Create issue ticket

考えれる71県の原因 膀胱超音波異常

  • 膀胱頚部硬化症

    この患者さんも恐らくそうだろうと考えて、まずは音波エコー検査を行いました。 やはり異常がありました。膀胱出口が膀胱内に突出し、膀胱三角部が肥厚し、膀胱括約筋の走向異常も認めます。 固定リンク トラックバック (0) メール相談のお礼 謹啓 2010年7月・・日回答をいただきました。ありがとうございました。お礼が遅れてしまいました。[statetrackstari.blogspot.com]

  • 膀胱ポリープ

    慢性的な血尿や頻尿 なかなか治らない、再発を繰り返す慢性膀胱音波検査による膀胱異常 尿失禁 膀胱ポリープ、腫瘍 異所性尿管 膀胱憩室 間質性膀胱炎(猫) ※雄は尿道が湾曲して長いので膀胱鏡が入らないため適応外になります。[kimata-ah.com] 膀胱は尿貯留が少なく観察不十分。前立腺癌であったが、音波像では前立腺に異常を指摘できない。 図5. 症例2の音波像。膀胱内に有茎性腫瘍の疑いがある。 図6. 症例2の膀胱鏡所見。 図7. 症例3の超音波像。膀胱内に微小腫瘤を認める。[shirankai.net] レントゲン造影検査や音波検査と組み合わせておこなうことで、泌尿器の形態の異常と内部に対する情報とが得られるため、尿道や膀胱に疾患がある動物に対する診断精度が格段に上昇します。直接見ながら生検をおこなうことができるので、特に尿中に細胞が出てこない膀胱の腫瘍を診断するのに有用です。[kimata-ah.com]

  • 膀胱移行上皮癌

    要約・抄録 症例は63歳,男性,排尿時痛のため当科受診.検尿沈渣にて血膿尿を認め,膀胱鏡にて腫瘍と発赤粘膜を認めた.経尿道的膀胱生検にて,腫瘍部より移行上皮癌を,発赤部位より類上皮肉芽腫を認めた.尿抗酸菌染色,尿結核菌培養はともに陽性であり,抗結核療法を開始した.膀胱癌に対しては放射線療法と動注化学療法の併用療法を開始し,結核のコントロールがついた後,膀胱全摘,両側尿管皮膚痩造設術を施行した.腫瘍部は大部分が移行上皮癌であり,一部に類上皮肉芽腫を認めた.尿路結核と尿路上皮癌の合併した報告は少なく,本症例を含めた本邦報告10例について検討を加えた.[iss.ndl.go.jp]

  • 膀胱重複

    合併症には以下のものがある: 閉塞,膀胱尿管逆流( 膀胱尿管逆流症 ),感染症,および結石形成(尿停滞による) 尿失禁(尿管が膀胱を迂回して尿道,会陰部,または腟に連絡することによる) 診断では,ルーチンの出生前音波検査の異常(例,水腎症)やときに身体診察(例,異所性外尿道口の所見または触知可能な腫瘤)で本症が示唆されることがある。[msdmanuals.com] 尿潜血反応陽性・無症候性血尿で小児期から持続性の血尿の場合 家族性血尿、 Alport症候群 、菲薄基底膜症候群、 遊走腎 突発的な肉眼的血尿の場合 腎動静脈瘻、 ナットクラッカー現象 、行軍ヘモグロビン尿症 音波検査で異常所見のある場合 腎癌 、 膀胱癌 、 尿路結石 、 IgA腎症 、血管異常、嚢胞性腎疾患( ADPKD など)、先天異常[ja.wikipedia.org]

  • 尿路疾患

    健康診断での尿検査の異常から膀胱結石が発見されることもあります。 音波検査 膀胱の中の結石の有無を確認できます。 腹部X線検査 結石の種類によって X線 に写りやすさが異なりますが、はっきりと結石を確認することができます。 CT 検査 診断するには確実な方法です。X線写真で明らかに診断できた場合は行われないこともあります。[medley.life]

  • 膀胱炎

    音波検査(エコー) : 必要に応じて腎臓、膀胱異常がないか確認します。膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。[sakuraclinic-musako.jp] 音波検査(エコー): 必要に応じて腎臓、膀胱異常がないか確認します。 膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。 治療は? 抗生物質内服3 5日間。注射は必要ありません。 通常1 2日間で症状はよくなり、3 5日間の治療で治癒します。[knuc.jp]

  • 尿路感染症

    先天的な異常を疑ったときは音波エコー、膀胱造影、腎盂造影、腎臓シンチグラフィーなどが行われます。 治療 治療は抗生剤の投与です。軽症の場合は内服の薬でも十分に治りますが、新生児や乳児期早期の場合は尿路感染から敗血症などを引き起こすことも少なくなく、そういった場合には入院して静脈注射で抗生剤の投与が必要になります。[mihara-clinic.com] 具体的には、音波検査(腎臓の腫れを調べる)・レントゲンによる膀胱造影や経静脈的腎盂尿管造影検査(尿路全体の異常を画像で調べる)・ラジオアイソトープを用いる腎シンチグラフィー(それぞれの腎機能を評価する)などが行われます。[info.fujita-hu.ac.jp]

  • 急性膀胱炎

    音波検査(エコー): 必要に応じて腎臓、膀胱異常がないか確認します。 膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。 治療は? 抗生物質内服3 5日間。注射は必要ありません。 通常1 2日間で症状はよくなり、3 5日間の治療で治癒します。[knuc.jp] 音波検査(エコー) : 必要に応じて腎臓、膀胱異常がないか確認します。膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。[sakuraclinic-musako.jp]

  • 緊張性尿失禁

    3) 音波検査:膀胱やその周りに異常はないか、腎臓、前立腺(男性の場合)の状態を調べます。 4) 尿流量測定・残尿測定:測定装置のついたトイレに排尿することによって尿の勢いを調べ、排尿後に尿が残っていないかを超音波装置を用いて調べます。 5) 排尿日誌:1 3日間の排尿状態をご自身で記録してもらいます。[kyorin-u.ac.jp]

  • 慢性前立腺炎

    主な検査は尿検査と腹部音波検査です。尿検査では細菌の有無や種類を確認します。 腹部音波検査では前立腺や膀胱、腎臓の形や大きさ、異常の有無のチェックを行います。 50歳以上であれば前立腺癌と鑑別するために血液検査で腫瘍マーカーであるPSAを調べたり、排尿障害がある場合は肛門から指を入れる直腸診が行われることもあります。[iwaichuo.com] 具体的には、音波検査(腎臓の腫れを調べる)・レントゲンによる膀胱造影や経静脈的腎盂尿管造影検査(尿路全体の異常を画像で調べる)・ラジオアイソトープを用いる腎シンチグラフィー(それぞれの腎機能を評価する)などが行われます。[info.fujita-hu.ac.jp]

さらなる症状