Create issue ticket

考えれる611県の原因 膀胱機能障害

  • 神経因性膀胱

    大腸がん や子宮がんの手術による神経障害によって起こる神経因性膀胱もあります。 実際の臨床の現場では、原因となる神経障害を特定できないことも多く、原因不明の膀胱機能障害を神経因性膀胱としている場合が多くみられます。これらは本来、神経因性膀胱の疑いの段階です。[saiseikai.or.jp] Shenot , MD, Associate Professor and Deputy Chair, Department of Urology, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University 神経因性膀胱は,神経性の損傷を原因とする膀胱機能障害(弛緩または痙性)である[msdmanuals.com] [井手久満・堀江重郎] 出典 内科学 第10版 内科学 第10版について 情報 世界大百科事典 内の 神経因性膀胱 の言及 【神経因性膀胱機能障害】より …膀胱の運動や知覚を支配している神経が障害され,排尿などの正常な膀胱機能がそこなわれている状態をいう。単に神経因性膀胱ともいう。[kotobank.jp]

  • ムコ多糖症

    小児本人から信頼できる情報を得ることができる場合、受診ごとに運動耐容能や脊髄障害の症状(四肢の筋力低下、不器用さ、不安定で変容した歩行、腸管/膀胱機能障害、腰部/下肢痛など)に関する情報を聴取する。 多分節性の脊髄障害を認める患者では、(可能であれば)体性感覚誘発電位や運動誘発電位により詳細な情報を得られる場合がある。[grj.umin.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー(指定難病14) まんせいえんしょうせいだつずいせいたはつしんけいえん/たそうせいうんどうニューロパチー (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎とは 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: CIDP)とは、2ヶ月以上にわたり進行性または再発性の経過で、四肢の筋力低下やしびれ感をきたす 末梢神経[…][nanbyou.or.jp]

  • 膀胱炎

    『基礎疾患』としては中高年では糖尿病、前立腺肥大症膀胱癌、子宮内膜炎、膣炎、前立腺癌、子宮癌、直腸癌、神経性膀胱機能障害、尿管結石、尿道狭窄等が挙げられ、小児では先天性尿路奇形や膀胱尿管逆流症等が多いとされています。症状が消失してからも、更に数日内服を継続し、1ー2週後に再尿検査を受け、治癒を確認することが望まれます。[kanjinkai.net] 膀胱炎の原因・誘因 膀胱炎とは、尿をためる臓器である「膀胱」の粘膜に炎症が起こる病気で、尿を溜めたり、排尿するという膀胱機能障害がおこります。 膀胱炎の原因は、ほとんど細菌感染で尿道を介して外部から膀胱の中に雑菌が入ることにより引き起こされるものです。 疲労やストレスなどで、疲労が起こると免疫力が低下し、細菌に感染しやすくなります。[sagiyama.net] 原因は不明で、膀胱粘膜の機能障害や免疫学的機序が想定されています。頻尿や膀胱の痛みによる苦痛から生活の質は大きく損なわれますが、確立した治療法はなく、対症的な治療に留まっているのが現状です。下記に述べるハンナ型間質性膀胱炎は平成27年難病に指定されています。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • ムコ多糖症 4

    小児本人から信頼できる情報を得ることができる場合、受診ごとに運動耐容能や脊髄障害の症状(四肢の筋力低下、不器用さ、不安定で変容した歩行、腸管/膀胱機能障害、腰部/下肢痛など)に関する情報を聴取する。 多分節性の脊髄障害を認める患者では、(可能であれば)体性感覚誘発電位や運動誘発電位により詳細な情報を得られる場合がある。[grj.umin.jp]

  • 緊張性尿失禁

    Shenot , MD, Associate Professor and Deputy Chair, Department of Urology, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University 神経因性膀胱は,神経性の損傷を原因とする膀胱機能障害(弛緩または痙性)である[msdmanuals.com] 潰瘍性膀胱膀胱後部膿瘍 MRSA膀胱炎 尿膜管膿瘍 反復性膀胱膀胱炎 出血性膀胱炎 神経因性膀胱機能障害),他に分類されないもの 無抑制性神経因性膀胱 反射性神経因性膀胱 弛緩性神経因性膀胱 自律性神経因性膀胱 低緊張性膀胱 神経因性膀胱 術後膀胱機能低下 尿道炎および尿道症候群 カウパー腺膿瘍 尿道口膿瘍 尿道周囲膿瘍 尿道膿瘍[scuel.me] 脳の排尿中枢の障害により膀胱の蓄尿機能障害が起き,尿貯留が少量でも排尿反射が起こり,膀胱が収縮してしまうため失禁となる状態のことをいいます。このように膀胱が勝手に収縮してしまうことを無抑制収縮とよびます。治療には膀胱を弛緩させるAchレセプター遮断薬(抗コリン薬)やβレセプター刺激薬を使用します。[nakamura-urology.com]

  • 尿路疾患

    また、先天的な尿管の狭窄などで通過障害を引き起こし、水腎症となる場合もあります。 膀胱機能障害としては、尿を溜める蓄尿障害や膀胱の収縮力が損なわれることで起きる排出障害などがあり、その原因としては神経疾患によるものが挙げられますが、原因不明の機能障害も少なくありません。[allabout.co.jp] FLUTD(猫の下部尿路疾患)とは FLUTDとは、猫の下部尿路(膀胱または尿道)に影響する機能障害・疾患の総称です。尿道感染症または腎臓結石などの原因が該当しない場合に、この診断が下されます。[hills.co.jp] に陰影欠損を認める.腎機能障害や喘息などの患者には施行できない. ⅱ)逆行性腎盂造影法:膀胱鏡下に尿管にカテーテルを挿入し造影剤を注入し,尿管,腎盂,腎杯の評価が可能である.腎機能が悪化していても閉塞部位を描出できることと,閉塞側の分腎尿を採取し,尿細胞診を行える利点がある.通常,逆行性腎盂造影法は麻酔管理下に行い,腎盂腫瘍や尿管腫瘍の診断[kotobank.jp]

  • 尿路感染症

    この基礎疾患には、尿路結石症、尿管狭窄、前立腺肥大症、神経因性膀胱機能障害、尿路腫瘍といった尿路の基礎疾患と一般的に感染症を来しやすい疾患、例えば糖尿病、免疫抑制剤使用、担癌状態(進行性の癌がある状態)などが含まれます。また男性の尿路感染症は基礎疾患がなくても複雑性尿路感染症として扱います。[med.gifu-u.ac.jp] FLUTD(猫の下部尿路疾患)とは FLUTDとは、猫の下部尿路(膀胱または尿道)に影響する機能障害・疾患の総称です。尿道感染症または腎臓結石などの原因が該当しない場合に、この診断が下されます。[hills.co.jp] このような場合には尿路感染の再発頻度も高く、繰り返す尿路感染は腎臓機能障害につながります。したがって乳児期、特に生後6ヶ月未満におこった尿路感染症は正確に診断し、膀胱尿管逆流の有無を評価し、抗生物質を予防内服することによって再発をおこさないようにすることが必要になります。[niigatashi-ishikai.or.jp]

  • 急性膀胱炎

    膀胱炎の原因・誘因 膀胱炎とは、尿をためる臓器である「膀胱」の粘膜に炎症が起こる病気で、尿を溜めたり、排尿するという膀胱機能障害がおこります。 膀胱炎の原因は、ほとんど細菌感染で尿道を介して外部から膀胱の中に雑菌が入ることにより引き起こされるものです。 疲労やストレスなどで、疲労が起こると免疫力が低下し、細菌に感染しやすくなります。[sagiyama.net]

  • 前脊髄動脈症候群

    18 特発性頚椎硬膜外血腫 G951 GGA7 19 馬尾性間欠性跛行 G951 PF10 20 腰髄圧迫症 G952 EP2Q 21 脊髄圧迫症 G952 TT47 22 フロアン症候群 G958 U176 23 脊髄萎縮 G958 KRJJ 24 脊髄円錐症候群 G958 F8CM 25 脊髄係留症候群 G958 TV0U 26 脊髄性膀胱機能障害[dis.h.u-tokyo.ac.jp] これらが症状の主体をなし,これに膀胱,性機能障害(失禁,尿閉,持続勃起,無月経),おくれて起こる筋萎縮,皮膚栄養障害がみられる。血管障害は,時に一側性に起って不全型Brown-Séquard症候群を呈することがあり(病変側片麻痺と反対側温痛覚障害。深部知覚保全。)[webview.isho.jp] されるが,深部覚、触覚,振動覚は保たれる解離性感覚障害 膀胱直腸障害機能障害 起立性低血圧などの自律神経障害も合併 後脊髄動脈症候群 極めてまれ 深部覚,触覚,振動覚低下 麻痺はあっても軽度,ないし一時的 片側性が多い Brown-Séquard 症候群(ブラウン-セガール症候群) 1849年にBrown-Séquardが報告した兆候[seikeigekamanual.seesaa.net]

さらなる症状