Create issue ticket

考えれる2県の原因 腺ペスト

  • 炭疽症

    本邦においては1926年以来、ペスト患者の報告はない。通常、ヒトペストの80 90%はペストであり、ペスト菌に感染したネズミなどに吸着したノミによる刺咬後に発病する。 しかし、生物剤として散布された場合については、肺ペストの可能性が高い。病原体を吸入後、1 6日の潜伏期を経て高熱、頭痛、咳そう、血痰等の症状が急激に発症する。[mhlw.go.jp] 死菌ワクチンはペストには有効であるが、肺ペストには有効性が低い。ペスト菌は熱に弱く55 、15分の暴露で死滅し、日光下でも数時間以内で死滅する。 (注)米国における指針であり、本邦では投与内容、量、期間について変更があり得る。 (4) ボツリヌス症 (1) 概要 ボツリヌス菌毒素により起こる。[mhlw.go.jp]

  • 疫病

    潜伏期はほぼペストで2 6日、 肺ペストは1 6日で、致死率は無治療ではペスト40 90%、肺ペストでほぼ100%とされる。 ペスト 自然界におけるヒトペストの80 90%はペストであるが、膿に触れなければヒトからヒトへの伝染はない。[group-midori.co.jp] これは現在ではペストであって、ネズミが媒介するペスト菌により起きたものと考えられています。[jsvetsci.jp] 近年は抗菌剤が数多く開発され、とくにストレプトマイシンはペストの特効薬である。ペストの患者であれば、その投与によりほとんど治癒するが、敗血症の状態になると致命率は70%以上にも達する。これが抗菌剤のない時代には、ペストで半分以上、敗血症では100%近くが死んでしまったのである。それだけペストは殺傷力の強いの病だった。[jomf.or.jp]

さらなる症状