 例に結紮術を施行,急性動脈塞栓症の血栓除去後の 1 例に結紮 動脈修復を施行し,カテーテル操作あるいは留置に起因するもの 5 例に瘻結紮切除を行った.症例を呈示する.(1)30歳男性.外傷歴はない.18歳頃から右膝[jsvs.org]

  • 末梢血管閉塞性疾患

    ,側副血行路の発達が不十分であれば,安静時にも症状が出現する.下肢の感染や外傷をきっかけに下肢の潰瘍や壊疽を合併すると症状は急激に悪化するので特に注意を要する.よく用いられるFontaineの重症度分類を表5-17-1に,他覚検査所見も参考にされるRutherford 分類を(表5-17-2)に示す. 2)他覚所見 : 触診にて大腿動脈,動脈[kotobank.jp] ,後脛骨動脈,足背動脈の動脈拍動の減弱または消失が部位,重症度の診断に有用である.血管雑音は,動脈狭窄時に腹部鼠径部でよく聴取される.虚血が中等度以上になると下肢の冷感,筋萎縮,皮膚のチアノーゼ,爪の変形,脱毛などを認める.仰臥位にて両下肢を挙上させると患側で足底の皮膚が蒼白になる挙上試験やそれに引き続き両下肢を下垂したときの足の色調の回復[kotobank.jp]

さらなる症状