Create issue ticket

考えれる10県の原因 膝屈曲

  • 髄膜炎

    ケルニッヒ徴候 患者を仰臥位にして一側下肢を股関節および関節で90度に屈曲させついで下腿を被動的に進展させると下腿を持ち上げても屈曲し下腿を135度以上に進展できない場合を陽性とする。原典では座位で行っている。腰仙髄部の髄膜に炎症が及んだ時に認められる徴候である。[ja.wikipedia.org] ブルジンスキー徴候 ブルジンスキー徴候は仰臥位の患者の頭を被動的に屈曲させると一側、あるいは両側下肢の股関節と関節で屈曲するものを陽性とする。髄膜炎診断においてはケルニッヒ徴候と同様で感度5%、特異度95%である。 ラセーグ徴候 ラセーグ徴候は通常は坐骨神経痛などの試験であるが髄膜炎のときは両側性に出現する。[ja.wikipedia.org] また、首を前屈させると関節と股関節が自然に屈曲する場合、ブルジンスキー徴候陽性である。いずれも髄膜炎のスクリーニングによく用いられるが、感度は限定的である。一方で髄膜炎に対して非常に高い特異度を示し、別の疾患ではほとんどみられない。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌性髄膜炎

    ケルニッヒ徴候は患者を仰臥位にして一側下肢を股関節および関節で90度に屈曲させついで下腿を被動的に進展させると下腿を持ち上げても屈曲し下腿を135度以上に進展できない場合を陽性とする。原点では座位で行っている。腰仙髄部の髄膜に炎症が及んだ時に認められる徴候である。[ja.wikipedia.org] ブルジンスキー徴候は仰臥位の患者の頭を被動的に屈曲させると一側、あるいは両側下肢の股関節と関節で屈曲するものを陽性とする。ラセーグ徴候は通常は坐骨神経痛などの試験であるが髄膜炎のときは両側性に出現する。項部硬直は感度30%、特異度68%である。ケルニッヒ徴候、ブルジンスキー徴候では感度5%、特異度95%であった。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    大腿神経麻痺ではの進展や屈曲が困難となる。 坐骨麻痺 [ 編集 ] 坐骨神経麻痺は股関節形成術、長時間砕石位におかれた患者における骨盤の処置、外傷、血腫、腫瘍浸潤、血管炎に併発して起こる。さらに多くの坐骨神経障害は特発性である。代表例は股関節骨折による骨頭の後方脱臼や大腿後方コンパートメントへの出血でおこる。[ja.wikipedia.org]

  • 虫垂切除術

    Rovsing徴候(en) Rosenstein徴候(en) Obturator sign: 仰臥位で、右下肢と右関節をともに90度屈曲させた上で、大腿を内旋させる。内閉鎖筋が虫垂に当たることで疼痛の有無をみる。感度 8%, 特異度 94%。 Psoas sign: 二通りの方法がある。[ja.wikipedia.org]

  • 骨幹端四肢杯状異形成
  • 脳膿瘍

    ケルニッヒ徴候 患者を仰臥位にして一側下肢を股関節および関節で90度に屈曲させついで下腿を被動的に進展させると下腿を持ち上げても屈曲し下腿を135度以上に進展できない場合を陽性とする。原典では座位で行っている。腰仙髄部の髄膜に炎症が及んだ時に認められる徴候である。[ja.wikipedia.org] ブルジンスキー徴候 ブルジンスキー徴候は仰臥位の患者の頭を被動的に屈曲させると一側、あるいは両側下肢の股関節と関節で屈曲するものを陽性とする。髄膜炎診断においてはケルニッヒ徴候と同様で感度5%、特異度95%である。 ラセーグ徴候 ラセーグ徴候は通常は坐骨神経痛などの試験であるが髄膜炎のときは両側性に出現する。[ja.wikipedia.org] また、首を前屈させると関節と股関節が自然に屈曲する場合、ブルジンスキー徴候陽性である。いずれも髄膜炎のスクリーニングによく用いられるが、感度は限定的である。一方で髄膜炎に対して非常に高い特異度を示し、別の疾患ではほとんどみられない。[ja.wikipedia.org]

  • 虫垂炎

    Rovsing徴候(en) Rosenstein徴候(en) Obturator sign: 仰臥位で、右下肢と右関節をともに90度屈曲させた上で、大腿を内旋させる。内閉鎖筋が虫垂に当たることで疼痛の有無をみる。感度 8%, 特異度 94%。 Psoas sign: 二通りの方法がある。[ja.wikipedia.org]

  • 麻痺

    大腿神経麻痺ではの進展や屈曲が困難となる。 坐骨神経麻痺は股関節形成術、長時間砕石位におかれた患者における骨盤の処置、外傷、血腫、腫瘍浸潤、血管炎に併発して起こる。さらに多くの坐骨神経障害は特発性である。代表例は股関節骨折による骨頭の後方脱臼や大腿後方コンパートメントへの出血でおこる。[ja.wikipedia.org]

  • 脊柱側弯症

    別表2:関節過動性(Beightonによる関節可動性亢進 判定基準) 関節/所見 陰性 片側 両側 手関節の過伸展により手指と前腕が平行になる 0 1 2 拇指の過屈曲による前腕との接触 0 1 2 肘関節の10度以上の過伸展 0 1 2 関節の10度以上の過伸展 0 1 2 膝伸展位で脊柱を前屈させ手掌が床につく 0 1 5点以上で関節可動性亢進[nanbyou.or.jp]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    大腿神経麻痺ではの進展や屈曲が困難となる。 坐骨神経麻痺は股関節形成術、長時間砕石位におかれた患者における骨盤の処置、外傷、血腫、腫瘍浸潤、血管炎に併発して起こる。さらに多くの坐骨神経障害は特発性である。代表例は股関節骨折による骨頭の後方脱臼や大腿後方コンパートメントへの出血でおこる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状