Create issue ticket

考えれる7県の原因 腹部CTスキャンで肝臓腫瘤を示す

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管筋脂肪腫

    日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 腎血管筋脂肪腫 じんけっかんきんしぼうしゅ 腎臓において血管・筋(平滑筋)・脂肪成分の増殖により腫瘤 (しゅりゅう) が形成される良性の脂肪腫。しかしこれが大きくなると腎機能に障害を伴うようになり、また高血圧症などを引き起こす。腎過誤腫ともよばれ、腎AML(renal[…][kotobank.jp]

  • 胆嚢膿瘍

    大鵬薬品工業株式会社は平成24年9月28日、β-ラクタマーゼ阻害剤配合抗生物質製剤「ゾシン(R)静注用2.25 ・ ゾシン(R)静注用4.5」(一般名:注射用タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム)について「腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎、胆管炎」に対する適応症の承認を取得致しましたのでお知らせします。 2012年09月28日 大鵬薬品工業株式会社 β-ラクタマーゼ阻害剤配合抗生物質製剤「ゾシン(R)静注用」腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎及び胆管炎に対する適応症承認取得のお知らせ 大鵬薬品工業株式会社(本社:東京、社長:小林[…][kyodonewsprwire.jp]

  • 肝膿瘍

    肝膿瘍 (かんのうよう、 英 : liver abscess )とは 肝臓 に 膿瘍 が出現する状態。 大腸菌 、 連鎖球菌 、 ブドウ球菌 、 赤痢アメーバ などの感染を原因とするものと 腸炎 、 胆道炎 、 虫垂炎 などの 炎症 によるものとがある。肝膿瘍では 発熱 、 発汗 、 腹痛 などが認められ、 血液所見 として 白血球 の増加が認められる。治療には排膿のために 穿刺 あるいは 開腹手術 が行われる。 ウシ では主として グラム陰性 無 芽胞 嫌気性 桿菌 の1属である フソバクテリウム属 の 壊死桿菌 (学名: Fusobacterium necrophorum[…][ja.wikipedia.org]

  • エキノコックス症

    エキノコックス症(エキノコックスしょう)とは、寄生虫の1種であるエキノコックスによって人体に引き起こされる感染症の1つである。包虫症(ほうちゅうしょう)などとも呼ばれる。 発生原因となるエキノコックスとは、扁形動物門条虫綱真性条虫亜綱円葉目テニア科エキノコックス属に属する生物の総称である。区分すると、単包条虫 Echinococcus granulosus による単包性エキノコックス症と多包条虫 Echinococcus multilocularis による多包性エキノコックス症がある。単包性エキノコックス症は牧羊地帯に好発し、日本においては輸入感染症として認知されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • アメーバ性肝膿瘍

    ライフ 2013.06.22 16:01 週刊ポスト 肝膿瘍は、肝臓の中に膿がたまった袋(膿瘍)ができる病気の総称だ。肝膿瘍は細菌性とアメーバ性の2種類ある。 細菌性肝膿瘍は頻度の低い疾患だが、糖尿病、肝硬変、抗がん剤投与など免疫低下例でリスクが高い。感染経路は日本人に多い胆管炎などに伴う胆管経路、消化管の炎症や大腸がんなどに伴う門脈経路、敗血症の菌が肝臓に入る肝動脈経路、腹膜炎などからの直接感染、肝臓の外傷に伴うものなどがある。[…][news-postseven.com]

  • 肝梗塞

    注意! これは神戸大学病院医学部5年生が提出した感染症内科臨床実習時の課題レポートです。内容は教員がスーパーバイズしています。そして本人に許可を得て署名を外してブログに掲載しています。 2016年7月15日より、レポート提出のルールを変えています。学生に与えられたレポート作成時間は総計5時間。月曜日に「質問形式」のテーマを考え、岩田が審査し、そのテーマが妥当と判断された時点からレポート作成スタート、5時間以内に作成できなければ未完成、完成して掲載レベルであればブログに掲載としています。[…][georgebest1969.typepad.jp]

さらなる症状