Create issue ticket

考えれる13県の原因 膝窩の腫れ

  • 外骨腫症
  • 線維腫
  • 血栓症

    血栓症(けっせんしょう)は血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞するヒトの病態である。ある血管が傷害されると、失血を防ぐために血小板とフィブリンによって凝血塊が形成される(外因性血液凝固)。一方血管が傷害されていない場合でも、ある適当な環境の下では凝血塊が形成されることがある(内因性血液凝固)。もしこの内因性凝固の程度が激しいと、凝血塊は形成された血管内皮から遊離し、血管内を流れて塞栓となる。 血栓塞栓症(けっせんそくせんしょう)とは血栓形成とその主な合併症である塞栓症をあわせたものの名称である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 静脈瘤

    1. 下肢静脈瘤とは? 体のすみずみに行きわたった血液が、心臓に戻る血管を静脈といい、足の静脈が太くなって瘤(こぶ)状に浮き出て見えるようになった状態を下肢静脈瘤といいます。 静脈瘤が下肢に起こりやすいのは、心臓から遠い位置にあることや、人が立って生活していることが関係しています。足の静脈の中の血液が心臓に戻るには、重力に逆らって上昇しなければなりません。歩くことで「ふくらはぎの筋肉」が収縮して静脈の中の血液を押し上げ、途中にある「静脈弁」が下に逆流しないように支えています。[…][ncvc.go.jp]

  • 血栓性静脈炎

    血栓性静脈炎(けっせんせいじょうみゃくえん、英語: thrombophlebitis)とは、血液凝塊が原因となって静脈の血管が詰まり、静脈とその周囲の皮膚が炎症を起こす病気である。血管中にできた血栓が肺や心臓に詰ると重大な事態になる場合もあるため、循環器内科や心臓血管外科の専門医による診断と治療を受けることが望ましい。 深部の静脈に血栓ができる病気は、静脈血栓塞栓症と呼ばれ、該当項目を参照のこと。 静脈の上の圧痛 患部に痛みを感じる 皮膚の発赤、黒ずみ、炎症など 感染症など原因がある場合は、原疾患の治療も並行して行う。 抗凝固剤や血栓溶解剤を投与して血液凝塊が出来るのを防ぐ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨膜炎

    骨膜炎(こつまくえん、英: periostitis)は、骨の周囲に存在する骨膜に炎症が起こった病気。主な原因は細菌感染や骨への過重負荷などである。 整形外科診療でよくみられる骨膜炎は、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)である。シンスプリントは運動時や運動後に、下腿部の内側に痛みを生じる病気である。詳細は当該項目を参照のこと。 ほかに化膿性骨膜炎などの病態が存在する。 歯科領域では、顎骨骨膜炎がよく知られる。う歯や歯周病が原因となりうる。 競走馬では前脚の第3中手骨(管骨)に起こる管骨骨膜炎(ソエ)が知られる。競走馬#競走馬の疾病・負傷も参照のこと。[ja.wikipedia.org]

  • 脂肪腫

    【症状】 皮膚の盛り上がり,結節 【治療】 広範な切除,ステロイド療法 リンパ腫 【説明】 リンパ球の悪性腫瘍で,多くの場合複数のリンパ節が腫れてくる.下顎,肩前,腋窩,(ひざのうしろ)などのリンパ節は腫れるとわかる. 【症状】 最初はリンパ節の腫れ以外元気であるが,しだいに元気食欲もなくなり,やせてくる.貧血が起こることもある.[jbvp.org]

  • 骨肉腫

    【症状】 皮膚の盛り上がり,結節 【治療】 広範な切除,ステロイド療法 リンパ腫 【説明】 リンパ球の悪性腫瘍で,多くの場合複数のリンパ節が腫れてくる.下顎,肩前,腋窩,(ひざのうしろ)などのリンパ節は腫れるとわかる. 【症状】 最初はリンパ節の腫れ以外元気であるが,しだいに元気食欲もなくなり,やせてくる.貧血が起こることもある.[jbvp.org]

  • 皮膚腫瘍

    【症状】 皮膚の盛り上がり,結節 【治療】 広範な切除,ステロイド療法 リンパ腫 【説明】 リンパ球の悪性腫瘍で,多くの場合複数のリンパ節が腫れてくる.下顎,肩前,腋窩,(ひざのうしろ)などのリンパ節は腫れるとわかる. 【症状】 最初はリンパ節の腫れ以外元気であるが,しだいに元気食欲もなくなり,やせてくる.貧血が起こることもある.[jbvp.org]

  • 皮膚の扁平上皮癌

    【症状】 皮膚の盛り上がり,結節 【治療】 広範な切除,ステロイド療法 リンパ腫 【説明】 リンパ球の悪性腫瘍で,多くの場合複数のリンパ節が腫れてくる.下顎,肩前,腋窩,(ひざのうしろ)などのリンパ節は腫れるとわかる. 【症状】 最初はリンパ節の腫れ以外元気であるが,しだいに元気食欲もなくなり,やせてくる.貧血が起こることもある.[jbvp.org]

さらなる症状