Create issue ticket

考えれる173県の原因 膀胱頚部硬化症

  • 急性膀胱炎

    急性膀胱炎 どんな病気? 女性に多い病気です。男性ではまれです。年齢を問わず罹りますが、若い方に多く見られます。 女性の外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。 通常は菌が入っても膀胱の感染防御機構が働いて膀胱炎にはなりませんが、次の様な要因が重なると膀胱炎になります。 膀胱炎の要因は? ストレス、疲れ、体調不良(風邪を引いた後など)、冷え症、尿を我慢しすぎた、1日の尿量が少ない、性行為など どんな症状? 排尿痛、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹部痛(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い 検査は?[…][knuc.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう、英語: Benign prostatic hyperplasia)とは、加齢とともに前立腺の内腺の細胞数が増加し肥大化する疾患である。 前立腺は解剖学的に膀胱の下で尿道を取り囲む臓器である。前立腺から分泌される前立腺液は精液の構成成分で、体外に射精された精液中の精子を保護しエネルギーを補充する働きがある。年齢とともに生殖能力の要求値は低下し、前立腺は萎縮と肥大の二者択一となる。昭和30年代ごろの日本人男性は、ほとんどが前立腺は萎縮していた。食生活の変化などにより、現在の日本人男性は80パーセント (%)[…][ja.wikipedia.org]

  • 尿道炎

    概要 疾患のポイント: 尿道炎とは、パートナーに感染している原因菌が性行為により外尿道口から尿道内に侵入して発症する炎症で、性感染症(sexually transmitted infections、STI)の一種である。 男性の性感染症の年次推移: 図表 淋菌性尿道炎: 感染機会があり2 7日の潜伏期間の後、急激に発症し、強い排尿痛、多量の膿性尿道分泌物を認める場合、淋菌性尿道炎を疑う。 尿道分泌物または初尿沈渣のグラム染色鏡検法で、多数の白血球と白血球に貪食されたグラム陰性双球菌(淋菌)が確認される( 図表 )。分離培養法または核酸増幅同定法で淋菌陽性の場合に確定診断となる。淋菌性尿道炎の20[…][clinicalsup.jp]

  • 慢性前立腺炎

    慢性前立腺炎 成人男性 2018/02/19 前立腺の炎症が慢性に続いている状態で長時間坐位を要す人(運転手さん、デスクワークの方など)に多く認めます。クラミジアや弱毒細菌による細菌性慢性前立腺炎と細菌には関係しない非細菌性慢性前立腺炎があり、症状は残尿感、頻尿、排尿時痛、射精前後の痛み、会陰部不快感、鼠径部痛、下腹部不快感などで発熱は伴いません。 治療は4 6週の抗生剤、消炎剤の投与、および前立腺マッサージが主となりますが、症例によっては抗うつ剤による治療が有効な場合もあります。[…][fujigaoka.info]

  • 前立腺腺癌

    前立腺癌取扱い規約第版 2001年4月 病期A A1 A2 偶発癌 限局性、高分化 中 低分化あるいは複数の前立腺内病巣 病期B B0 B1 B2 前立腺に限局した腺癌 直腸指診陰性、PSA高値にて発見 片葉内単発 片葉全体または両葉 病期C C1 C2 前立腺周囲にとどまり、前立腺被膜を超えるか精嚢浸潤 臨床的に被膜外浸潤 膀胱頚部浸潤あるいは尿管閉塞 病期D D0 D1 D2 D3 転移を有する 転位所見を認めないACPの持続的上昇 所属リンパ節転移 所属リンパ節以外のリンパ節転移、骨その他臓器転移 D2に対するホルモン療法後再燃[uro.med.tohoku.ac.jp]

  • 子宮脱

    子宮脱 (しきゅうだつ、 英 : uterine prolapse ) とは 骨盤臓器脱 の一形態で [1] 、 子宮 が 陰門 外へと脱出した状態。 ヒト [ 編集 ] 二足歩行のヒトにおいて、本来なら子宮は、 靭帯 や 筋肉 により 骨盤 中央に支持されている。ところが、加齢や 妊娠 ・ 出産 の繰り返しによりこの支えが緩んでくると、重力に従って子宮が 膣 の方へと垂れ下がり、体外への脱出が起こる。 膀胱脱 ( 膀胱瘤 )や 直腸脱 ( 直腸瘤 )を併発する場合もあり、 尿道 のねじれを伴って排尿困難をきたす可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性前立腺炎

    急性前立腺炎 (きゅうせいぜんりつせんえん)とは、 前立腺 が 細菌 に 感染 して起こり、急激に発症する急性の前立腺炎の事である [1] 。正確には 急性細菌性前立腺炎 (きゅうせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる [2] 。 原因 [ 編集 ] 前立腺炎 は多くが原因が解明されていないが、この急性前立腺炎は原因が解明されている [1] 。 尿道 、 血管 、 リンパ腺 を通ってきた細菌が原因になるもので、多くの場合は尿道を通して感染が起こる。細菌としては 大腸菌 、 緑膿菌 等の 腸内細菌 が主なもので、その他には 腸球菌 や ブドウ球菌 のような 球菌[…][ja.wikipedia.org]

  • 第三度子宮脱

    判例評釈 広島高等裁判所平成22年6月17日判決 判例タイムズ1333号214頁 (争点) 患者にクリステレル圧出法の適応はあったか クリステレル圧出法についての説明義務違反はあったか 医師に手技上の過失はあったか 手技と子宮脱発生との因果関係 (事案) Xは、分娩のためY医師が経営するY医院に入院し、Y医師の診察を受けていたが、分娩前の平成17年4月15日の診察では、Xの産道が柔らかくなっていた。[…][medsafe.net]

  • 尿道狭窄症

    尿道狭窄症とは 膀胱から体外へ尿を排出する尿の通り道である尿道が細くなり、拡張しにくくなって排尿障害を起こす病気で、多くは男性に起きます。先天性のものと、尿道の外傷や尿道炎などの後遺症による後天性のものがあります。 症状 排尿に勢いがなくなり、尿の出方が細くなります。また、排尿に時間がかかるうえに、息まないと尿が全部出きりません。そのため、膀胱内に尿が残る残尿感があるほか、トイレに行ってもすぐに尿意をもよおして排尿回数がおおくなります。尿が出きらず、膀胱に残ると、尿路感染や尿路結石、尿路憩室を起こりしたり、腫瘤ができやすくなります。[…][gohongi-clinic.com]

  • 膀胱移行上皮癌

    膀胱移行上皮癌とは 腎盂、尿管、膀胱、尿道等の尿路粘膜にできる悪性の移行上皮癌のうち、膀胱にできる腫瘍を指します。ワンちゃんの膀胱腫瘍の発生率は、腫瘍全体の2%に満たないとされていますが、そのほとんどが膀胱移行上皮癌です。スコッチ・テリア、ビーグル、シェットランド・シープドッグ等が好発犬種とされ、老齢、また女の子の発生リスクが高い傾向にあることが知られています。 原因 原因は不明とされていますが、殺虫剤や除草剤等のある種の薬剤にさらされることと発生リスクとの関連性が示唆されています。また、慢性的な膀胱炎が引き金になっている可能性も否定できません。 症状[…][anicom-page.com]

さらなる症状