Create issue ticket

考えれる832県の原因 腹部膨満感

  • 便秘

    腹痛やお腹の張り(腹部) 「お腹にガスがたまっているみたい」、「お腹が張って苦しい」、「お腹の下のほうが痛む」など、お腹の張り(腹部)や痛みによる不快感も便秘の患者さんによくみられる症状です。[benpi-net.jp] 副作用として、口の渇き、悪疹、腹痛、腹部不快腹部、、お腹が鳴るなどの症状が起こることがある。また、発疹、じんま疹などの過敏症状が現れたら、すぐに中止して医師に申し出て下さい。服用中、尿が黄褐色 赤色になることがある。 2.刺激性下剤 腸壁を刺激して腸の弱った運動を活発にさせて排便を起こさせる。[apha.jp] 腹痛、腹部などの腹部症状を強く訴える場合は痙攣性便秘あるいは腸狭窄に基づく器質性便秘が疑われる。頭痛、めまい、不眠、動悸などの自律神経症状を伴う場合は痙攣性便秘の可能性が強い ( 表 1) 。 n 随伴症状:①便失禁は精神障害や脊髄損傷の患者、外傷によって外陰神経や外肛門括約筋の損傷を受けた患者などで認められる。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 卵巣嚢胞

    もしも、腹部(お腹が張って苦しい)、下腹部痛、頻尿などの症状があったら、婦人科を受診することが大切 です。これらの症状も早期とは限りません。 早期発見のためには、毎年1回は婦人科で経腟超音波などの婦人科検診をしておくことが大切 です。 婦人科では、まず問診をして、触診・内診、経腟超音波検査を行います 。[mylohas.net] 悪性の卵巣腫瘍は発育が速く腹水を伴うこともあるため、進行性の下腹痛や腹部が見られることがあります。 卵巣腫瘍の診断 婦人科的診察(内診・超音波検査)やMRI検査、血液検査の腫瘍マーカーなどを組み合わせて行います。 卵巣腫瘍の治療 (1)機能性嚢胞 自然に消失する可能性が高いので経過をみていきますが、真の腫瘍との鑑別が重要です。[sagara-clinic.com] 自覚症状としては腹部(お腹の張り)、下腹部痛、頻尿などがありますが、症状がない方も多くいます。 中には赤ちゃんの頭くらいの大きさになっても腫瘍の成長速度がゆっくりなことが多いため太ってきたと思う方も少なくありません。 ただ腫瘍が捻じれる 卵巣腫瘍茎捻転や破裂を起こした場合には急激な下腹部痛が起こります。[yokoso.or.jp]

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    発熱、下腹部痛、おりものの異常、急な出血、疼痛、性交痛、急な腹部、下腹部痛(圧痛)などの症状があった場合は、直ちに受診してください。また、下腹部痛を伴う生理の遅れがあった場合、無月経の人で出血が始まった場合は、頻度は低いものの子宮外妊娠の可能性もあり、早期の処置が必要となりますので、直ちに受診してください。[hininno-susume.jp] 副作用として、口の渇き、悪疹、腹痛、腹部不快腹部、、お腹が鳴るなどの症状が起こることがある。また、発疹、じんま疹などの過敏症状が現れたら、すぐに中止して医師に申し出て下さい。服用中、尿が黄褐色 赤色になることがある。 2.刺激性下剤 腸壁を刺激して腸の弱った運動を活発にさせて排便を起こさせる。[apha.jp] 使用者に経過観察のため来院の必要性を説明し,持続性又は急性の腹部や下腹部痛(圧痛)が起こった場合は,速やかに受診するよう指導すること. 装着・除去に関しては次のような点に注意すること.[kegg.jp]

  • 胆石症

    「みぞおちから右脇腹にかけての痛み」「背中や右肩の痛み」に加え、「腹部」や「吐き気・おう吐」といったものがある。これらの症状は、多くが食事と関連して起こり、特に脂っこい食事をとった後に起こりやすいのが特徴だ。食後30分から2時間ぐらいで軽くなり消えることが多い。[tokuteikenshin-hokensidou.jp] 胆囊胆石症の唯一確実な症状は胆道痛発作であり,石が胆囊頸部に嵌頓するために起こる.発作の既往がないものを無症状胆石,あるものを有症状胆石といい,約2/3は前者である.典型的には食後や夜間に突発する心窩部・右季肋部・右背部の激痛で,右肩,胸部,背部に放散する.数十分から数時間持続後に消失する.脂肪摂取,過労が誘因となる.患者はほかに種々の愁訴(腹部[kotobank.jp] ,悪心,倦怠,肩こりなど)を訴えるが,不定であり胆石に起因するか疑わしい.胆管炎を併発すると,心窩部痛,悪寒を伴う発熱,黄疸のCharcotの3徴候を呈する.意識障害とショックが加わったRaynolds 5徴は重篤な化膿性閉塞性胆管炎の徴候で放置すると敗血症,多臓器不全に至る.[kotobank.jp]

  • 腸閉塞

    腸閉塞の症状-腹痛・腹・嘔吐 腸閉塞の主な症状は、腹痛や腹部(腹)、排便の停止、さらに嘔吐になります。腹痛や腹部、排便の停止は現れない方もいますが、嘔吐の症状が現れる方は多いでしょう。そのため、腸閉塞の典型的な症状は、嘔吐になります。[medicalnote.jp] 注意点は、腹部や悪心・嘔吐と下血で、絞扼性(複雑性)イレウスには細心の注意が必要です。 詳しく説明すると 眼科にお勤めの看護師さん、はじめまして。消化器外科に勤める看護師です。 イレウスといっても複数あり、今回のような事例では、機械的イレウスの中の絞扼性(複雑性)イレウスと呼ばれるもの です。[kango-oshigoto.jp] 症状 腸管の内容物が停滞するため腹部、嘔気、嘔吐が起こります。また排便や排ガスが見られなくなります。腸管内の圧力が高まることから、腹部全体の腹痛がみられます。単純性イレウスでは徐々に間欠的な痛みを来すことが多いですが、絞扼性イレウスでは腸管が圧迫されて血流障害を来していることから、急激で持続する強い痛みが特徴です。[nishimuranaika-cl.com]

  • 糖尿病

    や薬剤による消化管障害も起こりうる. a.食道カンジダ症 感染防御機構の低下による.有症状例では抗真菌薬の投与が行われる. b.胃食道逆流症 食道蠕動運動の低下と胃内容排泄障害により胃食道逆流症状が起こりやすいとされる.おもな症状は胸やけや嚥下障害である. c.胃運動異常 胃壁の緊張低下と胃内容の排泄遅延を起こし,おもに食後の悪心・嘔吐,腹部[kotobank.jp] ,上腹部不快,腹痛,食欲不振などの症状を生じる.糖尿病性の胃排泄能低下の治療は血糖コントロールであるが,メトクロプラミドやドンペリドンなどの投与が有用である. d.糖尿病性下痢 頻度は低いが血糖コントロール不良で罹病歴の長い比較的若い男性に多いとされる.おもな症状は夜間の大量水様性下痢で自律神経障害による腸管運動障害,腸内細菌の異常増殖,[kotobank.jp]

  • 過敏性腸症候群

    主な副作用や注意点 消化器症状 吐き気、口乾、腹部などの症状があらわれる場合がある テトラサイクリン系抗菌薬やキノロン系抗菌薬との飲み合わせに関する注意 本剤に含まれるカルシウムイオンが上記の抗菌薬の吸収を阻害し、抗菌薬の作用が減弱する可能性がある 本剤を服用する際の注意 本剤の膨張する性質により服用後に喉でつかえた場合、喉や食道を塞[medical.nikkeibp.co.jp] 主な副作用や注意点 消化器症状 便秘、腹部、吐き気などの症状があらわれる場合がある 皮膚症状 発疹や蕁麻疹などがあらわれる場合がある 腸閉塞(イレウス)に関しての注意 便秘や硬便(便が硬くなること)などにより腸閉塞などがおこる可能性がある 頻度は稀である お腹がはる、著しい便秘、腹痛などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に[medical.nikkeibp.co.jp]

  • イレウス

    機械的閉塞でみられる古典的な仙痛パターンはめったに起こらない、腹部、腹痛、悪心、嘔吐、排便・排ガスの途絶が生じ、単純性イレウスでは間欠的な、複雑性では持続的な痛みを伴う。腸管内容が吸収されないため、脱水症を生じる。聴診では腸雑音消失または蠕動微弱。 基本的にX線やCTといった画像検査を第一に行う。[ja.wikipedia.org]

  • 胃炎

    慢性胃炎の症状は様々で、くり返す、あるいは持続する上腹部不快・重圧、心窩部痛、悪心・嘔吐、腹部、胃もたれ、食欲不振が現われます。 なかでも多い症状は、上腹部不快、心窩部痛、腹部で、多くの場合、これらの症状が重複して現われます。[nakata-cl.jp] 症状 慢性胃炎の症状は様々で、くり返す、あるいは持続する上腹部不快・重圧、みぞおち付近の痛み、悪心・嘔吐、腹部、胃もたれ、食欲不振、ときには吐血、下血が現われます。なかでも多い症状は、上腹部不快、心窩部痛、腹部で、多くの場合、これらの症状が重複して現われます。[uproad.ne.jp] 急性胃炎では、胃粘膜に浮腫、細胞浸潤(さいぼうしんじゅん)、びらんなどの急性炎症が起こり、心窩部痛が急激にあらわれ、悪心、嘔吐、腹部なども認められます。内視鏡検査では、胃粘膜の発赤(ほっせき)、浮腫、多発性のびらんに加えて、時には出血まで確認できることがあります。[jomo-news.co.jp]

さらなる症状