Create issue ticket

考えれる597県の原因 膀胱痛

  • 膀胱炎

    重症度 基 準 重症 膀胱の程度*が7点から10点 かつ 排尿記録による最大一回排尿量が100mL以下 中等症 重症と軽症以外 軽症 膀胱の程度*が0点から3点 かつ 排尿記録による最大一回排尿量が200mL以上 *膀胱の程度(0 10点)の質問 膀胱の痛みについて、「全くない」を0、想像できる最大の強さを10としたとき、平均した強さに[nanbyou.or.jp] 間質性膀胱炎とは,「膀胱の非特異的な慢性炎症を伴い,頻尿・尿意亢進・尿意切迫感・膀胱などの症状を呈する疾患」と間質性膀胱炎診療ガイドラインでは定義されています。 頻尿,恥骨部,膣痛などが主な症状で,概して難治性です。 確立された治療法は少なく,わが国でも指定難病となっています。 Q .症状にはどのようなものがありますか? A .[hph.pref.hiroshima.jp] 間質性膀胱炎とは 間質性膀胱炎とは、「膀胱の非特異的な慢性炎症を伴い、頻尿・尿意亢進・尿意切迫感・膀胱などの症状を呈する疾患」(間質性膀胱炎診療ガイドラインによる)とされています。中高齢の女性に多いものの、男性や小児にもみられることもあります。原因は不明で、膀胱粘膜の機能障害や免疫学的機序が想定されています。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 急性膀胱炎

    間質性膀胱炎の症状には頻尿・尿意切迫感、膀胱・外陰部・骨盤などがあります。膀胱や下腹部は細菌感染による急性膀胱炎に似ており抗菌薬などが処方されたり、頻尿は過活動膀胱と似た症状であるため頻尿改善薬などが処方されたりします。それでも症状が良くならない場合には、この病気を疑う必要があります。[jinyoukai.or.jp] 間質性膀胱炎 間質性膀胱炎とは、頻尿(トイレに行く回数が多いこと、一般には日中8回以上といわれている)や、多くの場合は膀胱充満時(膀胱におしっこが溜まったとき)の膀胱や不快感や下腹部や会陰部の痛みを伴う病気です。[med.miyazaki-u.ac.jp] 間質性膀胱炎(かんしつせいぼうこうえん)とは、頻尿(トイレに行く回数が多いこと、一般には日中8回以上といわれている)や尿意切迫感(おしっこに行きたくなると我慢ができない、急な尿意で困る状態)、膀胱充満時(膀胱におしっこが溜まったとき)の膀胱や不快感などの症状がみられる慢性の疾患です。[hainyo-net.org]

  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。血友病Aは血友病Bの約5倍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    簡単な特徴のある症状として、 腎盂腎炎・・・高熱・背部・腰痛・混濁尿 膀胱炎・・・頻尿・血尿・残尿感・排尿時 尿道炎・・・排尿時・尿道のかゆみ・膿尿 前立腺炎・・・高熱・混濁尿・会陰部 尿路感染の場合では、膀胱炎が多くみられるようです。 前立腺炎は、前立腺肥大症が合併していると罹りやすいように思います。[cosumo-wakayama.jp] ー間質性膀胱炎 下腹部、頻尿、残尿感、排尿時などの症状あり 急性膀胱炎と違い尿に細菌を認めない膀胱のアレルギー性病変と言われています。 治療は水圧拡張、抗アレルギー薬の投与、膀胱内注入療法(キシロカイン、DMSO)などを行います。[kurume-urol.com] 尿道炎では下腹部の不快感、膀胱炎では排尿、頻尿、残尿感、下腹部などの症状が見られます。アデノウイルスによる急性出血性膀胱炎では、四―七日間肉眼的血尿が見られ、自然に軽快します。一方、上部尿路感染症では発熱、悪寒、不快感、背中や脇腹の痛みが見られます。[glico.co.jp]

  • 間質性膀胱炎

    重症度 基 準 重症 膀胱の程度*が7点から10点 かつ 排尿記録による最大一回排尿量が100mL以下 中等症 重症と軽症以外 軽症 膀胱の程度*が0点から3点 かつ 排尿記録による最大一回排尿量が200mL以上 *膀胱の程度(0 10点)の質問 膀胱の痛みについて、「全くない」を0、想像できる最大の強さを10としたとき、平均した強さに[nanbyou.or.jp] 16カ国96名の間質性膀胱炎・膀胱症候群の基礎と臨床の専門家が一堂に集い、”病態生理に基づく表現分類”をテーマに活発な議論を行いました。[wiley.co.jp] 間質性膀胱炎とは,「膀胱の非特異的な慢性炎症を伴い,頻尿・尿意亢進・尿意切迫感・膀胱などの症状を呈する疾患」と間質性膀胱炎診療ガイドラインでは定義されています。 頻尿,恥骨部,膣痛などが主な症状で,概して難治性です。 確立された治療法は少なく,わが国でも指定難病となっています。 Q .症状にはどのようなものがありますか? A .[hph.pref.hiroshima.jp]

  • 血友病A

    血友病A患者さんの出血に対して、持続的な保護をもたらすことを目的としたSHP654 本資料は、2017年7月6日(現地時間)にシャイアー社が発表した英語版プレスリリースを翻訳・編集し、配信するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。英文のプレスリリースは、以下のサイトからご覧下さい。 マサチューセッツ州、レキシントン – 2017年7月6日 –希少疾患の患者さんへの貢献に重点をおくバイオテクノロジーのリーディング・カンパニーであるShire[…][baxalta.co.jp]

  • 血友病B

    著者 山崎 裕 YAMAZAKI Yutaka 北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔診断内科学教室 Hokkaido University, Graduate School of Dental Medicine, Div. of Oral Pathobiological Science, Oral Diagnosis and Medicine 北川 善政 KITAGAWA Yoshimasa 北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔診断内科学教室 Hokkaido University, Graduate School of Dental Medicine, Div. of Oral Pathobiological[…][ci.nii.ac.jp]

  • 尿路疾患

    症状 肥よくある症状としては排尿、頻尿、血尿があります。結石ができやすい場所は膀胱と尿道です。 ・膀胱内に結石ができた場合:膀胱炎を併発し、頻尿・血尿等の症状がみられます。 ・尿道内に結石ができた場合:不完全または完全尿道閉塞を起こし、排尿、排尿困難の症状がみられます。 最悪の場合は尿毒症となり、死亡に至ります。[hiranoanimal.com] 膀胱炎 も同時に 発症 することがあり、 膀胱炎 を契機に発見されることがあります。 頻尿 排尿 残尿感 血尿 尿が途中で途切れる 膀胱炎 にも似たような症状が多く、 合併 していることも多いために、症状から膀胱結石を診断することは難しいです。症状が全く無い場合もあります。 2. 膀胱結石の原因は? 膀胱結石の主な原因を挙げます。[medley.life] 血尿は膀胱の病気でも重要な症状で、膀胱に炎症が起これば、排尿時や頻尿などの症状がみられます。 臓器別に見た病気の特徴 腎臓の機能障害を起こす感染症や結石、腫瘍などは尿管、膀胱、尿道にもみられますが、臓器別にもう少し詳しくみてみると、特徴的な病気にはどのようなものがあるでしょうか。[allabout.co.jp]

  • 慢性前立腺炎

    このうち、急性前立腺炎は、膀胱炎などの尿路感染症が前立腺にまで広がって起こるものであり、発熱、排尿などがおもな症状であるが、この病気は早期に治療すれば比較的予後もよく、10日ぐらいの経過で治癒する。[biosciencedbc.jp] 慢性前立腺炎/慢性骨盤症候群(CP/CPPS)とは? 膀胱の出口にある前立腺が加齢とともに肥大して尿道を圧迫、排尿障害を起こす前立腺肥大症や前立腺がんが良く知られています。前立腺の病気の中で頻度が高いのが前立腺炎で、若い年齢層に多くみられるのが特徴的です。[kitsukawa-clinic.jp] 特発性の過活動膀胱で想定されている神経原性因子としては,膀胱の知覚神経の活動亢進(膀胱知覚過敏)があげられる。膀胱知覚過敏では尿意切迫感,頻尿のような蓄尿症状の他に種々の程度の膀胱が出現することがある。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 膣炎

    繰り返し何回も排尿したい感じ(頻尿)や尿が残っているような感じ(残尿感)、排尿が終わる頃に感じる痛み(排尿終末時)など尿道炎や膀胱炎を惹き起こすことも有ります。[v-shinpo.com] 【排尿時膀胱炎などの尿路感染が原因の場合が多いですが、強い痛みがある時にヘルペス感染(陰部周囲に水疱が出来る病気)による場合もあります。 無月経だったとき 例えば「生理が半年間ないが、そのまま様子を見ていて大丈夫なのか?」などと心配になる場合があるでしょう。 2 3ヶ月以上生理がないときには病院に相談に行くべきです。[dainiadachi.or.jp] 膀胱炎に罹りますと排尿、頻尿、尿混濁、血尿、など特徴的な症状がでます。また下腹部の不快感を伴うこともあります。原因となる菌は大腸菌など御自身の腸管内に常在する菌がほとんどです。治療は抗菌剤の服用で大半の方は治癒します。[akamatsu-clinic.com]

さらなる症状