Create issue ticket

考えれる47県の原因 腹部 CT スキャン異常

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腹部動脈瘤大動脈

    大動脈瘤破裂は動脈硬化性疾患のリスクの高い患者さんに多いので、該当する人は動脈瘤の治療実績がある医師を受診し、定期的に胸部および腹部CTスキャンを撮影して、大動脈に異常がないことを確認するのがよいでしょう。 ページトップへ戻る[j-athero.org]

  • 転移性卵巣上皮がん

    Colon Fiber 術前検査のため行われた大腸鏡で下行結腸に全周性の2型の腫瘍が認められ、Biopsyの結果、Group 5の高分化型腺癌と診断されました。 下行結腸癌、卵巣転移の診断にて手術が施行されました。 転移性卵巣腫瘍について ・比較的若年者に多い ・卵巣上皮性悪性腫瘍の約7 15% ・3 20%は原発巣に先行して発見される ・原発巣の割合 胃癌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 約40% 大腸癌・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 約30% その他(乳癌・膵癌など)・・・・・ 約30% 近年の結腸癌の増加に伴い、結腸癌の転移例が増加してきている[…][trc-rad.jp]

  • 上皮性卵巣癌

    書誌情報 第56巻 第1号 症例報告 不妊治療中に診断された上皮性卵巣癌の3例 大塚 伊佐夫 1), 小池 由実 1), 金本 嘉久 1), 白勢 悠記 1), 江夏 悠介 1), 越智 良文 1), 末光 徳匡 1), 笹澤 智聡 1), 松浦 拓人 1), 寺岡 香里 2), 大内 久美 2), 川井 清考 2) 1)亀田総合病院産婦人科 2)亀田総合病院生殖医療科 関東連合産科婦人科学会誌, 56(1):67-72, 2019[…][journal.kyorin.co.jp]

  • 遺伝性腎細胞癌

    同号原文 NCI Cancer Bulletin2012年1月24日号(Volume 9 / Number 2) 日経BP「癌Experts」 にもPDF掲載中 PDFはこちらから picture_as_pdf ____________________ クローズアップ 分子標的治療が進行腎癌に対する治療選択肢に 何十年もの間、腫瘍医らは進行腎癌患者の治療に楽観的になれなかった。しかし、この15年で、重要な発見により、腎臓以外へ転移した癌(転移性腫瘍)を治療し、より効果的な治療開発の新たな方向性を示す標的治療がもたらされている。 NCI 泌尿器腫瘍科 長であるDr.W.Marston[…][cancerit.jp]

  • 坐骨直腸膿瘍

    肛門は消化管の末端部分で、肛門縁とその内側3-4cmの肛門管を指します。肛門管の歯状線には、くぼみである肛門陰窩があり、肛門腺導管が開口しています。歯状線より下部は痛みに敏感ですが、上部は無痛で主に排便の生理機能に関係しています。歯状線の上方に上直腸静脈叢があり、内痔核の発生部に相当します。歯状線より下方に下直腸静脈叢があり、外痔核の発生部に相当します。肛門の閉鎖に関わる筋肉に内肛門括約筋、外肛門括約筋、肛門挙筋があります。 図1[…][kameda.com]

  • 大腸の腺癌

    大腸癌の腺癌で中分化型は増加傾向にあり、その背景には喫煙などの酸化ストレスによる環境因子を原因としたKRAS遺伝子変異が関わっている可能性が、ゲノム解析で明らかになった。7月16日から18日に大阪市で開催された第64回日本消化器外科学会総会のワークショップ「大腸中分化型腺癌への対応」で、九州大学大学院消化器・総合外科の掛地吉弘氏らが発表した。 大腸癌の大半を占める腺癌は組織学的に高分化型、中分化型、低分化型に分けられ、高分化型に比べて中分化型は予後が悪いとする報告もある。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 卵管・卵巣膿瘍

    腹腔鏡(内視鏡)手術を受けられる方へ 腹腔鏡手術の正しい理解のために 腹腔鏡手術は、臍部(おへそ)の周囲から直径2 10 mmの内視鏡を腹腔内に挿入し、テレビモニター上に映し出された映像を見ながら手術を行う新しい術式です。 一般的な開腹手術は、図 1・図 2に示すような15 cm前後の皮膚切開で行われますが、腹腔鏡手術は図 3に示すような1 cm前後の皮膚切開 3 4箇所で行われます。したがって、腹腔鏡手術は皮膚切開創が開腹手術よりも少なく、美容的にも優れ、手術後の疼痛も開腹手術に比べ軽いのが特徴です。そのため、術後の回復が早く、入院期間の短縮と早期に社会復帰できることが最大の利点です。[…][koseikai-hp.or.jp]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状