Create issue ticket

考えれる4県の原因 膀胱生体異常

  • 膀胱移行上皮癌

    要約・抄録 症例は63歳,男性,排尿時痛のため当科受診.検尿沈渣にて血膿尿を認め,膀胱鏡にて腫瘍と発赤粘膜を認めた.経尿道的膀胱生検にて,腫瘍部より移行上皮癌を,発赤部位より類上皮肉芽腫を認めた.尿抗酸菌染色,尿結核菌培養はともに陽性であり,抗結核療法を開始した.膀胱癌に対しては放射線療法と動注化学療法の併用療法を開始し,結核のコントロールがついた後,膀胱全摘,両側尿管皮膚痩造設術を施行した.腫瘍部は大部分が移行上皮癌であり,一部に類上皮肉芽腫を認めた.尿路結核と尿路上皮癌の合併した報告は少なく,本症例を含めた本邦報告10例について検討を加えた.[iss.ndl.go.jp]

  • 膀胱ポリープ

    2012.04.17 背景 間歇的血尿や頻尿を主症状とする慢性炎症で、感染や膀胱結石等の慢性刺激が関与していると考えられます。粘膜からの絨毛状ないしポリープ状の形態で膀胱の頭腹側に発生しやすく、肉眼的には膀胱腫瘍との識別は困難です。比較的稀な疾患とされています。 症例 シーズー(メス・9才) 血尿を主訴とする細菌性膀胱炎 膀胱結石 初診時ポリープは認めず、2年後慢性血尿で再来院 検査 レントゲン検査 膀胱内小結石 血液検査 WBC 19570/μl ALP 266/l 尿検査 GLU NORMAL PRO  BIL NEG PH 7.5 BLD  KET NEG USG 1.030 BAC […][www2.you-amc.jp]

  • 間質性膀胱炎

    間質性膀胱炎 (かんしつせいぼうこうえん)は、血行障害や自己免疫障害による、膀胱機能障害の病気である。 診断基準 [ 編集 ] 必須項目 点状出血または ハンナー潰瘍 の存在 膀胱部痛または尿意切迫時に伴う痛み 除外項目 膀胱容量350ml以上 膀胱容量が150mlに達するまでに尿意がないもの 不安定膀胱 症状が9ヶ月未満 夜間頻尿の欠如 抗生剤 、 抗コリン剤 、 消炎鎮痛剤 にて症状が消失するもの 排尿回数が8回未満(1日) 3ヶ月以内に 細菌性膀胱炎 または細菌性前立腺炎に罹患 下部 尿路結石 活動性の 性器ヘルペス 子宮、子宮頚部、膣、尿道の 悪性腫瘍 尿道憩室 薬剤性膀胱炎[…][ja.wikipedia.org]

  • 瞳孔不同症

    また乳幼児の先天性尿路異常(尿管膀胱逆流症や腎嚢胞など)の早期発見にも有用です。 生体内部の構造や変化を調べるのに適しています。X線は波長がきわめて短いので物質を透過する性質があり、その原理を応用しています。 物質透過性の程度は器官や組織の比重により異なるため、通過する部位によりX線量が変わります。[chibaclinic.jp]

さらなる症状