Create issue ticket

考えれる954県の原因 膀胱異常

  • 膀胱炎

    *膀胱炎症状はあっても膀胱炎でないこともある 頻尿、残尿感、下腹部の違和感など膀胱炎症状があるのに尿検査では異常なく膀胱炎ではないことがあります。[knuc.jp] 通常の膀胱炎は細菌性膀胱炎といい、ばい菌によって引き起こされ、尿検査で異常がみられますが、間質性膀胱炎は細菌が原因でないため尿検査に異常はみられません。原因は不明ですが、膀胱粘膜の機能障害、免疫学的な異常反応、尿中の毒性物質、疼痛に対する過敏性などが考えられています。[kameda.com] 超音波検査(エコー) : 必要に応じて腎臓、膀胱異常がないか確認します。膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。[sakuraclinic-musako.jp]

  • 尿路感染症

    尿管瘤 尿管狭窄や先天性の異常により、尿管が異常に拡張した状態。 神経因性膀胱 脊髄損傷、二分脊椎症、その他の神経疾患のために、排尿機能に異常が生じている状態。膀胱が収縮しても尿道括約筋が弛緩しないために、膀胱内圧が異常に高まり、結果としてVURを起こすなどの異常が生じる。[ja.wikipedia.org] しかし、年少の乳児や小児が尿路感染症を発症する場合は、泌尿器系に構造的異常があるために発症しやすくなっていることがよくあります。その異常としては、膀胱尿管逆流(腎臓と膀胱を結ぶ管[尿管]の異常により尿が膀胱から腎臓に逆流する)や、尿の流れを妨げるいくつかの状態が挙げられます。[msdmanuals.com] 一方、体の外からは尿道を伝わって膀胱内にたえず細菌が入り込みますが、普通はオシッコをすると膀胱内が空になり、汚れたオシッコは残りません。 ところが、尿管と膀胱の「接続部」に異常があって、排尿時に尿管内に逆戻りするという病気があります。そうなると細菌のいるオシッコがいつまでも残ってしまい、簡単に尿路感染をおこしてしまいます。[kodomo-iin.com]

  • 急性膀胱炎

    *膀胱炎症状はあっても膀胱炎でないこともある 頻尿、残尿感、下腹部の違和感など膀胱炎症状があるのに尿検査では異常なく膀胱炎ではないことがあります。[knuc.jp] 尿管瘤 尿管狭窄や先天性の異常により、尿管が異常に拡張した状態。 神経因性膀胱 脊髄損傷、二分脊椎症、その他の神経疾患のために、排尿機能に異常が生じている状態。膀胱が収縮しても尿道括約筋が弛緩しないために、膀胱内圧が異常に高まり、結果としてVURを起こすなどの異常が生じる。[ja.wikipedia.org] 超音波検査(エコー) : 必要に応じて腎臓、膀胱異常がないか確認します。膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。[sakuraclinic-musako.jp]

  • 尿路疾患

    泌尿器系異常に対して観察すべき断面は標準12断面のうち、 a) 羊水量 (図1-1) b) 腎臓 (図1-2) c) 膀胱 (図1-3) である。 上記3つの断面のうち一つに異常所見があれば、泌尿器系異常を疑い、続いて胎児診断のための超音波精査を行う必要がある。[jaog.or.jp] さらに病状が進行すると、心不全や、その他の全身的な異常を招きます。 膀胱に関わる症状 膀胱の病気では、排尿障害に伴うさまざまな症状が現れます。尿を出すことに関わる症状と、溜めることに関わる症状です。[allabout.co.jp] 尿検査 膀胱結石がある場合は、血尿や 膿 尿( 白血球 が尿に混じる)がみられることがあります。健康診断での尿検査の異常から膀胱結石が発見されることもあります。 超音波検査 膀胱の中の結石の有無を確認できます。 腹部X線検査 結石の種類によって X線 に写りやすさが異なりますが、はっきりと結石を確認することができます。[medley.life]

  • 気管支炎

    泌尿器科のご紹介 尿路結石治療 過活動膀胱治療 尿失禁 前立腺肥大症治療 PSA検査 膀胱炎治療 性感染症治療 ED(勃起不全)治療 内科のご紹介 高血圧改善指導 動脈硬化の抑制治療 脂質異常症指導 高尿酸血症(痛風) 糖尿病治療 気管支炎治療 気管支炎喘息治療 肺炎 アレルギー症状 睡眠時無呼吸症候群(SAS) 風疹予防接種 禁煙外来 ノロウイルス[umezu-clinic.com]

  • 急性気管支炎

    泌尿器科のご紹介 尿路結石治療 過活動膀胱治療 尿失禁 前立腺肥大症治療 PSA検査 膀胱炎治療 性感染症治療 ED(勃起不全)治療 内科のご紹介 高血圧改善指導 動脈硬化の抑制治療 脂質異常症指導 高尿酸血症(痛風) 糖尿病治療 気管支炎治療 気管支炎喘息治療 肺炎 アレルギー症状 睡眠時無呼吸症候群(SAS) 風疹予防接種 禁煙外来 ノロウイルス[umezu-clinic.com]

  • ビタミンD欠乏症

    ビタミンDには、細胞の分化を誘導する作用や異常増殖を抑制する作用があり、膀胱がん・乳がん・大腸がん・胃がん・前立腺がん・卵巣がん・すい臓がん・リンパ腫など、さまざまな種類のがんを予防するかもしれないという研究結果が報告されています。[kenko.org]

  • 神経因性膀胱

    神経因性膀胱という病名は、神経の異常膀胱機能の異常の因果関係が証明できないと成り立ちません。原因となる具体的な病気としては、 脳卒中 、 糖尿病 による神経障害、脊髄損傷、 腰部脊柱管狭窄症 、先天性の二分脊椎、 パーキンソン病 、 多発性硬化症 などが挙げられます。[saiseikai.or.jp] 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは排尿に関与する神経の障害によって膀胱機能に異常が生じた病態である。 神経病であるので上位ニューロン障害(痙縮性膀胱(過活動膀胱))と下位ニューロン障害(弛緩性膀胱(低活動膀胱))に分かれる。 上位ニューロン障害により、下位中枢への抑制がなくなるため、反射性の排尿が起こり、頻尿、尿失禁がおこる。[ja.wikipedia.org] ためることがうまくできないと、膀胱異常な収縮をおこし、尿失禁がおこります。また、それ以上に危険なことは、膀胱異常な収縮によって膀胱に高い圧力がかかり(高圧蓄尿)、徐々に膀胱が傷んで変形してきます。膀胱変形が進行すると、腎臓に負担がかかり始め、放置しておくと腎機能障害をきたし、透析になってしまうことさえあるのです。[kanariha-hp.kanagawa-rehab.or.jp]

  • 外陰炎

    外陰炎・腟炎(外陰部や帯下(おりもの)の異常) 性病・性感染症(クラミジア・淋病・ヘルペス・コンジローマ) 婦人科良性疾患の診断と管理(子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・卵巣腫瘍) 婦人科がんの診断(超音波・血液検査・細胞診・MRI(他院連携)) 女性内分泌異常(女性ホルモン・甲状腺ホルモン) 若年(思春期)女性,女性アスリートの体調管理[matsumotoc.org] 排尿の異常 頻尿(近い)、クシャミなどで漏れる、間に合わない、排尿時の痛み 「下がる感じ」 閉経後、年齢とともに子宮や膀胱・直腸などが下降・脱出してくることは珍しくありません。 体操や漢方・膣内リングの使用等で軽快することもあります。[kawagoe-yoboiryo.com] 下腹部に「しこり」が触れる場合、考えられる疾患は子宮筋腫、卵巣腫瘍、膀胱充満、便、遊走腎、正体不明の骨盤内腫瘍、妊娠子宮等です。産婦人科の受診をお勧めします。[masaoka-cl.com]

  • 膣炎

    異常の場合は、赤血球、白血球、上皮細胞が多量にみられます。異常が見られる場合は、腎盂腎炎(じんうじんえん)、膀胱炎、糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)、ネフローゼ症候群、結石(けっせき)、がんなどの病気が疑われます。そのほか全身の感染症や痛風(つうふう)でも多くみられることがあります。異常が出たら再検査をします。[okazakinaika.jp] 生理の悩み 生理不順 生理痛(月経困難症) 月経前症候群(PMS) 生理の移動 子宮内膜症 子宮筋腫 卵巣機能不全 多嚢胞性卵巣 膀胱炎 骨盤腹膜炎 おりもの(帯下)について 性感染症(STD) 外陰部の異常 細菌性膣炎について 高リスク型HPV (ヒト・パピローマウイルス) プレ更年期 更年期障害 子宮下垂・子宮脱 女性のための禁煙外来[tomimatsu-lc.jp]

さらなる症状